のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 心残りだった「五色が原」

<<   作成日時 : 2009/09/10 04:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

7月26日は会山行「五色が原」でしたが、雨と強風の為、途中で撤退でした⇒コチラ

又、いつか連れて行くサ、とリーダーのH氏は仰いますが、来年行ける保証が自分で持てないので、どうにも、心残りでした。
で、天気予報を眺め⇒大丈夫!ということで、出かけました。

9月5日 自宅5:20
8:50 立山駅P
10:30 室堂着

画像

この景色の前には何回立ったことでしょう。
何回来ても、楽して、こんなに高所に来られる、というごくごくミーハーな観光客の気分で好きなのです。
天気は快晴(とはいかないが上々です)

12:20 富山大学立山研究所  〜12:35
7月の時は、風と雨の中、此処で、行動食を取り、此処で引き返したのでした。
画像


今日は、気持ち良く吹く風を受けての昼食です。

さて、此処からが始めてです。

14:30 針ノ木岳が見えます。
画像


龍王岳は登らずにトラバース道を歩きます。
獅子岳を登ると、これから下り、最低鞍部にザラ峠が見えます。
15:10
画像


15:18 ザラ峠到着
途中から幾組かの人達と一緒になり、この峠でしばし、古を偲ぶことに(?)
画像


16:00
雄大な五色が原と山荘が見えてきました。
画像

16:12 到着
女性の入浴時間は4:30迄とのことで、早速お風呂に入ります。
ステンレスの立派な湯船。シャワーまで出て、快適です。

湯上り後は缶ビール片手に外で、今日はスゴ乗越を超えて来たという東京からの若い女性と話したりして、気持ち良い風が頬を撫で、心残りが一掃された感じです。

北アルプスには、こうしたピークを求めない、広大な山上の景色を堪能する楽しみ方もあるのだと思います。
チングルマの果穂が一面に風にそよいでいますので、花の咲く時期は見事だろうなぁ〜〜と想像してしまいました。

「夕食ですよ〜〜」の声に食堂へ入りますと、何と、見知ったお顔のNさん(会の方)がいるではありませんか!
新しい会員のTさんと非会員の方との女性3名で、新潟から、写真撮影の目的で来る人から同乗させて貰って来たのだとか。昨日は一の越山荘泊まりで、何とも贅沢山行です。
帰りは又、室堂で待ち合わせて乗せてもらって帰るのだそうです。
夕食後に、彼女達の部屋へ行き、しばし、お喋り。
部屋はグループごとに部屋割りがしてあり、私は1号室に一人でした。畳が6枚敷かれている部屋です。

さて、二日目です。
昨夜は満月だったようで、でも、私は満月よりもZZZZzzzzでした・・・・

6:12
朝は、ゆっくり出発するという彼女達に別れを告げ、一足先に出発です。


帰りは、名古屋から来た単独男性、地元富山から来た、ベテランと山デビューという若い男性の2人の方々と休憩ポイントをこまめに取り、山座同定を教えて頂いたりしました。
6:46 獅子岳への登り。
画像


7:45 途中で振り返れば、北アルプス、後ろ立山連峰の山々がグルリと見えます。
画像


10:35 富山大学立山研究所
白馬岳方面もよく見えます。
11:20 一の越山荘
此処で大休憩!

剱岳方面
画像

13:38 立山駅到着


途中咲いていた花たち

立山アザミ?
画像

画像



画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


チングルマの果穂
画像


ザル蕎麦とソフトクリームを食べて、さほど汗もかいてないので入浴はパスして一路新潟へ向けて帰りました。
リベンジ?五色ケ原」の輝様たちは日帰りで往復されましたが、私は、又、又、お叱りを受けそうですが、山々を眺めたり、花を眺めたりの歩きでした。
今回はマイカーでしたので、黒部湖へは下りずに室堂ピストンとなりましたが、私としては、五色が原、ザラ峠と行けて、十分に満足の山歩きとなりました。
いつか、チングルマが満開の頃に又、再訪したいものです。




立山・剱岳・大日岳・五色ガ原・薬師岳 (ヤマケイYAMAPシリーズ)
山と溪谷社
佐伯 郁夫

ユーザレビュー:
立山系の本の中では良 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
一人でよく頑張りました。
折角ならもっと花の時期がなぁ〜

五色ヶ原とか雲の平は雲上の別世界です。
輝ジィ〜ジ
2009/09/10 06:55
おはようございます。
リベンジ 一人旅 おつかれ〜〜
「北アルプスには、こうしたピークを求めない、広大な山上の景色を堪能する楽しみ方もあるのだと思います」
然りごもっとも。自分も来週末の連休にはそのような山旅をと思っているのですが、果たしてお天気とお足が許してくれるかどうか。
甘納豆
2009/09/10 08:01
ご無沙汰しています。
五色ヶ原は私も8月に行く予定でしたが、毎日ドシャブリの雨で雷鳥沢のテント場で震えていました。奥大日岳に登っただけで下山してしまい、その内リベンジと思っていました。
インレッド
2009/09/10 20:42
輝様
輝様たちの行かれた後、後と辿っているようです(笑)花の時期は終わっていましたが、その分、暑くなく、爽やかな初秋の風がソヨソヨと吹いて、気持ちよかったです。
五色が原一帯はチングルマの群生が見事なようですね。チングルマが咲いている頃には少々、残雪もあるのかもしれませんが・・・それを下見したと思えば成果はありました。
一の越までは帰りの方が登り返しがキツク感じました。
noritan
2009/09/11 00:50
甘納豆様
リベンジというよりも「心残り」って感じが強かったのです。
行かずに年越しできるか!=(笑)って感じ。(^_^;)
今年はアンチピークハントが多いです。
楽し過ぎです!
今回はお天気良く、適度の爽やかな風も吹き、展望も効いて最高でした。
満足度って一にも二にも「天気」次第ですね。
4連休(私は4連休なのです)もお天気を願うばかりです。又、又「心残り」山行で〜す。
noritan
2009/09/11 00:55
インレッド様
お返事遅くなりました。
9月に入ってかたは、ちょっと時雨れると寒くなりましたね。
ピークを求めない山上歩きは、天気が悪ければ、何の意味もないですものね。
奥大日からは剱岳は指呼の近さですが、雄姿は望めなかったでしょうね。
私は、週末登山に限るので、週末の天候だけが気がかりです。
noritan
2009/09/11 09:23
まぁ、よくやるわ。頑張りすぎじゃ〜ありませんか?
この後の9日は、浄土山からしっかり五色ヶ原を眺めてきましたよ。
自分がこのコースに行く時は、必ず薬師岳まで縦走するぞ〜!
山いろいろ
2009/09/12 20:09
山いろいろ様
けっして、頑張ってなどいませんよ〜〜
山様たちの山行日、お天気がどうかな〜〜?
と心配していました。でも、雄山、大汝山が登られれば、まぁ、良し!ですね。
私の二日間は最高の、汗流しの風もソヨソヨと吹き、最高でした。
私も五色ケ原から薬師岳方面を眺め、向こうから来た人、向こうへ行く人の話しを聞き、体力と時間があれば縦走したいと思いました。
折立に下りても、車の回送を頼めば、マイカーでも行けますし、会山行なら文句なしですね。
その時には、どうぞ、私も引っ張っていって下さいませ。
今週は、新潟と群馬県境の連峰に一部を新潟県側から行こうと思っていましたが、同行者(今度は一人でない!)の都合が急に悪くなったのと、悪天候のようなので、休養にあてます。
掃除、映画、読書、ブログ更新などに(^−^)
noritan
2009/09/13 10:40
おはようございます。
悪天候で行けなかった五色ヶ原、素晴らしいところですね。ホントに残念でした。
来年行けるかなぁ、行きたいなぁ〜〜♪
FUKU
2009/09/14 11:15
FUKU様
山は逃げないヨ!と言われますが、自分が来年行けるかどうか?(笑)なので、矢もたてもたまらず行ってきました。
チングルマの群生の頃に又、行きたいです!
noritan
2009/09/15 06:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
心残りだった「五色が原」 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる