のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 小国町・飯豊町合同事業 2009 飯豊連峰山開き 当日

<<   作成日時 : 2009/07/12 00:02   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 12

さて、いよいよ、当日です。
天気予報はばっちり晴天です。

私はBコースを選びました。
石転び沢から北股岳への登りは飯豊のコースの中でも上級者コースで、私など、とてもあの大雪渓を登れるはずはなく、でも、今回はその雪渓を見上げる石転び沢出合まで行けるとあって楽しみにしていました。

飯豊山荘から梶川尾根コースの登り口から先、温見平も初めてです。
Bコースは参加者50名。4班に分かれて、判ごとに少々時間をずらしたり、休憩ポイントを変えたりしての歩きです。
班にはリーダー、サブリーダーがいます。


温見平から梅花皮岳方面が見えてきました。
画像


サンカヨウの実
画像


山荘前5:30発
8:53雪渓が見えてきました。
画像


岩の上に咲いていたサクサンコザクラ
近づいて撮ることはできません。
画像


休憩場所付近にたくさん咲いていた「イイデアザミ」を4班リーダーがラーメンの汁で煮て下さって
画像


お土産に摘んでいる方もいましたが、私は間違って他の草を摘みそうなので、パス。
美味しかったでした。

約2時間の大休憩です。
余った時間に少々雪渓歩きを体験。
山頂方面は生憎ガスが掛かっていました。
が、梅花皮小屋らしきものは見えました。
画像

画像


門内方面。
肉眼では門内小屋らしきものは見えます。
画像


班ごとの記念写真(齋藤リーダー、山本サブリーダーお世話になりました)
画像


雪渓付近で咲いていた花
此処ではサンカヨウはまだ花が咲いていました。
画像

画像


画像


画像


10:50下山開始です。
こうした徒渉の際に、石と石の間をヒョイと渡って行くのが滑るので要注意です、私には!
画像


温見平から帰路は「けもの歩道」を通りました。
ブナの木、ナラの木、池あり、自然がそのまま残っているエリアで、この辺を散策するだけでも良いですね。
小国町ではこのエリアを「森林セラピー」と称して様々なプランはあるようです。紅葉も綺麗だそうですので、晩秋の飯豊を見上げながら、この森の散策も良いなぁと思いました。

池の脇のブナの木の枝に、モリアオガエルの卵があり、孵化して、池に落ちるのだそうです。
画像


この森、エリアにはそれぞれ名前は付けられていて「観音平」の名前の由来となったナラの木。この捩れ!!
画像


飯豊というと険しい山容で、キツイ登りを想像しますが、麓エリアにはこうした自然の真っ只中で楽しむ方法もあるのですね。
今年は飯豊の裾野をウロウロしています。
何年振りに、飯豊の本山詣出もしたいなぁ〜〜〜

小国町山岳会の皆様、お世話になりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日の朝会ってびっくりしてたね。昨日は今秋のトレッキングの下見に行ったのさ。石転び、懐かしいな。
赤鬼
2009/07/13 06:23
赤鬼様
おはようございます。
私もビックリしました(笑)
散歩の途中だったのですね。
昨日は久しぶりの会山行参加、輝様相方様の山行でした。
私は、とても石転びの雪渓は登れないので、せめて、出合まで行けて幸せでした。
昨日は小雨ながら、ハクサンコザクラの群生を堪能してきました。
noritan
2009/07/13 07:05
今晩は!
同じ日に同じところを歩きましたね。
5:30出発となっていましたので、混雑を避け、自分は30分早く出立しました。
結局逢えずじまいでしたね。
山開きの行事、なかなか楽しそうです。
飯豊朝日連峰の登山者情報にもnoritanの姿がいっぱい写っていました。
お疲れ様でした。 
甘納豆
2009/07/14 20:45
楽しい山開きでしたね。11日は、川入の 山開きに参加してきました。飯豊りんどうのバッジもらいました。剣ガ峰でけが人あり、ヘリコプターが飛んできました。下山はいつもより慎重に足をはこんで降りてきました。またお会いしましょうネ!
ダイエット兎
2009/07/14 23:38
甘納豆様
本当に慌て物で、「写真撮るから〜〜」との掛け声で端っこに納まって写り、終わってみればよその班でした(笑)なので、2班にも4班にも写ってしまいました。前夜の宴会の楽しかったこと!こんな楽しい、山開き前夜は初めてでした。
noritan
2009/07/14 23:47
ダイエット兎様
ようこそお越し下さいまして。
川入からの山開きも参加ですか!
山開きプロですね(笑)
又、飯豊の稜線でお逢いしましたらお声かけて下さいね。
noritan
2009/07/14 23:50
4班リーダーのLFDです。
山開きに参加いただきましてありがとうございます。
小国山岳会は山を皆さんと安全に楽しむことをモットーとしておりますので次回のイベントにも参加をしてください。
LFD
2009/07/16 22:21
LFD様
班長さん、本当にお世話になりました。
楽しかったでした。
イイデアザミは美味しかったでした。
又、参加させて頂きたいと思います。
飯豊に行きましたら、何処かでお逢いするかもしれませんね。
noritan
2009/07/17 07:24
結構楽しい思いして居るじゃん!
羨ましい。。
飯豊は難儀で近寄れません。
輝ジィ〜ジ
2009/07/17 08:26
輝様
飯豊が難儀だなんて〜〜輝様が何をおっしゃいますか!
私は楽々コース、石転沢出合までです。
しれでも石ころの渡渉の際には滑らないように手を支えてもらっている有様でした。
本当に、前夜祭ともども、楽しい山開きでした。
noritan
2009/07/17 15:01
子供の頃、春浅き時期に蒲原平野から五頭山の左奥に真っ白な頂を見せた飯豊連峰が懐かしく思い出されます。7月でもまだまだ涼しそうな雪渓があるんですね。地元開催の山開き、前夜祭から当日本番、とても暖かみのあるイベントのようで良いですね、各地で開催されるこの種山開きに一度参加したくなりました。
葦原ボーイ
2009/07/28 11:24
葦原ボーイ様
飯豊は新潟からの登山道は安易には行けないのですが、その雄姿は下越地方なら望めますね。
個人で行くにはチョット躊躇する処でも地元の山開きですと、大勢の中に混じって、安心して行けます。
今回は千葉県から大勢のグループが参加でしたよ!
是非、来年参加下さい!
noritan
2009/07/29 01:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
小国町・飯豊町合同事業 2009 飯豊連峰山開き 当日 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる