のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【「聖職の碑」を辿り 西駒ケ岳へ その2】

<<   作成日時 : 2016/09/06 04:16   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日の霧雨模様とは一転して期待通りの青空が広がっています。
画像

まず小屋までから見える景色
画像画像


8月の三度の訪問をお願いして宮下さん&お父さんとお別れして本日のコースへと歩きます。
画像

西駒山荘…聖職の碑…濃ヶ池…駒飼ノ池…分岐…宝剣山荘…天狗荘…中岳…
駒ケ岳…中岳…乗越浄土…八丁坂…せんじょうじき駅≒しらびたいら駅=
菅の台バスセンター=こまくさの湯=駒ヶ根IC=自宅

画像
    遠くの山並を眺めているお父さん

昨年は、小屋から出て、東京からの女性2人と一緒に将棋頭山へ登りました。
分岐で道を見失うことはあるまいと思いながらも、足元の分岐の標識に注意して歩いていたのですが、
ふと気づくと「遭難記念碑」の裏手に来ていました。
まぁ、良いか!又三度があるから・・・

画像


「聖職の碑」は新田次郎氏が小説の題名とした言葉で、この碑の成り立ちの経緯がそのまま言葉に
現れています。何故「遭難碑」でもなく「遭難慰霊碑」でもなく「遭難記念碑」なのかは
新田次郎「聖職の碑」の遭難後の部分で詳細に書かれています。
当時の気象状況の把握には限度があり、少年達の遭難死は止むを得ない状況。
赤羽校長は、一人の生徒の死を確認した時に、自身は生きて山を下りることは無いと覚悟した。
自分の来ている上着を生徒に着せ。
正に赤羽校長こそ「聖職の碑」に名を載せられるに相応しい人である!

昨年は桂小場へのピストンだったので、色々お喋りした女性は、中岳への登りが結構キツイから
馬の背から行った方が良い!とのアドバイスでした。
彼女達はロープウェイで来て、混雑の為に駒ケ岳の山頂はパスして西駒山荘へやってきたのですが、
主目的は西駒山荘に泊まることなのだからそれで良いのです。
画像
      御嶽がデ〜〜ンと見えます
画像

赤い屋根が天狗荘  青い屋根が宝剣山荘

分岐から濃ヶ池へ下ります。
画像
 想像していたよりは随分小さな池だなと思いました。
土砂が少しずつ落ちてきて小さくなっていったのでしょうか?
管理人さんお薦めは天気が良かったら馬の背コースがお薦めと言っていましたが、
本日は下道ルートで行きます。

画像画像

画像画像

画像画像

画像画像

画像画像

画像画像
 
これらの花たちは8月に来る時には終わっているでしょうね。

画像画像

駒飼ノ池  池とは名ばかりで、水溜まりと言ったほうが・・・
見上げると雲ひとつない空の下、馬の背の稜線が見えます。
画像


宝剣山荘の裏から中岳へ向かいます。
数年前に友人と、此処で泊まり、宝剣岳を通過して三ノ沢岳へ行ったことを思い出します。
霧訪山へ初めて行った時に山頂で、やはり単独で来た女性と話をした時に、その人は
「三ノ沢岳へ是非行ってみて下さい」と薦めていました。
「花の山」と聞いていましたが、時期を失したのか花にはあまり出逢えず、登りも下りもないアップダウンの
繰り返しできつかったけど、人が少なくて良かったでした。
機会を得て、又行ってみたい。
檜尾岳を通り、木曽殿山荘まで暴風雨の中、山仲間女性と二人で歩いたり・・・
今はロープウェイで上がって来た人々が中岳へ渋滞の如くに大勢います。
画像


駒ケ岳へ行き(写真はパス)中岳経由でせんじょうじき駅からロープウェイに乗り、喧騒から退散しました。

画像

「こまくさの湯」は思ったよりも混雑していなくて、汗を流した後は
「ミニたれかつ丼セット+枝豆+ノンアルコールビール」でお腹を満たし帰路に就きました。

さて、8月の本番も晴れます様に!!

8月7日〜8日 両日共に晴れ
24名で行きました。

私達24名の他にツァー団体があり、山荘は満員状態でした。

8日朝 山荘前から
画像


画像
   槍ヶ岳・穂高岳方面

画像
   真ん中に見えるのは富士山

画像
   後方でバンザイをしているのが管理人 宮下さんです。

濃ヶ池から馬ノ背へ戻り、歩きました。

相変わらず御嶽は間近に見えます。

山頂付近は相変わらずの人・人でした。

下山路で出えた花
画像
       サクライウズ(桜井鳥頭)
トリカブトの仲間のキタザワブシの変種とか。

画像
    タカネグンナイフウロ(高嶺郡内風露)

事故もなく、天気にも恵まれ、初めての「聖職の碑ルート」に皆さん満足されたようで良かったでした。

秋立つ日 遭難の碑に 祈る峯



にほんブログ村


新装版 聖職の碑 (講談社文庫)
講談社
2011-06-15
新田 次郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新装版 聖職の碑 (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
中央アは南北アの賑わいの端で地味な感じかな。空いてる頃に西駒山荘の管理人さんの杜氏の話を聞きながらカレーと酒が飲めたらきっとステキな旅になるでしょうね。
しゃくなげいろ
2016/09/08 10:19
しゃくなげいろ様
木曽駒ヶ岳は、ロープウェイで上がる界隈だけ混んでいますが、確かに
西駒山荘周辺はそんな混雑はあえいませんが、でも、シーズンの週末は結構
賑わっているのですよ!
NHKの人気番組「小さな旅」で紹介されたりして、西駒山荘に集まる人が多くなったのですね!
10月の小屋仕舞いの頃はドンと人が集まるようですよ!
のりこ
2016/09/09 12:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
【「聖職の碑」を辿り 西駒ケ岳へ その2】 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる