【弥彦山】

画像画像
8時12分 弥彦駅に降り立つ。      向かいには遠く眼を凝らすと山頂に林立するテレビ塔が見える。
画像画像
神社の門を二礼して入ります。 鶏のキーキー鳴き声が聴こえてくるのだが、実態はこれだった。
画像
                 二礼二拍一礼で参拝して御朱印を頂く。
画像
弥彦山登山口入口 9:06開始 後ろから幼児連れ家族がドンドン、ドンドン歩いて来る。当然速いので、
脇に寄ってゆずる。このロス時間はかなりなものだが、その程度の速度でしか歩けないのだから仕方ない。       
画像画像
画像画像
一合目 9:06 三合目9:27 五合目 0:47 九合目 11:19 山頂 11:38
自分の記録の為に記す。10連休中とはいえ、こんなに幼児連れ家族、それ以外にも、若者もこんなに多く登っているとは思わなかった。むしろ通常多い高齢者は少なかった。山頂へ着くと、ロープウェイで登ってきた観光客も多く、山登りの山頂というイメージではなく、【観光地】といった風情。
連日のニュースでは、皇居始め、観光地の行列が映し出されているが、私はこの「行列に並ぶ」というのが一番苦手なのだ。人間の多さに酔ってしまう。
当初の予定は、弥彦山頂⇒多宝山⇒石瀬峠⇒天神山城址⇒岩室温泉口へと下山して、此処でタクシーに乗り、
岩室駅まで行き、電車で帰る。
山の会に参加していた時には、集中登山の時のコースだったのだから、歩けないわけではないのだが、
ところが、山頂に着いた時には暑くて、缶ビールを飲んでしまい、休憩している内に周囲に気持ちが折れて、
ロープウェイに乗って、早々と電車に乗り自宅に帰る。山は逃げない。でも、気持ちが折れては仕方ない。
又、来よう!
本日出会えた花や木々
画像画像画像画像画像画像画像画像
これからは春の花が終わり初夏の花が見られる。山は、やはり花に出会えることが一番の楽しみ。
画像画像
左に見えるのが「パノラマタワー」で100mを上がる。説明しているおじさんが本日は佐渡が見えると繰り返し、同じ事を喋っている。観光客が少ない時、本当に佐渡がくっきりと見える日に登ってみよう。三角錐で形よく見える山は「多宝山」で高さは弥彦山と同じ634mだが、此処に三角点がある。今日とて、一歩こちらへ向かえば「人」も少ないとは思うが、肝心の心が折れてしまったので仕方ない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント