のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 西駒へ その1

<<   作成日時 : 2015/09/12 15:03   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2012年9月に「戸倉山」と「経ヶ岳」に行った折に「仙流荘」の支配人さんから「西駒」「東駒」の呼称の事を聞いて、何故か頭にこびり付いておりました。
そして、翌年2013年10月には会山行として「戸倉山」「経ヶ岳」を実施しました。

「西駒「西駒」と頭の中でグルグル廻っています。

木曽駒でも木曽なのだから良いではないのか?

でも伊那地方では、木曽駒はあくまで駒ヶ岳であり「西駒」なのですね。

昨年行こうと調べました。西駒山荘は営業していましたが、桂小場への林道が2013年の台風で手前までしか行かれないとのことで1年見送りました。

そして、所謂「クラシックルート」桂小場から標高差≒1400m登り、西駒山荘に一泊して、翌日には将棋頭山経由、聖職の碑⇒駒ヶ岳⇒往路を戻り桂小場へ下山。

地図を眺めるとため息が出そうな程です。

桂小場登山口は手前にキャンプ場があり、その奥まった林道の行き止りです。
でもダムがある所為でしょうか?
バス停があるのです。
登山者用では無いと思いますが・・・
広い駐車スペースはなく、路肩の空いている処に停めます。

8月22日(土) 曇り(霧雨少し) 単独
桂小場P <標高 1280m>(10:10)…馬返し(12:10)…大樽避難小屋(12:55)…分水嶺(15:20)…西駒山荘(15:50)

出発地の東屋
テレビの百名山でもガイドが此処の東屋で待っていました。
画像

画像


薄暗い登山道を入ると直ぐに、ダムへの林道と交わり、其処から本格的な登山道に入ります。
分かりやすい標識
ジグザグに登り、途中、崩落箇所ありで巻き道の案内がありましたが、この巻き道が急でした。
画像


立ち止り、前を見上げると
画像


直ぐに「ぶどうの泉」
画像


花も多少は咲いていましたが、樹林帯が美しい
画像


サルオガセが下がっています。
画像


2度目、3度目の標識
画像画像













4度目、5度目の標識
画像画像












クラシックコースだけあって、かつて登られたコースへの分岐が幾つも出て来ます。
権兵衛峠への道は、南箕輪村の飛び地になり、其処から経ヶ岳へ繋がっている。
馬返しからは林道を辿ると、権兵衛峠へ繋がり、奈良井宿へも繋がっているようです。
画像画像














辛い登りも分岐、分岐で地図を確認してゆっくり登ると、木々の様子も変わり、岳樺になってきました。
画像


標高2500m 大樽避難小屋
画像画像












キツイ登り?胸突八丁
信大ルートは桂木場への別ルートで、破線道です。
画像


此処で急登は終り?
胸突の頭
画像


「やっとこ平」とか、かつて歩いた人の気持ちそのままの名前が付けられています。
なるほど!と歩いていると納得です。

分水嶺の標識は2箇所出て来ます。
最初の曲がった標識の7分後に真っ直ぐな標識です。
画像画像






















最後の標識 もう小屋間近です。
画像


分水嶺から見上げる茶臼山
全国に数ある「茶臼山」の中では最高峰とか。
厳しそうな山ですが分岐の入口で注意書き(何処かが崩落しているとか・・・)がありました。
沢登りの山(?)渡渉あり(?)
木曽福島Bコースでは木曽駒高原から木曽駒ケ岳を経て、将棋頭山を経て登るコースのようですが・・・
分岐からだと40分で行けると地図には書いてありますが・・・
小屋で一緒になった東京からの女性2人連れは西駒山荘に泊まり、翌日は一緒に将棋頭山を登って、茶臼山を登って、桂木場へ下りて、タクシー、バス、電車で帰ると言っていました。
来る時はやはり、電車、バス経由でロープウェイで濃が池を通り山荘へ来ました。
画像


疲れた〜〜と思う頃にヒョイと小屋に到着です。
水場は小屋前から1分下がった場所にありますが、自家発電をする時間帯には、小屋前にも水が出ます。
2014年8月新装なったピカピカの小屋です。
画像


中はこんな感じです。
画像画像













玄関を挟んで左に見えた石組の小屋は初代の小屋「石室」です。
これは後世にも残したいとのことで、今は、談話室になっています。
画像

画像


本日出逢えた花々
画像画像












画像画像












画像画像












画像画像












画像

さて、これから楽しい西穂山荘の夜ですが、それは次回に。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私がこの『聖職の碑』の舞台であるコースから木曽駒に登ったのはもう55年ほど前のことになります。
桂木場までタクシーで入ったように記憶しています。
全体にもうおぼろげな記憶しかないのですが、大樽避難小屋は建て替えられているでしょうね。
西駒山荘は石室でした。
一部が残っているのは嬉しいですね。
続きを楽しみにしています。
風花爺さん
2015/09/14 10:49
なかなか活発に登りますね。
西穂山荘???・・木曽のはずだけど、ここにも西穂山荘があるのでせうか?
自分の勉強不足かな?
山いろいろ
2015/09/14 17:32
風花爺さん様
訪問、コメント感謝です。
55年前ですと、西駒山荘の実際の管理は信州大学の寮生がしていたと聞きますが。
建替えになる前と新築と行きたかったです。
石室はそのままで残してありますね。
早く、続きをアップします(笑い)
noritan
2015/09/15 06:10
山いろいろ様
「西穂山荘」ってないですね(笑い)
全くの入力間違いでした。ご指摘感謝です。
疲れたけど、大満足でした。
続きも早くアップします。
noritan
2015/09/15 06:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
西駒へ その1 のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる