のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【仙人ヶ岳】 栃木県

<<   作成日時 : 2017/03/23 07:38   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

3月19日(日) 晴れ 会山行 「仙人ヶ岳」  栃木百名山 標高663m

関越道・北関東道 太田桐生IC=岩切登山口P…生不動尊(ねりふどうそん)…熊の分岐…
山頂…熊の分岐…知ノ岳…猪子山…猪子トンネル=太田桐生IC=新潟

新潟を出て、岩切登山口までは約4時間掛かります。
岩切登山口は民家前なので、路肩で手早く身支度します。
画像画像
                 仙人ヶ岳へ進み猪子峠(手前猪子トンネル)へ戻ります
画像
                  鳥居を通り登山道へ入ります
画像画像
                蝋梅と梅(ピンボケですが)
画像
沢を右、左と丸木橋で越えて歩くのですが、雪解け水が少ない所為でしょうか、沢水は水量が少ないです。
画像
     カタクリ群生地と書かれていたのですが、1輪健気に咲いていました
画像
このような岩を繰り抜いた穴が時々あり、何かの鉱山跡かなと思うような監督諸官庁のような看板がありました。
後で知ったのですが、かつて足利では戦争中乾電池などの原料としてマンガン鉱が掘られてということで、
この坑道もそのような零細な鉱山の一つです。岩切鉱山と言われていたので、岩切登山口となったのでしょう。
大きな穴には人が入るのを防止する為の金網が張ってありました。
画像画像
          ようやく沢らしくなってきました。少し岩場
画像
                しばらくは落葉松の緩やかなジグザグ登りです
画像
                     生(ねり)不動尊 
画像
                 少し急登になってきました
画像
                 熊の分岐   帰路のコース分岐です
画像画像
 急登の先にピークが見えるとあれが山頂!と思うと、又、登りがあり、似非ピークに3回ほど騙されました
画像
                 山頂です    三等三角点があります
樹林の中を歩いている時には風は感じなかったのですが、山頂はさすが、風が強く、まだ、今の風は冷気も感じるので、リーダーの支持で、先の少し下がった場所でのお昼にしました。
下山は尾根コースを歩くのですが、犬帰りと地図に表記されている処は10mの鎖があり、昨年は此処を通過するのに、人数が多いので時間が掛かったとのことで(10mの下り鎖は苦手な人もいます)巻き道を選びます。
画像画像
分岐は「熊の分岐」で、登りを同じなのですが、登りではこの標識の直前で曲がったので見えませんでした
下りは「下がって、下がって!登って、登って!」だとリーダーは脅かしましたが、その通りで、標高663mの山頂から、幾つピークを越えるの?!と思うほどに、ダウン&アップの繰り返しです。
下りルートが登りルートよりきつく、時間が掛かる山は里山としては初めてです。
画像
                          知ノ岳  ピークの名前
画像画像
          眼下に松田湖とダム               皇海山方面と右奥には微かに筑波山
画像画像

画像画像
        下る前に見える登り返し                         激下り前
画像
               何度も、下って、登ってを繰り返したのに、まだ511mです
画像
                この案内が登山道最後で舗装道路へ出ます。
舗装道路を少し歩くとトンネル出入口に出て、バスが待っていました。
画像

ガイドブックではトンネル上部を通り、猪子峠をから岩切登山口へ戻るようになっていました。
1、2月はトレッキング等の軽い歩きしかしていなかったので、久しぶりの充足感のある歩きとなりました。
これから少しずつ高い山への歩きが期待出来る季節となります。
4月に入ると仙人ヶ岳には赤ヤシオ、ヤマブキ、桜、菫類等々花に彩られるようです。

にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【仙人ヶ岳】 栃木県 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる