テーマ:堀江敏幸

【熊の敷石 堀江敏幸】を読む

【熊の敷石】 2001年 芥川賞 ずっと読みたかった作品でした。薄い文庫本は何年も棚にあったままでした。 題名の「熊の敷石」とはフランスのことわざなのですが、私達(わたしは)堀江敏幸の創作かと思うほどに 今までは聞いたことはありませんでした。 le pavé de l'ours 余計なおせっかい。ラ・フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【なずな  堀江敏幸著】を読む

「騎士団長殺し」を読んだ後は、兼ねてより読みたかった「なずな」を手にすることができました。 村上春樹の世界とは真逆のような世界と言える堀江敏幸の世界。 文章が奇を衒うことなく、センテンスは長いのですが、それでも、読んでいて疲れない。 「なずな」 堀江敏幸 2011年5月刊  堀江敏幸   1964年生まれ  東京大学…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more