【らぁめん倉井】

地元新聞社が発行している情報誌「キャレル」の
最新号に「新潟うまい昼ごはん帖」特集が載っていた。
図書館で閲覧できる。
食べ頃の10店(後編)として紹介されていた。
「新店・移転・改装、新業態のラーメン」として
「らぁめん倉井」に行って来た。
DSC_0021.JPG
勤務している新潟税務署からイタリア軒の小路を西堀通りへ
出て、花屋さんの隣に木の香が新鮮な倉井はある。
カウンター7席と小上がりは4席。
上手い具合にカウンターは空いていた。
2020年2月、新潟市中央区古町にオープンした「らぁめん倉井」。東京の名店「俺の空」や「麺や維新」で10年修業を積んだ店主は、使用する食材・製法はもちろん、器にも深いこだわりを見せる。鶏油の香るトロリとした口当たりの優しい醤油スープは、昆布の王様と呼ばれる希少な羅臼昆布と、名古屋コーチン、新潟地鶏で取った出汁を使用。6種類もの全粒粉小麦を配合したツルツル細麺が、見事にスープのうま味をのせる。低温調理で8時間かけて仕込むあっさりチャーシューと、柔らかい穂先メンマとの一体感も
古町から西堀に移転した。
新潟のお店・街の情報サイトより
お薦めの「わんたん醤油らぁめん」を頼む。3個入っているワンタンは
「てるてる坊主」をイメージしたそうだ。
DSC_0022.JPG
こだわりが表示されている。
DSC_0023.JPG
油が薄っすら浮いているのだが、スープは油っこさはなく、あっさりした醤油味。
麺は日本蕎麦?と思えるほどに細く、色は少し蕎麦色をしている。
これで千円は高いか?どうか・・・
わんたん抜きの煮干し醤油らぁめんなら780円
まぁ、ちょくちょくは来れないかな!
正直「瑞鳳さんの担々麺」の方が安くて、好きかな!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント