のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【再び 槍ヶ岳を目指して 1】

<<   作成日時 : 2014/09/26 19:32   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

8月14〜17日は槍ヶ岳の肩でスゴスゴと雨の中帰って来ました。

それはそれで、いろいろな体験もあり、出会いもあり、楽しかったのですが、やはり、あの穂先に立たねば!

その思いを山の神様が後押ししてくれたかのような晴天予報の三日間でした。

嬉しくて(?)深夜1時に目覚めてしまいました。
そのまま出発して何処かで仮眠すれば良かったのですが、ついもう少し寝ようと思っていると、何と!
目覚ましが鳴ったのも気づかずに・・・

慌てて自宅を出ました。

13日:自宅(8:00)=松本IC=沢渡大橋P(12:30) シャトルバス(13:15)=上高地(13:50)・・・横尾山荘(16:20)

本当は初日は槍沢ロッジに泊まる予定でした。
此処は4名以下は予約不要です。
が遅くなるし・・・と高速から連絡を入れると、暗くなると危険ですので、横尾山荘に泊まることをお奨めしますと言われ、横尾山荘には予約することが出来ました。

沢渡大橋の駐車場は橋に近い処から満車になるようですが、運良く、バス発着の近くの駐車場に停めることが出来ました。

が、前のバスが行ったばかりで、中々次のバスが来ません。
ベンチに座り、お昼用のパンなど食べて待ちます。

お盆休暇の時には横尾までの観光客も大勢歩いていたのですが、ざっと見ると、登山者って風情の人が多いです。
明神、徳澤と休憩無しで、セッセと歩きます。

横尾山荘に着いた時には、宿泊手続きをする人がまだ大勢いました。

16日に泊まった同じ部屋の二段ベッドも同じ場所でした。

まずはお風呂に入り、初日は終わりました。

画像
                 蝶もお日さまを浴びて嬉しそうです

画像
               野紺菊が盛りです

画像    画像




















三歩くん久し振りです。
画像

エッ!渋滞は槍も穂高も?

画像

同じ注意喚起でも三歩君が書かれていると何やら和みますね。

画像画像













夕食と朝食です。
横尾山荘の食事はそれほど上手くないと書かれてある記事もありますが、私はまぁまぁだと思いますが。

14日:横尾山荘(5:35)・・・槍沢ロッジ(7:00)・・・槍沢大曲(8:40)・・・天狗原分岐(9:45)・・・槍ヶ岳山荘(13:50)

南岳小屋に予約を入れておいたのですが、早めに山荘に着いて、穂先に出来れば今日の内に登りたいと思い、キャンセルします。南岳小屋の電話応対された方はとても親切で、次回は是非泊まりたいと思うのでした。

画像

朝日に輝く穂高岳方面

一の俣を過ぎて3分くらいで頭上注意と書かれた石があります。この川と反対側斜面が崩れています。
画像

画像

登山道の箇所が一か月前には崩れていたのでした。

簡単な網の防護柵がしてありますが、いつ崩れてもおかしくない土砂です。

10分ほど休憩しました。

ロッジ前に望遠鏡が設置されていて「槍が見えます」と書かれているので、覗くと、こんな感じで見えました。
画像


ババ平キャンプ場を過ぎると、沢の渡渉が何か所か出てきます。

画像


此処も上から、すごい勢いで流れていて、勿論、登山道両脇の石は隠れていました。

画像


此処も全て上からの濁流で埋もれていました。

僅か一か月前なので、当時の水の様子がありありと浮かんできます。
検証しながら歩いているようです。

画像


槍沢大曲を過ぎると、雪渓が出てきました。

画像


前より、雪渓が汚くなってきています。

画像


天狗原の分岐です。
せめて、槍沢ロッジに泊まっていれば、天狗池の往復くらいは出来たかもしれませんが。
この時には、今日中に穂先へ行けると思っていたのです。

渋滞で、今日の明るい内には穂先へは無理だと知っていれば、一寸寄り道したのですが・・・

「たら」「れば」ばかり言っても仕方ありません。何よりも無理しない、余裕を持つことです。
素人の60代半ばのおばさん単独なのだから。

向こうから来た人がいましたので、逆さ槍は見えましたか?と聞きますと「バッチリ!」との答えでした(残念!)
画像

七竃です。色づきにはまだ早いですね。

11:17 ついに穂先が見えてきました。
画像

やはり、山の神様は居たのでした。

10分ほどで、一か月前には周辺ガスっていたヒュッテ大槍への分岐です。
画像


画像画像













播隆窟に入って実際に雨宿りしたという記事もネットではありました。
殺生ヒュッテの分岐を過ぎる頃より、ジグザグの登りが辛くなってきました。
途中でお昼を食べました。

画像


下を見ると殺生ヒュッテがあんなに下になっています。
此処に泊まると、翌日のこのジグザグの登りが辛いだろうなぁ〜〜などと心配してしまいます。
一か月前も此処は結構空いているので、穴場の小屋なのでしょうか。
此処は中房温泉、ヒュッテ西岳のグループなのですね。
槍ヶ岳エリアは大きく三つのグループになっているようです。

上の稜線にはヒュッテ大槍も見えます。

画像画像













山荘からの渋滞の人の流れ。穂先にいる人も見えます。

画像


山荘に着くと、此処からもう並んでいます。
来る時に、5時に並んだ人は登り終えるまでに3時間掛かったと話していました。

山頂もガスが掛かってきました。
今から並んでも明るい内には下りて来られないとのことです。

画像

画像

お昼は食べたと言っても一口羊羹程度なので、体が塩分を要求しているので、生ビールと醤油ラーメンを。

受付も行列、キッチン槍で注文するのも行列。
何処かテレビ局の撮影が入らないかなぁ〜〜などと思っていると、受付の時に私のすぐ前に並んでいた単独男性は今朝家を出て来たと言うので、長野県の方かと思いましたら、糸魚川市からだと言うのです。
同じ新潟県でも、新潟市と糸魚川では1時間以上は違いますものね。

15:17
画像


キッチン槍ではお隣になった人、或いは俄かグループの方とおしゃべりをします。
本日は談話室も奥の廊下も布団が敷かれるので、此処で、槍ヶ岳のワインを飲みながらおしゃべりタイムです。

62歳の東京からの単独男性は退職したので、山でも登ってみようかと槍に来たとか。
槍に登りたいと言うのは富士山に登りたいと言うのと似ているようで、少し違うような・・・
違うようで、同じような・・・

茨城県から来た人は、新宿からのバスで俄か仲間になり男性一人、女性二人で一緒に来たと言います。
茨城の山の事を聞きますと、あの山はマウンテンバイクで山頂まで行けるよ。
との事で、今はあまり登る人も居ないよ。とか・・・
行こうと思っていたのですが、止めました。
その中の女性は、かつて転勤で新潟の女池に住んでいたとか。
新潟の人が懐かしいと。

韓国のグループの方が多いのにはびっくりです。
急遽、館内の案内の日本語表記の下にハングル語が手書きで書かれていました。

が、耳に光物のピアスをしていたり、キラキラする金属の髪飾りを付けたり・・・
雷が鳴ったらどうするの?!って感じですね。

時々、外へ出て、渋滞の様子を見ます。
6:20
まだまだ、人の列は途切れません。
画像


画像



部屋は私の隣3人組は富山からの人でした。
富山の山で行った山のことを話すと、あまり富山の山は行ってないとのことで、これは、私も新潟県の山は行ってない山が多いのと同じか!と納得です。

食事は何回転なのか分かりませんが私は8時20分からでした。
画像


さて朝です。

朝早く列に並ぶ為に朝食はお弁当にしました。

ヘッデン付けて、身支度して出かけて行く人もいますが・・・

が、いくら大勢がいるからと言って、岩、鎖、梯子をヘッデンでは・・・
やはり、無理はしないです。

待っている間にお弁当を少し食べます。
中華チマキの大きな長方形のおにぎりなので、箸で区切って少しずつ食べられます。
なかなか美味しいです。

2へ続きます

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
 すごい行列。小屋で番号札を渡すとかの配慮が欲しいですね。待ってる間に体が冷えて事故になったりすると大変だから・・・。
 身体が塩分を要求⇒(訂正)身体が塩分とアルコールを要求。
山いろいろ
2014/09/27 10:56
山いろいろ様
番号札なんて無理ですよ!
あくまでも、寒さと暗さに耐えて並ぶことに、登り甲斐もあるというものです。
行列を話の種にビールやワインを呑んで、明日に備える者は暢気なものです。
仰せの通り、身体は塩分とアルコールを要求していました(笑)
平地で食べるラーメンは余り好きではないのですが、どうしてか山にはラーメンの塩分が合うのですね。
それにしても、御嶽山はビックリですね。
山いろいろ様は丁度良い時に登って来ましたね!
noritan
2014/09/27 19:03
noritan さま
素晴らしい写真の数々と詳細レポに魅入らされました。
槍ヶ岳、へタレジィ〜ジにはもう昔話になってしまいました。
尽きせぬ情熱が迸っていますね。
そのenergy分けて貰えるものならば・・・
今更要らぬcommentで失礼しました。
輝ジィ~ジ
2014/10/03 19:37
輝ジィ~ジ様
金曜日午後から出かけていましてお返事遅くなりました。
槍沢からのコースは一歩一歩歩けば、私でも行けるコースですが、その一歩一歩が、ゆっくり、ゆっくりで、登りよりも下りが辛かったでした。
信州の山に登ると「槍の穂先」を見つけるとホッとして、いつかは再訪したいと思っていました。
noritan
2014/10/06 04:44
うわ〜槍もすごい渋滞だったのですね!!
渋滞もですが夕食 8:20からとは、通常の山小屋の状態ではないですね!!
槍の登りで渋滞とは・・・奥穂の危険度とは訳が違いますからね〜・・・。
お疲れ様でした。
ヒデキチ♪
2014/10/13 15:05
ヒデキチ様
槍ヶ岳では「穂高岳」のすごい混雑だと言う情報が出てました。
夕食は9時頃まで続いていたようです。
noritan
2014/10/14 04:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
【再び 槍ヶ岳を目指して 1】 のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる