【「猫」を電子書籍で読む】

画像

岩波文庫美装ケース入りセット夏目漱石作品集25作品を全て一気に揃えて悦に入ることは無理なので、
せめて、一冊ずつ購入して、再読&初読したいと思ってはいるのだが、なかなか手が伸びずにいる。
たまたま、いつも何げなく観ているNHK「100で名著」で夏目漱石スペシャルを放送するというので、
怠惰な心に火種を貰った。初回は「三四郎」だったが、これは飛ばして、まず「吾輩は猫である」
以下「猫」という。
ところが、どんなに再読は楽しかろうと思いきや、遥か昔に読んだきりで、文庫にしては分厚くて、
言葉の注釈も多く、回りくどい描写、洒脱な雰囲気にも重さを感じて進み難い。
ここでふと思い出したのは「電子ブック」だった。
画像
画像

漱石先生の元に訪れる
客人たちとの洒脱で
諧謔的な会話は面白いが、
少々旧すぎる。
バス車内でも読み易い。
特に「猫」はスラスラ読める。
明るい昼時間には白地に
黒の文字、暗くなり
電灯の灯りになると
表示のような色合いで
読み易くなる。
番組に沿って、
「夢十夜」
「道草」
「明暗」
三冊続けて読めるか?


月⇒金は、丸で重労働を果たした後のような疲労感に、ドスンと潰されている。
このまま、何時まで持つのか?

岩波文庫美装ケース入りセット 夏目漱石作品集
岩波書店
夏目漱石

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


この記事へのコメント