【マスクとミサイル】

NHKから国民を守ると公言している政党があるが、
私には理解できないでいる。
私はNHKの番組はよく見るし、民放の番組こそ
体たらくそのものとの感があるが(個人的な見解)
NHK「こころの時代~宗教・人生~」という番組がある。
コロナ禍の時期に入り、過去の番組の再放送も多いが、
先日「緊急事態宣言の日々に」と題して、辺見 庸の
スマホによる電話での発信があった。
辺見 庸は懐かしかった。
一時、、真剣になって読んでいたのに・・・
辺見 庸1.jpg
2004年 新潟での講演会の後に脳梗塞で倒れ、緊急搬送される。
2005年には大腸癌を発病したと知る。
私の中に辺見 庸がインプットされたのは「もの食う人びと」が
上梓された頃で、次第に私は距離を置いていた。
しかし、辺見 庸は2006年には「自分自身への尋問」と題して
1年4か月後の復帰をインタビューで答える形で話すことで
本書を上梓した。私の視界から消えはしたが、したたかに
逞しく、生きて、発信し、書いていたのだ。
自分の中で失い、見えかったものを、今、熟視すべきなのだ。
辺見 庸.jpeg
「気づき」と「発見」は、自身が立てたアンテナにしか
キャッチされない。そう思う。周辺で、いろいろな発信が
あっても、自分が必要としていることしか取り込めない。
自分が底辺で生きていても、アンテナが高ければ取り込める。
1944年生まれの辺見氏。
先日、久米宏氏が自信のラジオ番組の閉鎖を匂わせた。
氏はラジオで言っていた。久米氏も1944年生まれ。
『自分は黒だと思って、黒と言ったはずなのに、
実際は発言が白になっていた。その辺の変化が年齢によるのか
そう気づいた時に、潮時だと感じた』
私も70代に届いた身として、自分の生活を縮小せねば。
辺見氏のブログで新聞に寄稿した記事のPDFがリンクされていた。
2020年3月29日(多分?)
信濃毎日新聞 「新型コロナと人類㊤ マスクとミサイル」
「新型コロナと人類㊦ 進む技術 退行する政治」
最近上梓した書物「月」は
相模原市の知的障害者施設殺傷事件を取り扱っている。
私が抱きかかえている本が消化されたら是非読んでみたい。
ありきたりの常套言葉でしか、事件の感想を話す人の何と
多い事か!加害者立場から・・・とよく言われるが
私は「死刑」は絶対反対だ。
「月」はノンフィクションではない。
2020年3月9日 京都新聞に本書を上梓した感想を書いている。
『社会に隠された優性思想の表出』と題して
この事件が起きた時、中世から近代、現代に至る人類の
歴史の上で、非常に大きな出来事だと直感しました。
「人間は平等であり、人権は守られる」
「人を差別しても、されてもいけない」といった
言わずもがなの前提が私たちの内面でとっくに破綻していたことを、
あらわにしたからです。「存在してもいい人間」
「存在してはいけない人間」を選別するー。  一部抜粋
さてさて、私は今、過去を少しずつ棄て、縮小した中で生きていこうと
思っている。何を見ても、何を思っても過去を思い出す。
未来は短い。
「現在地」を示すのは振り返ると長く、長く暗い過去へと
続くトンネルがある。
「未来」は薄明かりに灯された短い出口だ。

【犬のかたちをしているもの】

文芸誌「すばる」は毎号買う訳ではないが、時折図書館で借りる。
2019年11月号は「第43回すばる文学賞受賞作品」が掲載されていた。
さっと、読んで返したのだが、昨今テレビでAというコンビのWという
男の不倫が賑わっていて、それに関連して受賞作品の結末が気になって
再読した。私は、本当に、記憶中枢が衰えていて、本、ドラマ、映画等々
結末を忘れてしまう。数年を経て、再読することも多く、記憶が薄れたら
再読すれば良いと思っている。
この回まで選考委員をしていた高橋源一郎氏は、氏の「小説の書き方」の
書で、まず、タイトルが選考委員の胸にズシンとくると、受賞確率は
半分以上だと、言っていたことがあった。
「犬のかたちをしているもの」は、私は犬には特に深い思い入れはなく、
過去にも飼ったことはない。
そして、普通に、このタイトルには???であった。
案の定、高橋氏の選評
前略:受賞作になったのが高橋隼子さんの『犬のかたちをしている
もの』。最初にタイトルを見たとき、これはいいなという
予感がした。そして、その予感は最後まで裏切られなかった。
高橋さんの作品のいちばんいいところは「複雑」なところだった。
そして、それはおそらく、小説でしか表現できない、思考と文体を
駆使しなければできない「複雑」さだった。セックス、男女関係、
妊娠、東京と地方、繊細に物語は紡がれるが、作者が書こうと
しているのは「それ」ではない。もっとずっと熱っぽい何かだ。
すばる文学賞の選考委員としての最後の仕事に、この作品を
送り出すことができてとても嬉しい。
DSC_0047.JPG
30歳のわたし(薫)は卵巣の手術をした所為で、同居
している恋人郁也とのセックスが疎ましくなってくる。
郁也を気遣いつつも、郁也は薫を愛しているのだから、
セックスだけが全て繋がりを保つ強固な糸とは思って
いない。ところが、或る日、ミナシロと名乗る女性が
郁也の子を身籠った。セックスするだけの関係で
薫さんと別れて欲しいとか、そんなことは望んで
いないという。子供が出来てしまったことは
大いなる誤算で、自分は子供など好きではないと
言う。郁也とのセックスも割り切ってしている。
だけど、堕胎は怖いから、とにかく産む。
産む直前に郁也と籍を入れさせてくれ。
子供が生まれたら、離婚する。
あなたは郁也を籍を入れて、子供を育てて。
と言う。
「ねえ」
わたしは郁也に尋ねる。
「お金って、いくら払ってたの?一回あたり」
「・・・・・一万円」
泣き声のまま郁也が答える。
お金に困っている訳ではないだろう。
割り切った関係ということなのだろう。
思い出したことがある。
もっと若い頃、文章を書く場で知り合った
私より3歳若かったJ子さんは20歳以上も
年齢が上の幼稚園やその他事業をしている男
から毎月、結構なお金を貰って生活していた。
「それって、愛人なの?」
と問うと「女の身体は価値のあるものなのだから
好きだというだけで、見返りを求めないというのは
有り得ない。」と言った。
妻が居て、子供のいるWは、不特定多数の女性と
ただ、ひたすらセックスをして1万円札1枚
渡して、その瞬間には、犬のようなかたちで
所作は終わる。
ミナシロさんは実際子供を出産すると、自分で育てたく
なったと翻る。誰のお腹から産まれても郁也の子供で
あることには変わりなく、その内に郁也はわたしの
元を去っていくかもしれない。
郁也には、薬を飲むのを止めたことを言っていない。
中略
ミナシロさんのところへ行ってしまうかもしれない。
分かりやすく目に見える形がすでにある場所へ。
郁也は満たされる。同時に傷つく。
傷ついてほしいと、わたしは思っている。
だってそうしないとわたしが生きていけないから。
明日からどうしようかな、何を見て、何を聞いて、
どうやって生きていこうかな。何をよすがに、
何のために、何を言い聞かせていれば、
まるで自分のために、何を言い聞かせていれば、
まるで自分のために生きているみたいに、息が
できるんだろう。
高瀬隼子さんは1988年愛媛生れ 東京都在住
センター分け、ストレート髪の聡明な美人である。
物語は全てフィクションだという。

【再び二王子岳へ】

IMG_0001.JPG
4日は「ヘタレな途中惨敗」で中途挫折で五合目までも行かずに引き返して
来たが、何とも、消化不良な感じで、再び二王子岳へ向かった。
先回は、少しでも費用を抑えようと、レンタカーで行ったのだが、
今回は、新発田駅からタクシーを予約して行った。
他社二社に見積を聞くと、先回見積したSタクシーさんより往復で1000円
高いので、Sタクシーに決めた。
新発田駅6:45分⇒登山口7:26
三合目までは、先回よりも少し早くなった。
五合目定高山からは、脚が重い。
上空をヘリが飛んでいる。
「山頂へ向かっています」とマイクで呼びかけている。
えっ!?具合の悪い人でも出たのだろうか?
もっと上へ行き分かったのだが、道普請用の資材を荷揚げしていたのだった。
IMG_0037.JPG
油コボシを越えて、上から下りてきた人が、「荷揚げ資材」が登山道に
あるので、注意して歩いて下さい」と話していた。
定高山で休憩している時に、下山してくる人が私の名を呼びかけた。
以前所属していた山の会のAさん(健脚、リーダー)でした。
早い時間での下山だ!
登山口にタクシーで着いた時に、歩き始めた女性二人連れの内、お一人は
やはり以前同じ会だったNさんだった。
先回は、見逃したお目当てのサンカヨウは登山道脇に多く咲いていた。
サンカヨウ.JPG
IMG_0027.JPG
シラネアオイも
シラネアオイ.JPG
オオカメノキ
IMG_0032.JPG
イワカガミ
イワカガミ.JPG
辛うじて、カタクリも ピンボケですが・・・
カタクリ.JPG
ツクバネウツギ
ツクバネウツギ.JPG
タニウツギ
タニウツギ.JPG
ユキザサ
ユキザザ.JPG
シモツケ?
シモツケ?.JPG
油コボシは下りの時に上から撮る。
IMG_0039.JPG
やはり、登りは問題ないが、下りでは、少々緊張する。
山頂方面を見上げ、八合目付近の登山道の脇にベタリと座りこむ。
おにぎりは食べられなく、小さいリンゴを食べ、休む。
IMG_0033.JPG
多分、4年前のように下りが、トントンと下りられないだろう・・・
タクシーの時間を予約していたので、ここで下山する。
下りが酷く長く感じる~~
神社のトイレで着替えたかったが、タクシーが待っていたので、
新発田駅に着いてからトイレで着替える。
新発田駅発の新潟行きは、高校生で満員となっている。
先回の「ヘタレ」を少しは縮められた。
マイペースで事故がないようにするしか仕方ない。
幸いなことに、翌日は、筋肉痛は全然無かった。
山は、もはや頂上だけが目標ではない。花も目的なのだが、
それも全てではない。「行くこと!」これに突き動かされるのだ。

【薔薇と海】

薔薇が咲いたよ!とTwitterで知り、図書館⇒マルイ(スーパー)
⇒寺尾中央公園へと出かけた。
チューリップが咲いていたサークルはすっかり丸坊主になっていた。
チューリップは3万本。薔薇は50種類と市のHPには載っている。
薔薇は、やや盛りを少し過ぎた感じだったが、それでも、様々な
色合いで綺麗だった。
DSC_0002.JPG
DSC_0003.JPG
DSC_0005.JPG
DSC_0008.JPG
DSC_0010.JPG
DSC_0011.JPG
バラ園から北に眼を転ずると静かな日本海が見える。
DSC_0024.JPG
新潟市は中央区から西区に通じてメインのバス道路(かつては国道116)が
通っていて、この道を境に南北は土地が低くなっている。
私の家も高台に位置していて、かつては2階の窓から海が見えた。
新潟県と日本の形は似ていて、縦に長く、海に面した地域と、そこから東の
県境に面したところには急峻な山並みが聳えている。
私の産まれた町は海に近く、小学校、中学校共、海の近くだった。
この日、バラ園から見た海は特別な感慨があった。
新潟市で拉致被害にあった横田めぐみさんのお父さん横田滋氏の
訃報を知ったからだ。
めぐみさんの通学していた中学校から当時の自宅へは海に向かっていく道で、
私は隣の中学校だったけど、めぐみさんの通学路も、勿論よく通る。
広大に広がる海が拉致を知ってからは、哀しみが込み上げる海となった。
rachi.jpg
数年前に県庁舎の隣のビルで仕事をしていた時に、
毎日、文書、郵便物の受け取りに県庁舎の1階へ通っていた。
地下通路を通り、庁舎に入り、廊下を歩くと、2階から
上の写真の和服を着ためぐみさんの大きな、大きな
写真が下がっていた。
「何もしてない方が政権批判するのは卑怯だ」と
拓也さんと哲也さんが会見で話していた。
私は何が出来たのだろうか?
ただ、ただ、哀しみに泪堪えることしかできなかった。
私の娘も西区の海沿いの場所にある中学校だった。
我の娘でなかったことをどこかでは安堵したのではないか。
「北朝鮮が憎くてならない」と言う。
かつて、横田さん家族が新潟を去る時に「新潟を恨まないで」
などど思ったものだ。不遜な思いでしかないが・・・

【途中惨敗@二王子岳】

4日に、実は、新発田市の二王子岳へ行った。
「ヘタレな登山@二王子岳」ともいうべく
話にならない、ブログにならない登山とも言えないものだった。
2016年5月22日 にはお目当ての花も見られ、山頂で
爆睡の休憩も出来て、満足だった。まだ会社にも勤めていて、
マイカーもあった。その年の11月に退職して、程なく車も
手放したりして、「毎年、この時期には二王子岳へ行きたい」と
願いつつも、諸々の事情があり気づくと4年が経過していた。
新発田駅からタクシーを利用する。これが一案だとすると
二案は、レンタカーで行くという方法がある。
何度も車では行っているので、今回は多少ともタクシーより
割安なレンタカーで行った。
駐車場が混まないように平日を選んだ。
案の定、神社駐車場まで入り込んでいる車が10台ほど。
表の駐車スペースには1台のみ。
IMG_0001.JPG
上部の方では雪解けが多いのか水量が多い。
林の中へ入ると、涼しい。
一合目まで歩かない場所で「ヘタレな」出来事が起きたのだ。
道に大きな岩があり、右側は大きな段差があり、渇いていた。
左側は小刻みな足を掛ける窪みがあるが、湿っている。
大きな段差よりも小刻みな方を選んだ途端、滑って尻餅を
ついた。泥濘は、起き上がろうとすると、又、尻餅をつく。
お尻と膝と手袋と泥に塗れた。
慣れない車での運転の疲れもあったのだと思う。
ゆっくりと二合目、水場の三合目と進んで行く。
最大の主目的である水場に咲いているであろう「サンカヨウ」
だが、期待は無残にも裏切られた!
IMG_0012.JPG
もはや花は咲き終わり、小さな実が付いていた。
上から下りてきた人(単独男性)と少し話をする。
毎週来るそうだが、水場に下りたこともなければ、サンカヨウにも
あまり興味がないようだった。
転んでも、ここにサンカヨウが咲いていたなら・・・
諦めて、上へ進むが、気力が身体から抜けた。
取り合えず咲いていた花を撮る。
IMG_0005.JPGIMG_0010.JPGIMG_0019.JPGIMG_0027.JPG
三合目のサンカヨウは終わっても、それから上に咲いているのだった。
今なら、上の花は咲いているであろう。
気持ちを切り替えて、再度、行こう!!
翌日は、太もも、そして右腕とひどい筋肉痛になった。
ではでは。

何故かヘタレな日々

世の中の動きと、雑誌・メディア・新聞等々で知り得ることで
何故か、心が折れる。ブログにも手が伸びないでいた。
だけど、心を立て直すのにも、ブログで心の澱を吐き出さないと。

ランチな日々
5月29日 古町に用があったので、途中からLINEで
「お昼行きます。席お願いします」と入れると、
本日は「牛肉ステーキとキンキの塩焼きです」⇒「お魚でお願いします」
電話を掛けなくてもLINEで便利!
2020-05-29.JPG
最近「コロナ太り」と言うには当てはまらないのだが、仕事を失い
暇だし、、、ジワジワと体重が増えている。
炭水化物を摂らないダイエットをしているので、ランチのご飯は嬉しい。
先夜、夜飲みしたKさんが今夜来るとのことだが、今日はランチに来たので、
又、夜飲みしましょうと伝えてもらう。

6月1日 図書館へ行く用があり少し足を延ばして、フレンチレストラン
ブラッスリー・ポー」へ行く。
一寸奮発して牛肉のランチを選ぶ
DSC_0162.JPG
DSC_0163.JPG
DSC_0164.JPG
DSC_0165.JPG
平日遅めのランチは主婦(多分?)4人
若い夫婦(多分)そして、セレブそうな(多分)50代婦人一人。

3日、新大入口バス停前
DSC_0188.JPG
DSC_0187.JPG
此処は、Sスーパーへ行く時に下りるバス停の前だ。
向かって左手は先日冷やし中華が美味しかったワープ116。
でも、本日は焼肉ランチを食べた。
結果は、私には合わなかった!
自分で焼くというのも苦手で、ついつい焼き過ぎてしまう。
ブラッスリー・ポーは値段も倍だが、やはりそちらが美味しい。
つくづく、外食ランチは和食が胃に一番馴染む。
こんな日常から脱しなければ!とよくよくネットで調べると
炭水化物(特にご飯)抜きダイエットは何の効果も無いと知った。
ご飯を食べなければ、結果的に、作ったおかずを一人分よりも
多量に食べることになる。
やはり、昔ながらのご飯、味噌汁、一汁三菜が良い。
ご飯を抜いて、おかずを多量に食べてるのはダメなのだ。
5月28日 定額給付金の申し込み書が届く⇒翌日返送した。
6月7日現在まだ入金にはなっていない。
マスクも5日に届いた。
DSC_0193.JPG
さてさて、心身健常化へ向けて努力しましょう(^_-)-☆
ではでは