のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年もハクサンイチゲに逢いたくて

<<   作成日時 : 2009/06/10 02:36   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

画像

「今年もハクサンイチゲに逢いたくて」のタイトル通り、昨年同様、一人でノンビリと出かけるつもりでした。やはり、荷を軽くして日帰りで。
と、思っていますと、山の先輩に話していましたら、それなら一緒に行こうと、T夫妻、先輩Sさんとの4人でシュラフ担いで行ってきました。
オイオイ、待てよ!約半年以上も山を歩いていなくて、先日にようやく弥彦詣をしたばかりなのに・・・

でも、どんなに遅くても、小屋に着けば良いのだからと、励まされて、重い腰をあげました。

天気予報、胎内市、新発田市の予報は土曜日は曇り&晴れ、日曜日は曇りなので、まぁまぁ、大丈夫かなと楽観的です。

雨具の上だけ着ての出発です。霧雨のようです。
が、やがて、雨具は脱ぐことができました。
が、が、やはり、昨年の軽い荷の時とは違い、永いブランクもあって、根をあげ始めました。
次々にザックから重い物がF子さん、Sさんのザックへと移動し、腿は攣ってくる「私だけ下りて、奥胎内ヒュッテに泊まるワ」と弱音を吐きました。
が、先輩女史お2人は、そんな私を励まし、どんなにゆっくりでも良いから・・・
下るも地獄、登るも地獄なら登ろう!

T氏には先へ歩いて頂いていました。
永い時間をかけて、ようやく大石山。
杁差岳の小屋へという考えもあったのですが、他の登山者情報では関川村の50周年記念登山でウン十人とかが泊まっているとか、他にも大勢いるとの情報があり、それもそうですが、大石山からとても「鉾立峰」を通過する元気はなく、頼母木小屋へと向かいました。
1階には10人くらい、2Fは私達を含めて9人で楽々でした。

大石山から頼母木への稜線には咲いていました。
やはり、6月の第一週目が一番の見頃なのですね。
天上の楽園かと見まがうばかりの一面のハクサンイチゲの花畑です。

登山道脇に可憐に、ひっそりと儚げに咲いている花も心ときめきますが、自然のなせる業で、これほどまでの群生は見事です。
私は白い花が好きです。
ハクサンイチゲ、チングルマなど。キタダケソウは未だお眼にかかっていないのですが、いつか見られるのでしょうか?
が、此処なら手軽に来ることが出来ます。

途中で咲いていた
ヒメシャガ
画像


ツバメオモト
画像


カタクリ
画像


タムシバ
画像


イワウチワ
画像


シロシラネアオイ
画像


ハクサンイチゲ
納まりきれないくらいの広がりで咲いています
画像


下山途中には登ってきた会山行の面々とすれ違いでした。

下山後は奥胎内ヒュッテで遅めのランチ&お風呂。
カレーなのですが、カレーを掛けてから撮れば良かった・・・
画像


夕食はこれからは、下山後に食べたくなる定番「ソーメン」
画像


S・Tさん、F・Tさん、C・Sさん、本当にお世話になりました。

ただ、いつも思うのは奥胎内ヒュッテから足の松登山口までの乗り合いタクシーですが、6月に入れば、ハクサンイチゲを求めて、或いは探鳥の為と人が入るのですから、7月1日からと言わずに是非、6月から運行して欲しいです!
バスが運行されてから、今度はニッコウキスゲを見に来たい!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
やるじゃないか。ハクサンイチゲの群落、今でも目に浮かぶ。おいらはもっぱら日帰り登山だよ。
赤鬼
2009/06/10 06:25
おはようございます。
よく頑張りました。
ハクサンイチゲ見事です。バックに飯豊の稜線が見えていたら最高ですね。


甘納豆
2009/06/10 08:00
本当に久しぶりのお山詣でだったのですね!!
よき先輩方に見守られ、素晴らしきお花たちの歓迎を受け、お疲れ様でした。さぞ、ご満足だったのでは。
季節の花々の清楚で見事なること、「ハクサンイチゲ」「イワウチワ」「シロシラネアオイ」見てみたい。 今年は、とんとお花に巡り合いことが出来ず淋しい思いをしています。
葦原ボーイ
2009/06/10 09:15
時々会のHPやこちらのページも拝見していましたが頼母木小屋でお隣にご一緒してご本人とお会いできて嬉しかったです。翌日はエブリ差小屋で東京の山仲間(東俣から)と数年ぶりに再会、間もなくまた山仲間が到着(足の松で単独女性と会いませんでしたか?)単独4人の偶然の出会いに話がつきませんでした。また山でお会いできる日を楽しみにしています。
わこ
2009/06/10 10:07
赤鬼様
ひたすら花に逢いたくて、行きましたが、いきなりの急登、泊まり装備は応えました。
足も攣り、同行者の援助のたまものです。
noritan
2009/06/10 12:31
甘納豆様、
たしかに仰せの通り、石転びはガスっていたり、霧雨では危険かもしれませんね。
下りは細雨が降っていて、それこそ、松の根に足をとられ、スッテンコロリンでした。
初日に写真を撮っておいて正解でした。
noritan
2009/06/10 12:34
脚原ボーイ様
数ある山の花の内、5本の指に入るのが、このハクサンイチゲの群生です。
是非、一度、お出で下さいませ。
麓にヒュッテもありますので、前泊されれば、日帰りでも大丈夫です。
noritan
2009/06/10 12:36
わこ様
わ〜〜い、コメント頂きまして、感謝です。
お世話になりました。
楽しいお話でしたね!
今後もこれをご縁に我が会のHP,そして拙い我がブログをよろしくお願い致します。
又、どこかの山でお会いしましょう!
来週日曜日はわこ様方面の山へ行く予定で〜〜す。
noritan
2009/06/10 12:38
 ここ本命でしたが直前の予報の悪さに上越へ方向転換してしまいました。小屋の混雑具合は程々、ハクサンイチゲちゃん満開ですか〜!。行けば良かった(後悔先に立たず)。
 今週末は混みそうですね・・・ヒメちゃんかイチゲちゃんか・・・迷うな〜・・・。
テントミータカ
2009/06/10 20:19
テントミータカ様
「アカショービン」と仰っていましたので、もしかしたらお会いできるかな!と期待しながら、奥胎内ヒュッテからの道、望遠レンズを構えている人のお顔を覗き込んで歩いていました(笑)
ヒメちゃんも今週末会いたいと思っているのです。
noritan
2009/06/11 10:21
お疲れさんでした。
山再開!と思ったら、一気にスパートがかかっているじゃん!大変だったようだけど・・。
だけど、同行の方も辛抱強く付き合ってくれましたね。こちらはエライ!
山いろいろ
2009/06/11 15:44
本当です!
感謝、感謝です!
持つべきは「山の師匠」に「山の先輩」です。
noritan
2009/06/11 17:09
良き仲間が居て幸せじゃなぁ〜 羨ましい。
我家は何処からも声一つ掛からないよ。

大石からのハクサンイチゲは全国屈指だね!
輝ジィ〜ジ
2009/06/21 12:21
輝様
仰せの通り、私のような弱力者を引張っていって下さる山仲間が居まして、幸せです。
輝様は声を掛けられるのではなく、輝様からの声掛けを待っている方が多いのでは?
noritan
2009/06/22 06:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年もハクサンイチゲに逢いたくて のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる