のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【下権現堂山】

<<   作成日時 : 2017/05/15 16:01   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

14日(日) 晴れ 魚沼市 「下権現堂山」 単独

数日前に権現堂登山記事でアズマシャクナゲ(東石楠花)とユキグニミツバツツジ(雪国三葉躑躅)が
綺麗に咲いているのを見て、随分久しぶりで行ってみました。

何時行ったのか?
所属山の会では定番とも言える山行で2016年、2013年、2011年、2009年、2008年と実施しています。
私は2008年に参加しています。自身の記事はコチラ

9年振りでの権現堂山でした。

ネットのナビで調べると高速利用と高速回避とで30分しか変わらないので、下道で行こうと思いました。
巻を過ぎて暫く走ると、ザックに入れないカメラや首に巻くタオル、帽子等々を入れた袋が無い!
完全に車に積み残し!巻から高速に乗り、巻まで高速で来て、一般道で走りました。
三条市内を通り過ぎると、車の通りが少ない道なので、確かに高速代金の節約になります。

戸隠渓流歴史公園Pには既に20台近い車が駐車してありました。端っこに停めて行きます。
近くの道路脇から
画像

この案内に沿って歩いていくと
画像

案内図
画像

公園は日本庭園のようで、赤い鳥居を潜ると戸隠神社への階段があります。
画像
画像
画像

公園P(10:05-10:15)…下権現堂登山口(10:20)…弥三郎清水(11:50)…下権現堂(12:20-13:10)…
下権現堂登山口(14:40)…公園P(14:45)=下道=三条から高速
最初から急な登りが続き、途中ブナ林での「尺取虫」の纏わり付きに閉口して、時間をとり、休憩もありで、
結局2時間かかりました。
合目標識が旧い標識の脇に設置されていました。
他の標識には2014・6とあるので一緒に新しくしたのでしょう。
山頂標識も新しかったでした。
画像画像
こんな感じで次の号目に到着すると励みになります\(^o^)/
雪国三葉躑躅が新緑の緑を更に際立たせています
画像

2合目を過ぎると
画像
ツツジ越しに山間の魚沼市の風景タムシバ(田虫葉)もまだまだ盛りです
画像
ヤブツバキ(藪椿)
画像

眼を足元に転じれば オオイワカガミ(大岩鏡)・イワウチワ(岩団扇)画像画像

画像

五合目を過ぎるとブナ林に出て、急に涼やかになりましたが・・・
上から毛虫の小さいような虫が落ちてきて、シャツの腕や、ポシェットなんかにへばり付くので、
タオルで叩いて落とします。涼しいので、休憩していると、単独の地元の方と言う方が、この時期はねぁ〜〜
と言い、此処でゆっくりしない方が良いよと。「尺取虫」と言うのかな?
その虫を撮ってくれば良かったのですがそんな余裕はありませんでした。
七合目を過ぎると弥三郎清水です。冷たくて美味しい水でした。
画像

新版「新潟100名山」によるコースタイムはゆっくりペースになっていて、弱脚の私は丁度その時間でした。
此処からは又急な登りとなります。ロープの下がった、雨だったりすると滑りやすそうな道です。
画像
大岩が二箇所出てきました。後の方の岩は上まで撮れないほど。
画像画像

八合目を過ぎると展望台があります。守門岳でしょうか?
画像
里越しに見えるのは谷川岳方面?
画像
九合目くらいからは少々雪が残っている箇所もありましたが、大した事はないです。
多くあった車の人たちは縦走路へ向かった人、下りですれ違った人と居て、長岡から来たと言う単独男性が1人居ただけでした。いろいろと話しかけるので、私も中越地方の山の事など聞いたりしました。
旧い山頂標識
画像
これも多分2016年4月に設置したのでしょう。シールを貼ったそうです。
画像

珍しく、ガスとフライパン、焼きソバを持ってきたのですが、山頂へ着く直前に、私の山行に申し込んである人からメールが入り、急を要することでその内容が家に帰らないと返答が出来ないので、持参の笹団子とお茶ですませました。
今の時期、中越からの下りは残雪がまだあって、慣れてないと道を踏み外す危険があるので、
それと、大方の人は下山したでしょうし・・・来た道をピストンするのが一番安心と言われ、山は逃げない!
又来れば良いのだから・・・
その単独男性と一緒に下山しました。
山と渓谷社「新潟県の山」に
「下権現堂山、上権現堂山、唐松山と連なる山群は、越後三山の前衛だ。標高は1000mに満たないが、花と展望がすばらしく、急登を行く価値がある。」と冒頭に書かれています。
会山行ですと、自分のペースで歩くことも途中で引き返すことも困難ですが、単独はリスクもあるけど、自由です。
ゆっくり焼き蕎麦を省いたので、神湯温泉にも入るつもりで来たのですが、下山後すぐに帰宅。
5時前に着いたので、貸し出し申込本が届いているので図書館にも間に合いました。
八海山・越後駒ケ岳方面
画像画像

中ノ岳は少し奥になり越後駒の左は荒沢岳(だと思うのですが)全体を
画像画像



又近い内に来ましょう!


にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
弥三郎婆の洞の清水は名水ですね。弥彦の弥三郎婆が権現堂山に飛んで行ったという伝説は昔弥彦と交流があったのでしょうかね。
しゃくなげいろ
2017/05/19 05:27
しゃくなげいろ様
弥彦の弥三郎婆が権現堂山に飛んで行った?!
初耳のお話です。確かに、下権現堂山からは角田山と弥彦山が見えました。
飛んで行ったのかもしれませんね\(^o^)/
のりこ
2017/05/19 11:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
【下権現堂山】 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる