のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【神奈山(かんなさん)】

<<   作成日時 : 2009/10/24 23:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

【山名】   神奈山(かんなさん)妙高連山の外輪山 1909m
【日時】   10月24日
【メンバー】 女性3名

燕温泉登山口7:17⇒燕新道 神奈山分岐7:22⇒麻平分岐7:58
大倉分岐9:48⇒三ツ峰分岐10:10⇒山頂10:50〜11:50
八方睨12:17⇒関温泉登山口13:24⇒神奈山スキー場14:10

妙高の外輪山で「神奈山」と言う登山道がある山があることは知りませんでした。

が、会山行で「旗持山」への参加申し込みをした時に、里山なので、きっと「新潟 日帰り ファミリー登山」新潟県山岳協会監修 新潟日報社発行 の本に出ているのでは?
と本をパラパラと眺めていました。案の定「旗持山」(25日に実施)は出ていました。

で、その時に「神奈山」を知りました。
春、妙高に馬の雪形が現われるのが、この神奈山の北面だそうです。

本には関温泉からの道が紹介されており、最近の悪いクセ(正に藤原智美氏「検索バカ」ではないですが)で早速、検索しますと、どうも関温泉からの登山道は「藪っぽい?!」と出ているではありませんか!
で、妙高市に問い合わせますと、刈り払いはチャンとやってはいるのですがねぇ〜〜
何分、登る人が少ないので・・・
燕新道から行かれる方をお薦めしますよ。
との返答でした。燕新道から行くのなら、自分は「妙高山」へ行きたいので、一緒しようと弟が申し出たので、先輩山仲間2名と私の女3人は神奈山へ向かうことにしました。

関温泉を通り過ぎて、燕温泉駐車場へ上がっていきます。
何年振りでしょうか?此処へ来るのは。

弟は燕登山道から燕新道へ廻るというのですぐに分かれて出発です。
7:21 いよいよ「神奈山」への案内が出てきました。
画像


(写真は全てクリックで大きくなります)

眼を周囲へ転ずれば、まだまだ紅葉は残っています。
画像


麻平分岐を過ぎると大倉沢の通過です。8:30
画像

簡単そうに見えますが、滑ったら大変なので、ストックをもう1本借りて、2本で安定させて通過します。

8:40 木々が葉を落とした間から妙高の雄姿が見えます。
最初、私(たち)は、これが神奈山かと思っていたのです。ホント無知で、登るに連れて、こんなに妙高が指呼の近さに見えるとは!
画像


9:24 ますます近づき、大きく見えます。
普段、遠くから眺める妙高とは別の山の形です。
画像


9:30 黄金の清水を過ぎると9:48 大倉分岐です。
画像


10:11 三ツ峰分岐 いよいよ、神奈山へ近づきます。
画像


この分岐を過ぎたら、急に登山道が笹に覆われたので、「?いよいよ藪?」と思ったら、不思議なことにホンの僅かの距離で、又、キチンとした道になりました⇒ホッ!

さて、前に見えるは「神奈山」?先頭を歩くYさんです。
実は、偽ピークに2回騙されました(ーー;)
画像


山頂手前の片側切れ落ちた場所からは、里の風景、北信五岳方面がよく見えます。
画像


燕温泉駐車場には車は多く停まっていたのですが、燕新道から歩き始めた時に、ご夫婦が一組一緒だったのですが、妙高山日帰りとのことで神奈山へ向かったのは、私たち3人だけでした。
が、山頂、直前にいきなり、単独男性が追い越していきました。

山頂に着くと、関温泉方面から単独男性が来ました。
早速、登山道の様子を尋ねますと、藪ではない、歩きやすくて良い道でしたよ!
とのことで、帰りは是非、こちらを下りたい私達は「山頂コール」が届いた弟に、関温泉へ車を廻してくれるように頼みます。

山頂での女3人。
恥ずかしいので、やはり顔はぼかして・・・
画像


裸木の間から火打山も見えます。
画像


さて、関温泉への下りは、登り返しもなく、ひたすら下ります。
確かに、刈り払いされている良い道です。
ネットで検索した、山のベテランの或る方のブログでは、滑って、3mも転げ落ちたとあったので、ビビッてしまった私でしたが、ブナの森あり、良い登山道でした。

画像


13:24 此処で、所謂登山道は終わり?
画像


後は、ひたすらスキー場のゲレンデを下るのです。

リフト最上部から見た妙高山。見慣れた形になりました。
画像


リフト乗り場が3箇所あり、刈り払いされた萱(?)竹(?)の滑る上をひたすら下ります。
画像


14:10 関温泉登山口に到着
画像


私たちはゲレンデをショートカットしましたが、廻り道で良い道もあるのです。
画像


妙高を目指す人達は燕温泉まで上がってしまうので、関温泉界隈は心なしか、静かで、日帰り入浴料も安いです(500円)ゆっくりと温泉に浸かり、秋の一日、思いがけず、良い山行が出来ました。

画像





妙高山・高谷池ヒュッテ通信
山と溪谷社
築田 博

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
小生未踏です。
来年 K・Tリーダーがこの山計画しています。
弟君は妙高へ1人で行ったの?
輝ジィ〜ジ
2009/11/09 10:08
なかなかいい山のようで・・・・我が会の誇る美女トリオも、なかなかお似合いですよ。(ヨイショ!)
山いろいろ
2009/11/09 20:21
今晩は!
「ひたすら下ります」を「ひたすら滑ります」と読んで、さもありなん、雄大な尻滑りを楽しんだのかなと思いましたよ。
ところで、熟女さんたちは恥かしいと顔をお隠しになるのですね。何とおしとやかなこと。
甘納豆
2009/11/09 20:35
輝様
まずは、昨日は本部のお勤め、ご苦労様でした。
晴天に恵まれて、事故もなく、成功でした。ありがとうございました。
K・Tリーダーって、苗字が”た”で名前が”こ”の方ですか?
25日に、話しましたので。
弟は、燕登山道〜燕新道と周回して(一人で)私達よりも速く下山していました。一人だと早い!
noritan
2009/11/10 03:10
山さま
昨日は楽しかったでしたね。
写真ありがとうございました!
他のお二人はお顔を全国公開することは了解して下さったのですが・・・
私が、恥ずかしい!
主峰を目指すのも良いですが、最近は「主峰を眺める山」に足が向きます。
noritan
2009/11/10 03:12
甘納豆さま
遠回りで、ちゃんとした道も見えるのですが、先輩がひたすら、トットコ歩きますので、必死で滑りやすい道を直下しました(^_^;)
尻滑りをしたくはなりましたが、ズボンが切れると嫌だから・・・(^−^)
noritan
2009/11/10 03:16
写真、顔隠しても分かるぜ。面白そうな山だな。なにしろ登山者が少ないのがいいや。
赤鬼
2009/11/10 06:56
赤鬼様
たまには脇役の山も良いものです。
赤鬼さまの山を調べていて知りました。
お陰さまです!
noritan
2009/11/11 06:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
【神奈山(かんなさん)】 のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる