【初俳句会&お茶の会 2014年1月26日】

26日(日)今年初の「俳句&お茶の会」でした。

土曜日には一ヶ月振りの歯科のメンテナンス、眼科の2ヶ月置きの診察と薬を貰いに行きました。

で、第4日曜日は大形公民館での「俳句&お茶」の会に参加して来ました。

山仲間の大先輩であるKさんを主宰にして東区のKさんのご近所さん(中に山仲間は2名)そして、私だけが西区から参加なのですが、今年からは山仲間にもなりましたHさんが中央区から参加です。
計10名で、この人数が限度でしょうか。

投句は3句。

それ以外にも数句、作ったものを個人的にKさんから後で、批評して添削して頂きます。

【初凪と 言へども佐渡は 隠れをり】 2名から選句を頂きました。Kさんからも直すところなし。

【熱燗と 言ってみたくなり 女子会も】 2名から選句を頂きました。
Kさんからの添削→【熱燗と 言って注文 女子会も】

【初富士や 越後富士にて 我慢せり】選句はなし。
Kさんからの添削→【初富士は 越後の富士で 我慢せり】

KさんのHさん参加の歓迎句
【新しき友 句座に和し 春隣り】

新しく参加されたHさんは何十年も外国で生活されて居た方で、この度、俳句会デビューです。
外国暮らしが永いHさんの斬新な発想で、新鮮な句が生まれました。

画像


昨年の収め句座でKさんが読まれた句をT子さんが掛け軸にしてきて下さいました。

【満ち足りし 笑顔ならびて 収め句座】

我が家の庭隅にも咲いている藪椿です。

画像


どのお菓子を頂こうか迷います。
最初に廻ってきましたので

画像


俳句とお茶の会は嬉しい、楽しいひと時です。

終了後、近くの和風レストランでランチをして、その後に「小さいおうち」映画を観てきました。

目いっぱい遊んだ一日でした。

この記事へのコメント

輝ジィ~ジ@オーバー晩酌。
2014年01月30日 20:14
noritanさま
良き時間をお持ちになり宜しゅうございました。

数年前、何の素養も無いのに、新潟の裏千家男子の会会長から、白山遊神亭で
H前市長主客の末席に招待され、正式の昼懐石の席に着いたことありました。
竈でご飯を炊く方はじめ、裏方も何人も居られました。
勿論 頭も悪いので俳句の才も持ち合わせて居ませんが、茶道も俳句・歌も
日本の代表的な芸術です。才も無いのに何の努力もしないわが身が情けない。

しゃくなげいろ
2014年01月31日 05:49
女子会の華やかで和やかな中にも句会の緊張感が伝わって来るようです。
2014年01月31日 08:21
輝様@オーバー晩酌様
コメント感謝です。
H前市長様は、いろいろと博識そうな方でしたね!
私も素養など全くなしで、ただただ、美味しいお菓子とお茶を頂くのが好きで楽しんでいるだけです。
昔、娘時代、近所にお茶を習いに行って居た頃、父が私の煎れる抹茶を喜んでいたのを時折、思い出します。
2014年01月31日 08:24
しゃくなげいろ様
俳句の後の、まったりした時間。女子(元女子?)ばかりの気取らない雰囲気なのですが、それでも、多少は緊張感はありますね。
この時にはK主宰がすぼまった「冬茶碗」を持参下さいまして、それで、交代で点ててみました。
2014年02月04日 13:33
こんにちは!
高尚なご趣味です。
それにしてもここのところのアップのスピードはすごいものです。何を開眼なされたのですか?
それに比例して我が手の何と動かないことよ!
立春と 聞いて驚く 吾身かな
2014年02月05日 06:18
甘納豆様 いえいえ、今頃は大した山にも行かず
公私共に暇な時期なので(~_~;)
まだ、年の初めなので、気が張っています。
本当に、1月の過ぎ去ることの速さ!
「やり残し こと多きまま 春立ちぬ」ですね。