【角田山(此の入沢⇒稲島】

過去直近では2017年9月15日が最後でその後は

自身の多忙で角田山とは離れてしまっていました。

車が無くても行く手段はあると!時刻表や西蒲区のサイトなど眺め調べて行って来ました。

5月6日(日) 自宅=7:18越後線 巻駅着7:41  巻駅前発 7:50 角田山周遊バス 角田岬登山口前8:31

画像巻駅からは私世代の女性2名が乗りました。

お二人は「五カ峠」で下りました。

此の入沢コースは稜線に出るまでは

誰にも逢いませんでした。

昨年5月2日には下調べの結果

見事開花に出逢えた山芍薬には

期待はしていなかったのですが

やはり時期遅し!でした。

まぁ、それにはめげずに登山道の両脇を

埋め尽くすラショウモンカズラ(羅生門葛)

マムシグサ(蝮草)、サワハコベ(沢繁縷)

ヤマツツジ(山躑躅、キジムシロ(雉子筵

ウゴツクバネウツギ(羽後衝羽根空木)

ハルユキノシタ(春雪の下)

イチリンソウ(一輪草)

ジシバリ(地縛り)、ホウチャクソウ(宝鐸草)、エンレイソウ(延齢草)、シャガ(著莪)<名前と画像は順不同です>


画像画像

画像

画像画像
画像画像
画像画像
画像画像
画像画像

画像

とにかくゆっくり!ゆっくり花を眺めて歩きます。

山頂に着くとそれなりに大勢の人々が昼餉を楽しんでいました。

おはぎとカップラーメンでお腹を満たしシート上で寝転んでまったりします。

此の入沢林道入口(8:50)…桜尾根合流地点(9:50)…山頂(10:40-12:20)

…稲島下山口(13:10)…バス(13:43)=巻駅(13:56)=巻駅発(14:09)

今までですと下山するタイミングは自分の気持ち一つでした。

が、今はどのコースで下山するか?

迷ったのは稲島か灯台か?

最近の自分の下山コースタイムは非常に時間が掛かるので、

バス時間に間に合うように下りなければならない。


来る時の巻駅発のバスは始発だったので、次ぎの9:05に多くの人が

乗ったようで、稲島Pからかなり道なりに下りた道路のバス停に着くと

数人が待っていてやって来たバスには大勢が乗っていました。


本日が今シーズン「角田山周遊バス」の最終日で前2、3日は

荒天だったし、最後の連休で「角田山」へ目指した人が多かったのですね。

来る時にドライバーさんと少し話したことは来季は運行するかどうか未定とのこと。

明日からは、巻駅発の路線バスの時刻をよく調べてバス停から登山口までは

頑張って歩けなければなりませんね。

それでも、五ヶ峠は最寄のバス停がないので行けません。


画像
本日最後に撮った写真


Twitterやってます




tonikaku

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

しゃくなげいろ
2018年05月07日 19:42
ラショウモンカズラが咲き出しましたか。山芍薬は時期遅しとすると、また佐渡へ見に行かねばなりませんね。(^^)
2018年05月07日 21:02
しゃくなげいろ様
お察しの通り、3年前に会山行で行った頃に
再度佐渡の計画を立てております。
♪佐渡へ佐渡へと草木もなびく~\(^o^)/

この記事へのトラックバック