【二ツ岳 雄岳・雌岳 2014年2月1日】

2月1日(土) 晴れ 女子4人

群馬県榛名山系「二ツ岳 雄岳・雌岳」に行って来ました。

この山は「夕方ワイド新潟一番」の中の「山人(やまんちゅ)」で遠藤ケイさんが紹介し、登っていた山でした。

遠藤ケイさんはお名前は聞いたことはあっても、著書も知らず、お顔も知りませんでした。

が、私の所属しています会で講師として講演されることとなり、この番組のことを知りました。

晴れた日には「関東陽だまり、楽々登山」をしたいと思っていた矢先でしたので、早速、出かけました。

「榛名山・外輪山」は会の秋の集中登山で過去に何回か行ったことはありますが、二ツ岳は初めてです。

渋川伊香保ICで関越道を下ります。
今日は「関東陽だまり」だけではなくて、新潟も暖かな陽だまりに包まれていました。

新潟西IC(6:10)ー関越道 渋川伊香保IC8:50ー森林公園管理事務所(10:00)

ナビに入れた「森林公園」に着いてみたら「森林学習館」で、そこの管理人さんから目指す「森林公園管理事務所」を教えて頂き、軌道修正して、着きました。

森林公園管理事務所
画像


本来の計画ではオンマ谷から登るつもりでした。
でも、前日に雪の状況、道路事情を確認しますと、オンマ谷迄は普通の車では無理とのことで、森林公園側から入ることにしました。

スケートセンターへの案内が森林公園管理事務所への案内でもあり、其処へ入りますと既に数台車が停まっていましたが、それらの人は、スノーシューで遊ぶイベント参加の人々の車のようでした。

道路は轍以外はカチカチに凍っています。

画像

ここから入ります。
画像


画像


11:20 分岐です。
画像


日当たりの良い処では地面が出ていますが、日当たりの悪い処では積雪があり、おまけに堅くなっていますので、普通の登山靴を履いている人は軽アイゼンを履いたり、外したり・・・です。

電波塔が見えれば雄岳山頂です。

画像

画像


画像



手前が雌岳 奥が水沢山
画像


相馬山
画像


このケルンの奥にチョッとした岩場があって、用心してよじ登って撮った写真です(上の2枚)
画像


私達が到着した時に食事をしていましたご夫婦は、私の足元を見て「新潟からですか!」と。
そうなのです、新潟県人ご愛用の「ピン付き長靴」
そして、同じ、テレビを観て、来たとのことです。
魚沼市からだそうです。
オンマ谷の手前に車を停めて、そちらから登ったそうです。

程なくして男性二人が上がってきました。
同じく、燕市からのテレビを観ての人だそうです。

テレビ新潟の影響は大きいですね!!

更に、下山時にすれ違ったご夫婦も新潟県からでした。
他に単独男性がいましたが、生憎言葉は交わしませんでした。

雄岳の岩場探検を終え、軽い食事を頂き、先ほどの分岐まで下りて、雌岳方面へ向かいます。
2名は避難小屋で休んでいるとのこと。
画像


避難小屋は分岐には200m先に移築しましたと書いてありましたが、これが避難小屋??

画像


柱だけ移築して、周囲はガランドウの避難小屋です。(非難小屋^_^;)
此処からは、しばらく階段状の道です。
歩幅が合わなくて、歩きずらい!

画像

雌岳へは20分ほどで着きました。

画像


分岐まで戻りひたすら下山。

今は木々は全て裸木となり見通しも良いのですが、ツツジの咲く頃に、水沢山など、又来たいですね。
マンサクの蕾が少し膨らんでいました。

今回は当初の計画ではオンマ谷から雄岳・雌岳登り、分岐から水沢山も行く予定でしたが、登山道や横切る林道なども凍っているとのことで、止めにしました。

13:57 下山です。

画像


さて、次は伊香保温泉街目指して!

途中の展望台からの遠望
画像

画像


苗場山・谷川岳方面が見えるのですがカメラで撮ってもはっきりはしません。
風も無く、暖かい分、遠望はぼんやりとしてしています。

石段の湯は、正に伊香保温泉名物石段を登った所にあり、駐車は下の市営駐車場です。

画像



画像

画像


石段の湯は入館料400円と安く、渋沢市民のシニアですと更に割引があるようです。
土色の伊香保の湯は多少熱めで、気持ちよく温まりました。

さて、次には水澤観世音へ向かいます。

画像


画像


ご朱印を頂き、「十一面千手観世音菩薩」をそっと拝顔します。


画像


【冬晴れの 光あつめし 観世音】


六角輪廻堂を左回りに3回廻して・・・

画像


さて、参拝の次には道路両側にズラリと並んだ「水沢うどん」のお店に入り、名物水沢うどんを頂きます。

下仁田ねぎのとろとろ煮→とろとろに煮たねぎの上に豚の薄切り、生姜の千切り
画像


画像


箸で摘み上げると、何処までも長~~い!うどんです。
次に来る時には「キッチン鋏持参だね!」と(笑い)

山&温泉&参拝&うどんと全ての行程を終了して一路渋川伊香保ICから新潟目指して帰りました。

本日の走行距離≒480Km
群馬は近い!

何だか、急に群馬が好きになりました。

"【二ツ岳 雄岳・雌岳 2014年2月1日】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント