【新聞記者】を観る&読む

IMG_0005.JPG
13日 イオン南で新聞記者を観る。
映画冒頭には実際の望月衣塑子が前川氏へインタビューしている場面が出てくる。 が、一瞬で瞬きしていると見逃してしまいそうだ。 レンタルされたら、又、じっくりと観たい。 映画は、非常にテンポ良く、俳優陣も良い。 シム・ウンギョンは韓国の女優で、16歳の時にアメリカに留学している。 映画では日本人風のメイクで話し方に少し、訛りを感じるが、それも韓国っぽくはなく、 実際の望月衣塑子さんのイメージに近い。 松坂桃季も良い役者になった。 映画を観終えてから角川新書の「新聞記者」を一気に読んだ。
DSC_0039.JPG
望月衣塑子さんがジャーナリストに成る土壌は、既に母親からの伝授が大きかった。 「南ア・アパルトヘイト共和国」を中学2年生の時に衣塑子さんに進めていた。 フォトジャーナリスト吉田ルイ子さんの著書だ。 そして衣塑子さんは吉田ルイ子さんに憧れてジャーナリストへの道を進んだ。 衣塑子さんは1975年生まれで、私の娘と同じ年。 衣塑子さんのお母さんは私と同年だ。 実際に戦地へ出向いたり、反対運動に走り回ったり、取材したりは 出来ないけれど、それらの報道に関しては、耳も眼も傾けていたいと思う。 報道番組は会社を辞めてから録画して見るようになった。 私一人の声は発することはないけれど、取材し、報道してくれる人々の 声と文字は受け入れていきたいと思う。
BIGLOBEのブログ作成が変わって、非常にやり難い。
他のブログへ変更したいが、自分の過去記事には離れがたいものがあるので仕方ない。

【BILL EVANS】を観る

シネ・ウィンドでの上映日時、時間をうっかりして

見逃してしまった「BILL EVANS」を高田まで観に行ってきた。

bill.jpg

新潟駅前11:40⇒高田駅前13:54高速バスで

高田まで行くのは初めて。Suica利用で2,000⇒1,700-

IMG_0006.JPG
レトロな佇まいの駅舎

IMG_0015.JPG駅から映画館「高田世界館」まで5分。

映画館を確認して1時間ほど時間の余裕があるので、正にそのまま「世界のトナリ」という名のカフェでシフォンケーキと珈琲を。

隣の路地でバザーをやっていたので、小さい子供連れのママ&パパ達が寛いでいた。

高田城址公園までは歩いて20分もかかるので、今回はパス。IMG_0020.JPGIMG_0021.JPGIMG_0016.JPGIMG_0017.JPG1911年日本最古の映画館。登録有形文化財。IMG_0018.JPG2階席も何ともレトロ。

映画の中身云々の前に、こうした歴史的な映画館体験で、

まずは来館満足度100%

ジャズ喫茶スワンのマスターから、先日「ビル・エヴァンス」

の映画内容に関してレクチャーを受けて、是非観た方が

後悔しないと。スワンのカウンター席のすぐ横の壁には

白黒のエヴァンスがいつもこちらを見つめている。

外見の紳士度90%の要望を裏切る壮絶な人生。

それも、これも、ジャズのピアノの為なのか!?

エヴァンスを良く知る人々の証言がたくさん写されるが

画面展開が速くて字幕を読むのに忙しい!

と、この注意はスワンマスターに事前に聴いていた。

女性関係、ドラッグ等々・・・

全てはジャズピアノの完成の為!

帰路は同じ高速バスだと安いのだが、

せっかくなので、列車で帰ることに。

高田から新潟まで、乗換なしで特急しらゆきが走っているので。

しらゆきは、東日本旅客鉄道(JR東日本)およびえちごトキめき鉄道が新井駅・上越妙高駅 - 新潟駅間を、妙高はねうまライン・信越本線経由で運行している特急列車である。
Wikipedia引用

映画終了後、少し時間があったので、

書店を探して、立ち寄った。

が、中高生御用達の町の本屋さんって感じで

読みたい文庫は見つからなかった。

ここで、思わぬ誤算が発生。

事前に、高田⇒直江津 妙高はねうまライン

そのままの列車で直江津⇒新潟 信越線特急しらゆき7号

時間の下調べは完璧だったのだが、

高田駅を改札出る時にsuicaが使えない?

ICカード対応していない。

駅員さんに聞くと「JRではないので、suicaは使えません」

列車代金、バス代金とsuicaに入れてきたので、現金は

3,000円程しか持っていない。17:17分発の直江津行がもう少しで

来るので、一旦改札を出て、直江津からならsuicsが使えます。

直江津から自由席に乗ると車内で特急代金の徴収に来る。

自由席が一人で座れなかったら指定席にしようと

思ったけど、幸い、単独で座れた!

車での異動ばかり、それも山関係がほとんどだったので、

列車や高速バスの乗り方は、今後ひとつずつ学習して

いかねばならない。時刻表や地図・ルート検索などで。

直江津駅で待つ間に「えちごときめき鉄道」

リゾート列車「雪月花」を見ることが出来た。

いつかこのリゾート列車に乗ってみたい。

IMG_0027.JPGIMG_0029.JPGIMG_0028.JPG