のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【カヤの平・北ドブ湿原】へ行く

<<   作成日時 : 2017/07/18 11:38   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

7月14日(金) 晴れ 会山行22名 【カヤの平・北ドブ湿原】

過去には「高標山・北ドブ湿原」として2012年7月と2015年6月に自身の会山行として実施しました。
今回は高標山登山は省いて、高原と湿原歩きだけにしました。

カヤの平高原総合案内所に着いて、まずは管理人の池田氏に南ドブ湿原の状況を聞くと、
道が崩落している箇所があるとのことで、北ドブ湿原を分岐路の五差路を中心にした
8の字で周回することにしました。
画像

画像
                牧草地に牛が草を食んでいます。最大のズームで。
画像画像
            西コースへ入ります
画像画像
湿原へ入るまではブナ林を行きます。 樹齢300年を超えるとも言われる巨大ブナ。   
ブナが発する涼気なのか樹林の中はヒンヤリとします。
五差路と言われている各方面への分岐は広く、テーブルや木の根のベンチ等あり、此処で早めのお昼とします。
画像

画像画像

画像画像

画像画像
        ユキザサ(雪笹)                  オオバミゾホウヅキ(大葉溝酸漿)
画像
   湿原コースに入りました。ニッコウキスゲは今年は花の咲くのが遅いそうででまだ三部咲きでした。
画像画像

画像画像
タテヤマリンドウ(立山竜胆)  トキソウ(朱鷺草)湿原の中程に咲いていたので、精一杯のズームで
画像
                         ハクサンチドリ(白山千鳥)
画像画像

画像画像

湿原を歩いて行くと八剣山への道と北ドブ湿原ブナ道コースへの二手に分かれます。
過去2回には高標山を登った後だったので、此処は省いて、歩いた道へ帰りました。
なので、私は登ったことがありません(展望ゼロとも書かれているし)
ですが、今回は南ドブ湿原歩きを省いたので、時間に余裕があります。
登り20分、下り15分。でも、見ると急そうです。
希望者だけ行くことにしました。
最初は急登ですが、歩幅が程好く、ゆっくり行くと次第に緩やかになり、展望ゼロの八剣山に着きました。
三等三角点がありました。対する高標山は展望が素晴らしいのですが、過去2回ともぼんやりした雲に
覆われて、叶いませんでした・・・
画像

地図を見ると、八剣山への分岐からブナ道に入る前に横に5分の道があります。
それが、この緩やかな階段の道で5分間ゆっくり登ります。
画像

北ドブ湿原と平行して五差路へ行く道は樹林帯のブナの路です。
五差路に着きます。時間の余裕があるので、Kさんによるお手前を順次に頂きます。
画像
     頂きます\(^o^)/    【緑陰に 急ごしらえの 野点かな】
画像
私達と入れ違いに五差路には名古屋からいらしたツァーの方々が北ドブ湿原へ向かって行きました。
カヤの平高原総合案内所には予定通りに着きました。

ニッコウキスゲは三部咲きではありましたが、高原のブナ林と湿原に見られる種々の花には
出会えて、何よりも天候に恵まれてラッキーでした。


にほんブログ村


にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【カヤの平・北ドブ湿原】へ行く のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる