のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【万引家族】を観て、読む

<<   作成日時 : 2018/09/12 07:18   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0


画像
《第71回カンヌ国際映画祭 最高賞 パルムドール受賞!!》
カンヌでのパルムドール賞受賞で、今までにかつてない程の
ニュース、話題になり始めて是枝裕和監督作品を観た人も
多いことでしょう。或いは、「誰も知らない」からず〜とファンで
あり続けている人もいることでしょう。
私が、そもそも是枝裕和監督に魅せられたのは先日の記事
で書いたとおりテレビでの会見が最初で「誰も知らない」を観て、ずっとこの監督から眼を離さずにいたいと思った。
以下私が観た映画・・・そして評価は全くの私の個人的な思いです。
【幻の光】・・・×・・・宮本輝の原作がウンと良かったので
【誰も知らない】・・・★★★★★・・・文句なし!今までにない映画
【歩いても歩いても】・・・★★★★★・・・樹木 希林はまだ良かった
【空気人形】・・・×・・・理由は言いたくない
【奇跡】・・・△・・・二度観たいとは思わない
【そして父になる】・・・★★★★★・・・リリーフランキーもまだ許せた?
【海街diary】・・・★★★・・・原作が漫画?でも脚本が良かった
【海よりもまだ深く】・・・★★★・・・樹木 希林、リリーフランキーはもはや常連なのか?
【三度目の殺人】・・・★★★★・・・是枝裕和作品としては異種?福山雅治が好きなので!
【万引き家族】・・・△・・・常連俳優二人は定食に嫌いな食材が二品乗っている感じ
例えば、俳優に好悪の個人的な感覚が薄い人。或いは、私が嫌いでも、個性的で演技が上手くて
好きだと思う人。人それぞれなのでしょうが、余りに出すぎると・・・・
万引き家族に関しては、その筋書きの設定にも、ここでは言えませんが、どうかな?っていう感じです。
映画「あん」での樹木 希林は良かった。ドリアン助川の原作も面白くて初ドリアン助川でした。

映画「モリのいる場所」ではまぁまぁ良かった

長々と個人的なつまらない感想を列記しました。あくまでも自分の備忘録です。
「万引き家族」はノベライズ本も読みました。が、とってつけたような内容で読んだことを後悔した。
映画と小説の一番大きな相違は、例えば、例は良くないかもしれませんが、「うんこ」と小説では書けても
画像で本物の「うんこ」を見せられたらどうかな?ほぼ毎日ご自分の「うんこ」には出逢っていても。
よの中に蔓延している親と子の捩れ、万引きのような所謂軽易な犯罪は、事実だからと言って
そのままリアルに提示されると「うっ!」となんとも言えない臭いを感じるのです。
血の繋がらない親子でも「愛情は育つ」と言いたいのでしょうか?
チョッと私の喩え、比喩は相応しくないかもしれませんが。
昔、昔、新潟の市民による映画館立ち上げの頃に小栗 康平 を招致して「伽倻子のために」が上映された。
この頃の南果歩は若くて、瑞々しくて良かった!この映画は感動した。
その後「泥の河」も観て、映画が先で宮本輝の原作も読み、原作には更に深いものを得た。
是枝裕和監督の活躍前には小栗 康平の作品は少ないながらも世界的に評価されていて
島尾利雄「死の棘」は原作のあまりにも深い世界に映画(DVD)は観る機会を得ていないけど、改めて
観てみたい。
・・・とそんな個人的な映画考察でした。
丸々二週間、パソコンを開いてもブログへの手が伸びずにいました。
月〜金は仕事で精神と肉体のキャパオーバーで、自宅のパソコンは眠ったままでした。
1週間の終わるのが速く。一ヶ月の過ぎるのが速く感じ。6月から10月までの仕事も
3ヶ月半が過ぎました。
お昼は手作りサンドイッチ&りんご煮&昆布水
でもたまには外食ランチ
小さいけれど美味しいカレー専門店が仕事場の近くにあり其処へ行こうと歩いていたら
途中に古くからある和食のお店「竹俣」のランチメニューをみて入る。
スマホを持って出なかったので、お店紹介の写真で。
松花堂弁当は刺身、イワシの味噌煮、野菜(かぼちゃ、なすなど)焚き合わせ、豚肉の甘辛揚げ煮
寒天寄せのデザート、コーヒー、味噌汁、新潟米新之助
新之助が美味しくて!!ここ数年、玄米⇒発芽玄米など食べていたので、白米、それも新之助は
評判通り美味しいのだと納得!現在の米が無くなったら「新之助」を食べようと思った。
残り少ない人生、「体に良い玄米」より「美味しい新之助」を選ぶ!コシヒカリよりも断然新之助は美味しい。
そしてこのランチも美味しくて、こんな日は夕食は軽めに済ませれば良いので。
ブログを書かなくなると「生きているの?」「元気でいますか?」というメールが思いがけなく届く。
生きていますよ。元気ですよ!
Twitterやってます
https://twitter.com/pasonori

にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

万引き家族【映画小説化作品】
宝島社
是枝 裕和

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【万引家族】を観て、読む のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる