のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 西岳・編笠山 その1

<<   作成日時 : 2015/09/02 16:05   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

八ケ岳連峰の南の端と言われる編笠山に観音平から登ったのは何時かも忘れたほど随分前でした。

観音平の駐車場に着くと雨でしたので、押出川分岐からは山頂を通らないコースで青年小屋に着きました。

週末だったにも関わらずに小屋は閑散としていて、2階の部屋個室を独り占めでした。

雨具を干して階下の談話室でお酒を頂きましたがその時、いらしたのが竹内氏だったのかどうかは??でした。

その後に端っこにある「西岳」が気になりながらも「遠い飲み屋」は遠いままでした。

会山行に実施する計画を立てたので、下見を兼ねて、行って来ました。

7月19日(日)〜20日(海の日)
富士見高原ゴルフ練習場の駐車場に着くと小雨が落ちてきたので、雨具を着込んで出発しました。

翌日下山して来て気づいたのですが、此処はゴルフ練習場の駐車場で、登山者用は少し下の方にあるのでした。
が、咎められることも無く、おまけにトイレも貸してもらいました。
独りの特権でした。

雨は大降りにはならずに霧雨様の雨です。

不動清水です。
此処で喉を潤して、気合を入れて出発です。

画像


草臥れた感じの松虫草が咲き残っていました。
画像


時折日帰り登山者でしょうか、下山者とすれ違いますが、後から来る人は誰もいません。

いつもの単独の気楽さで、家を出るのが遅くなり、出発は12時頃でした。
明るい内に小屋に着くでしょうか??

八ヶ岳らしい木々の様子です。
画像


岳樺が出て来ました。この木が出てくると森が明るく感じますね。
画像


毎度お馴染みの「サルオガセ」です。
本当は薄いグリーンなのですが、カメラの設定が何処か違ったのか明るくなりすぎています。
画像


石楠花のまだ咲いていました。
画像


西岳山頂直下にイブキジャコウソウ(伊吹麝香草)が一際明るく自己主張していました。
画像


本来なら南アルプスの展望台としての人気を誇っているのでしょうが、本日はジッと静まり返っています。
15:20 西岳山頂到着です。
画像

此処から青年小屋までは緩いアップダウンの樹林帯歩きで、西岳からは50分、青年小屋からは1時間とコースタイムはなっていますが、こちらからの歩きの方が1時間掛かりました。

疲れた〜〜と思う頃に乙女の水があり、其処で最後の喉を潤すともう遠い飲み屋は眼の先です。

提灯に火が灯る前に到着出来ました。16:20
画像


何時ぞやの静けさとは打って変わり、酷い賑わいです。
2階の奥まった部屋は女性5人。
娘さんとお母さん、お友達同志、そして私。

8月8日に25人でお邪魔する旨の予約をして談話室で、岡谷市から来たお父さんと息子2人、そしてその友人の男性一人のテーブルにお邪魔して、食前酒にお二人が飲んでいたワインを随分と頂きました。
まずは乾杯!!
画像

食前酒のつもりがそのまま、此処で夕食となりました。
この談話室の奥が食堂なのですが、2回転目と言われていたのですが、少人数故、此処で夕食とすることが出来ました。
揚げ立ての鯵のフライが美味しかった!!
画像


憧れの竹内敬一氏をパチリ
画像


見上げると「飲み屋」のボトルの数々・・・
期限無し、持ち込みOKのボトルです。
画像


宮城県の純米酒「わしが圀」がありますが、これはマスターのお気に入りだそうです。

時計は9時を指しています。
夕食後は此処も飲み屋に変身ですがもう消灯ですね。
画像


明日は晴れますように!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
鯵の揚げたてフライですか。それを肴にわしが圀ぐっと行ってみたいな。
しゃくなげいろ
2015/09/02 19:16
しゃくなげいろ様
時節遅れの記事へのコメント感謝です。
揚げ立ての熱々が美味しかったでした。
わしが圀、宮城のお酒は飲んだことがないです。
次回には飲んでみたいですね。
noritan
2015/09/03 08:19
いつもながら誠実な下見に感服します。
私は青年小屋が居酒屋状態になってからは行ったことがないのです。
いつころからこうなったのでしょうか。
富士見高原からの西岳は、八ヶ岳特有のゴロタが少なく、路面状態が良いので標高差の割に楽ですね。
観音平からだとやはり上部で巨石に手こずりますね。
本番はキット好天に恵まれるでしょう。
風花爺さん
2015/09/03 16:07
風花爺さん様
青年小屋は以前(ず〜〜と以前)何か、の鍛錬場のようなものだと言う記事を見たことがあるのですが、今はそれすら検索できないですね。
小屋の運営者も代々替わり、竹内氏の代になってからでしょうか?
ともかく、今は、完全に「遠い飲み屋」が定着していますね。
危険度、難易度が少ない富士見高原から西岳経由だとマイナーなコースなので、何か「売り」がないと素通りされてしまうからでしょうね。
本番は晴れでした。
noritan
2015/09/04 06:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
西岳・編笠山 その1 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる