のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 時には登山口下見で終わる日も

<<   作成日時 : 2015/03/10 06:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

時には不本意ながら登山口の下見で終わる日もあります。

山歩きは週末限定のワーキング婆さんとしては、週末は山ばかりにかまけていられない場合もあって、7日(土)は二ヶ月に一回の眼科へ眼圧の検査と薬を貰いに行かねばならず、午後からは時間を持て余したものの、弥彦or角田と言う気にもなれず、ドサッと借りこんだ(3本レンタルしてレジに出すと、今なら新作5本借りると3本より安いと言われ、追加2本借りてしまいました)5本のDVDを午後から観まくりました。

それはそれで、後日の記載として、日曜日も家の仕事などグズグズしている内に自宅出発が相当遅くなりました。

まぁ、言訳はそのくらいで、まずは沼田ICに下りて、先日下見に行った戸神山の登山口へ向かいます。

下見のご苦労を労うかのように(??)大勢の参加申込を頂き、25人で差し止めにするのも忍びないので、小型バスから中型バスに変更しました。
バス会社の担当者からは3mないと中型は入れないよ!
と言われたたので、集落から入る駐車場への僅かな距離の道を測りに行ったのです。

新潟を出る時には晴れていたのに、越後川口を過ぎる頃より小雨が降っています。

この小雨は群馬県に入っても止まずに、大降りにはならずにずっと続いています。

ロープで計測して、又、高速に乗り太田薮塚ICに下ります。

昨年「観音山・ガッチン山」へ行った桐生市の菱ハイキングコースの北西に位置する「鳴神山」の登山口の確認です。

2008年4月にTリーダーの会山行で行ったのですが、登山口の表記もコースタイムの表記も無く「登ればそれで終り」の安直な山行記録で、何とも心もとない記録なのです。

「カッコウソウ」は一時、絶滅の危機に瀕する 状態だったようですが近年植生保護により保護されているようだと知り、是非花の時期に勝紅草(又は羯鼓草)を見たいと思って、山行計画に組み入れました。

まずは大滝登山口へ向かいます。
画像

画像


この時期、小雨の中、車は3台駐車されていましたが、2台は登山者とは違う、施設名が書かれた車でした。
すると丁度、下山されて来た方がいました。

女性2名と山伏の衣装を纏った男性1名。
その山伏さんにお聞きしますと、この駐車場は或る高校の私有地で、自分達は本日許可を得て停めているとのことです。

登山口にはその高校の宿泊施設(樹徳高校 大滝山荘)と管理人一軒家(勝手に推測)
どちらも本日は在宅していないようです。

山伏姿の男性から少し山の様子をお聞きして、更に、その先の「コツナギ橋登山口」へ向かいます。

画像


画像


何れの登山口もマイカーならば路肩に駐車も出来るでしょうが、バスとなると無理ですね。
樹徳高校に許可を求めたとしても、許可証が無い以上、不法駐車があれば停めることも出来ないかもしれません。

そんなことを思いながら、「駒形登山口」へ向かいます。

林道を走りながら、此処もマイクロバスだな!などと思いながら登山口到着です。


するとやはり下山して来た方々に逢いました。
リーダーだと仰るY氏から話を伺いました。

そしてすぐ眼の前の人家のご主人もいました。

画像

その先は林道工事中でした。

林道でずっと上まで上がれるようになるのだとか。
そんな事は必要なのかなぁ〜〜と疑問に思います。
植生保護と開発は相反するものだと思うのですが。

Y氏は山岳ガイドをなさっていて、ブログハイキングクラブ「山の旅人も教えて頂きました。

正に山での一期一会でした。


湯らら」に入浴して遅めのお昼の天ざるを食べ、登山口下見で終わった群馬を後にしました。

画像

そういえば、先回「湯らら」に寄った時も「天ざる」を食べたような気がします。
4月に入り、鳴神菫が咲く頃には登山口の下見でなく、山歩きをする為に再訪します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
遠方遥々下見ご苦労様でした。地道な努力がきっと大輪の花を咲かせますよ。
しゃくなげいろ
2015/03/11 08:08
しゃくなげいろ様
いえいえ、ただ単に、自分が要領が悪いだけです。
反省しています。
でも下山が夕暮れになりそうな小雨模様の誰も登山者がいなくて、「熊に注意」とあれば引き換えしますよね(ー_ー)!!
noritan
2015/03/11 10:21
あっちこっちと下見はたいへんでしたね。行き届いた段取り、頭が下がります。
マイクロバスなんて、かなり狭くてもたいがいは入りますよ。
登山口に駐車出来ない場合は、どっかで待機してもらって、携帯電話で連絡ではダメなのかな?
山いろいろ
2015/03/11 20:13
山いろいろ様
本当に面目ない記事へのコメント感謝です。
山行を企画して筆頭の悩みが果たして、バスが入れる道か?
駐車スペースはどうだろうか?
仰せの通りに桐生市にいろいろ電話して聞いて、桐生駅の近くに無料の大型バスの駐車場があるそうで、HPから資料を見ました。
事前にHPで申込みが出来るので助かります。
noritan
2015/03/12 06:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
時には登山口下見で終わる日も のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる