のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【庚申草に逢いたくて】

<<   作成日時 : 2016/07/01 06:32   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 10

山の花には幾種類かあるように感じます。
咲いていれば良い!
撮りたい!
そして「逢いたい花」

この最後の逢いたい花が「その山の固有種」「その山の名を冠している」「絶滅危惧種指定」
そんな花の一つに「コウシンソウ」が数年来の熱望でした。

数年前には山仲間と一緒に此処の登山口である銀山平の国民宿舎「かじか荘」に宿泊しました。
初日はすぐ近くの備前楯山に登りました。その時には庚申山への林道を歩いて鳥居まで行きました。

此処にコウシンソウが咲くんだぁ〜〜

でも「危険な場所に咲く」「熟達者と同行でなければ無理」と諦めていました。

そんな永年の願いが実現しました。

Nリーダーが会の山行として実施してくれたのです。
当初は下見に同行させて貰うつもりでしたが、日にちが合わずに、本番に「席が一つ空いているよ」
と言われて平日ですが参加しました。

6月6日(月) 曇り 8名

画像

新潟駅(4:50)=沼田IC=国民宿舎「かじか荘」(8:50-9:00)…一の鳥居(10:15)
…庚申山荘・お山巡り分岐(猿田神社跡)(11:45)…庚申山荘(11:50-12:30)…お山巡り…コウシンソウ自生地
(14:40-14:50)…猿田神社跡(15:35)…一の鳥居(16:45)…かじか荘(17:45)=新潟駅(22:20)

かじか荘でトイレを借りてから歩き始めますが、林道歩きが長くて〜〜
杁差岳へ行く時の林道歩き、塩見岳へ行く時の鳥倉林道、越百山から南岳経由して駐車場へ戻る時の林道
などなど、ウンザリする林道歩きのことを思い出しながら歩いていました。

やがて一の鳥居
私達を追い越していった車がありました。この鳥居の修復作業の方でした。
画像

画像

深山幽谷って感じです。
湿気が多い山域なのでしょう。岩の上には苔があります。
画像画像













画像

他にも名前の付いた岩はありました。
画像
               山荘とお山巡りとの分岐
画像画像












庚申講・猿田神社等はネットで調べることにして、かつては庚申講の山歩きがなされたであろう
「丁目石」が設置されています。
画像
                 庚申山荘
初めて見るような気がしません。
ネット等で何度もこの建物を見ていた所為でしょうね。
丁度お昼時間なので、此処でお昼休憩。
平日なので登っている人は少ないのですが、丁度お山巡りを終えて来た方が居て、リーダーが花の様子
など聞き、私達は山頂は求めずとも花を見たいので、山頂はパスすることに決めました。

画像
画像
               小屋周辺には情報通り九輪草が咲いていました  
画像
                        難易度の高い歩きの始まりです
画像画像












用心しながら歩きつつ壁面に咲くユキワリソウを撮ります。
画像
画像
                 梯子、岩の隙間通過
画像
山頂への分岐
ようやく、つりがね岩の壁面の見上げる場所にコウシンソウは岩にへばり付くように、で
も岩から精一杯茎を伸ばして命を繋いでいました。

まずは、壁面の下部、足元の岩に咲くユキワリソウ
画像

コウシンソウです
画像
画像

カメラを携えた男の方(長野から来たそうです)が上部を指して、此処に咲いているよ、と教えてくれました。
コンデジではズームで、多少ピンボケですがこれが精一杯です。
足元は崩れやすい岩場、咲いている場所までは手は届かない。
コウシンソウは、カメラや人の手からさえ逃れて咲いているかのようです。
何度もネットで拝見した【足尾の風景】にはコウシンソウ始め足尾の様子が詳しく紹介されています。

此処からは梯子、岩場からは解放された下りです。
画像
               宇都宮大学の嶺峯山荘
画像
               一の鳥居の塗装も終り、真っ赤に輝いていました

長い林道歩きを経て、かじか荘に着いた時にはこのまま温泉に入り泊まって行きたい気分でした。
でも、自分で運転しないだけ楽チンです!


にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
一発で希少種コーシンソウに逢えたなんて超ラッキーですよ!
風花爺さん
2016/07/01 15:22
風花爺さん様
かじか荘の方が言うには、今年に限らず、地球温暖化の所為でしょうか、年々花の咲く時季が早まっているとのことです。
数年前のネット記事では6月中旬移行でしたのに、今年は特に早いので、リーダーの6日の読みが当たりましたね。ラッキーでした。
のりこ
2016/07/02 05:15
庚申山荘は雰囲気があって良さげな山小屋ですこと。でもアプローチ長そー。(笑)
しゃくなげいろ
2016/07/02 10:31
しゃくなげいろ様
中を見た人によると、綺麗に整っているとのことです。
此処を拠点にして庚申山、お山めぐりをすれば余裕のある行動が取れますね。
私ははなから単独では泊まれないので、中は覗きませんでした(残念ながら)
のりこ
2016/07/02 14:47
山荘から30分天下の見晴もいいよまた猿田彦神社で拝めば効き目があるよ3人の孫が受験に成功今年も一人の孫が挑戦だ。そろそろ千円札1枚持って登ろう下の神社は千円札1枚、神社跡は拝むだけ山荘の中の神社は百円玉で合格かな。
天下の見晴もいいよ
2016/07/06 11:15
天下の見晴もいいよ様
訪問、コメントありがとうございます。
良いお話を聞きました。
今度行く時には、千円札をピケットに忍ばせて伺いましょう。
私も生きている内、花も生きている内に又、行きたいものです。
のりこ
2016/07/06 17:09
かじか荘の方とは元の助役さんでしょう長身でメガネの老人です庚申山の事は何でも知っています庚申草のほか赤、白やしお、みつば、こめツツジ、九輪草、石楠花カモシカの情報も。大阪のスポーツメーカーの会長さんとお別れ会をかじか荘でし神社では二人が旅立った後の会社の事を拝みました。本当に効き目があるよ?
神社のまわし者
2016/07/08 10:35
神社のまわし者様
訪問、コメントありがとうございます。
この辺は白、赤ヤシオは見事でしょうね。
九輪草も見事でした。
いつかお願い事をたくさん抱えて祈願成就に伺いたいと思います。
のりこ
2016/07/08 13:38
フクシアさんのところからやってきました。
6日の新潟から来られたグループ、
もしかしたら、途中でお会いした方々でしょうか。
私たちは3名で、最初かじか荘で
あと登り途中のベンチ、お山巡りのコースの分岐等でお会いしました。
コウシンコザクラも、コウシンソウも見られて良かったですね。(^^)
nousagi
2016/07/13 10:54
nousagi様
ようこそ訪問、コメントありがとうございます。
フクシア様のブログは素敵で更新の度に拝見しております。
そうです、nousagi様のHPに書かれていました「新潟から来た8人」です。
庚申山荘に泊まられたのですね。
此処には荷物を置いて行けるので便利ですね。
初めての庚申山で庚申草に出会えて感謝です。
今後もよろしく拝読させて頂きます。
花の名前は判らないし、見つける事も、撮ることも好きなのですが、下手です!
のりこ
2016/07/14 05:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
【庚申草に逢いたくて】 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる