のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「赤岳」断念⇒「八ヶ岳山麓」ウロウロ

<<   作成日時 : 2008/10/26 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

さて、一夜明けてみますと、雪がチラホラ・・・
だったのです。赤岳鉱泉を出発した時には。
先ずは行者小屋を目指して。
次第に雪の落ちてくる量が増えて、風も強くなってきます。
行者小屋で雨具を取り出します。
地蔵尾根を目指したのですが・・・・

昨夜、山頂の小屋で泊まった方々が下りてくるのにすれ違うのですが、皆口をそろえて、山頂はスンゴイ風ですよ!と。

単独行の男性が「自分はアイゼンも持ってないし、とても酷い風で、山頂は諦めて下ります」と忠告をしてくれます。
う〜〜〜ん!悩みます。
雪はボトボトと降ってきます。
岩の上や鉄ハシゴは登りは気をつけて通過しても下りの方が怖いし、何と言っても強風も怖いし・・・

こういう時には「単独」の諦めの良さで、事故を引き起こさない為にも、30分くらい登った時点で引き返しです。

まぁ、6年も思い続けた「八ヶ岳」ですが・・・
山は逃げないのだから、又来れます!!

アッサリ、行者小屋で暖かいココアを飲み、南沢コースを下山。
行者小屋から下るにつれ、雪も止み、何で?引き返したのかな?
と後悔するほどの感じです。

行者小屋前
画像


八ヶ岳高原ラインを進み、スパティオ「小淵沢 延命の湯」に浸かり、お蕎麦の昼食をとります。
画像


八ヶ岳高原ラインは、清泉寮までの間、午後1時まで「ロードレース」の為に通行止めでした。
入浴し、お昼を食べて、開通時間になりましたので、今回のもう一つの「大きな目的」に向かって、走ります。

途中、山梨県側からの南八ヶ岳の登山基地でもあります「天女山」へ行ってみます。
観音平から編笠〜権現とピストンしましたが、権現から三つ頭を経て、天女山へ下るコースもあるのです。

天女山は、広い駐車場があり、此処で前泊も可能ですね。
画像


三つ頭〜権現岳への道と反対には、美し森への「八ヶ岳自然歩道」があります。
私の中での「紙上登山」の計画では、真教寺尾根〜赤岳〜権現岳〜天女山のコースがあり、どちらに車を停めたら良いのかな?と思っていましたが、下山時にたくさん歩くよりは、最初に此処に車を停めて、美し森まで歩く方が良さそうです。

天女山から山頂を雲に隠した富士が見えます。
画像


この自然歩道を歩いて来た、タクシー待ちのグループがいました。

さて、今回のもう一つの「大きな目的」は「西の魔女が死んだ」のオープンセットの家の見学にありました。
この見学が無ければ、何も、急いで八ヶ岳に来ることも無かったのですが・・・
映画公開後に、此処に映画の為に建てた「おばあちゃんの家」が一般公開されていると知り、登山と併せて見学したいと思っていたのです。
既に、此処の見学&観光で訪れたという友人から「清泉寮」のジャージーミルクのソフトクリームの無料券まで頂いてきていました。

清泉寮はHPで見る通りキープ協会が経営する一大、観光&教会&宿泊施設なのですね。
観光バス、マイカーで溢れています。
画像


此処から歩いて10分くらいで魔女の家です。

清泉寮の宿泊コテージの脇を歩いていると小学生の団体がやってきます。
「何処の山に登ったのですか?」
「県界尾根を小天狗まで行こうと思ったのですが、風が強いので途中までで帰りました」
「地元の小学校ですか?」
「いいえ、東京からです」
小学5年生ということです。

さて、映画その物の「おばあちゃんの家」です。
画像


画像

この門も石ではなく、プラスチックのようなもの?で作ってあるそうです。

家の外壁は古くなっていますが、新建材で新しい家を造り、後は「美術の力」で旧い家に見せています。
家の中へ入れてくれないのは、建物の中へ入れてお金を頂くと、法律的に建物内部を「博物館」様式にしないとだめだそうで、外から覗くだけなのです。

画像

画像

画像


画像

画像


映画を観ていない人にはピンとこないかもしれませんが・・・
窓から中を覗かせて頂くと、本当に此処におばあちゃんが住んでいて、主を亡くした家、そのものって実感が迫ってきます。

原作からイメージを掘り起こし、スケッチを描き、設計図を起こし、実際に場所を選び、建てた「家」
映画の美術は女性でした。
絵コンテ、設計図も展示されていました。

来年の1月には壊してしまうそうですが・・・
何時までも此処に有って欲しい!

さて、清泉寮に戻り、評判のジャージーミルクソフトクリームは20人待ちの行列!!
帰ろうかと思っていますと、作業が早いので、あっという間の待ちでした。
確かに美味しく、モタモタした甘さが控えめで、アッサリとしています。
売店には色々な清泉寮で作られたジャムやお菓子等々が売られています。

次には、八ヶ岳自然歩道の終点「美し森」まで行きます。
時間があれば、歩けば良いのでしょうが、今回は点と点の下見で、車で移動です。
終点には「たかね荘」があり、キャンプ場、コテージがたくさん並んでいます。
が、「登山の方は下の駐車場に停めて下さい」とあり、観光バスや観光で訪れる人が停める立派な(?)駐車場の下の砂利の場所を指定しています。
登山者は一日、或いは一晩以上、長時間停めるから嫌われるのでしょうネ。
画像

「美し森」見晴台と天女山への分岐があり、天女山への道は羽衣池を通り、「真教寺尾根」へと取り付けるのでしょう。
いつか、来年、このコースで来られるでしょうか?!
期待を込めて、双方の登山口、下山口を下見できただけ「価値」ありました。
画像


富士見台から微かに富士が
画像


見晴台は歩いて10分ほどで、やはり、天女山から歩いて来た人がいました。
此処から清里駅までは歩いて1時間くらいだそうで、八ヶ岳山麓自然歩道周回も晩秋の頃には良いですね。

赤岳は結局は登頂できませんでしたが、他の目的は果たせて、まぁまぁ、仕方ないか!
で、まぁまぁ満足で長坂ICから一路新潟へ。

大積Pでラーメンを食べて外へ出ると、雨・雨・・・
新潟までバケツをひっくり返したような雨でした。

「篤姫」を観るのに間に合うように着きました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
「篤姫」を観るのに間に合うように・・・
そう言えばまだ見ていなかった。折角録画しておいたのに。今晩見ようっと。
noritanの一人旅、結構内容がありますね。十分。
甘納豆
2008/10/30 07:55
この時期の高山に軽アイゼンぐらいは必携ですね。天気予報とかは見ないで行ったのかな?
いろんなテーマをお持ちのnoritanだから、幾つも目的があって、登頂は幾つかの内の一つに過ぎないと割り切れれば問題ないですけど・・・ね。
山いろいろ
2008/10/30 08:40
今朝は、今年一番の寒い朝を迎えました。
目指すお山はすっかり真冬模様だったんですね。
残念ながら「赤岳」登頂は達せずとも、次なる目的をしっかり堪能なされ、深まり行く八ヶ岳高原山麓を散策なされ充分目的を達成なされたのでは・・・・。
お疲れ様でした。
葦原ボーイ
2008/10/30 09:39
 赤岳は残念でしたが、引き返したのは正解だったと思います。八ヶ岳の南は岩場が多くて風が強かったり雪が降っている時は侮れません。
 「西の魔女が死んだ」の「おばあちゃんの家」に行かれたんですね。羨ましい(^^♪。1月に取り壊しちゃうなんて、もったいないですね。こんな場所のこんな家に住んでみたいものです(~_~)。
遊哉
2008/10/30 10:53
甘納豆様
この界隈は、山に登らなくても、結構、秋の風情を楽しめる場所、散策場所があるので、心残りはないです。
noritan
2008/10/30 12:23
山いろいろ様
お叱りを受けるのは最もな話です。
天気予報は勿論事前チェック!しました。
土曜日は雨交じりだったので、とりあえず「赤岳鉱泉」まで行こうと。日曜日は晴れで、気温もそれ程でもなかったのですが・・・
が、麓と1500mを超える高所では違うのですね。
が、万一悪天候なら行かなきゃ良いという気持ちもありました。
noritan
2008/10/30 12:26
葦原ボーイ様
八ヶ岳は北と南とでは大違いで、北ですと、スノーハイクなど、楽しそうですね。
温泉がある小屋もありますし。
まぁ、心構えが甘かったです・・・(ーー;)
noritan
2008/10/30 12:29
遊哉様
そうなのです!この家が壊されない内に是非とも見たかったのです。
ホント、壊すなんて勿体無いと思いますが・・・
維持管理も大変でしょうね。
DVDになったら、再度、観てみたいと思っています。
noritan
2008/10/30 12:31
 ピークを踏まない山麓巡り、無理しないこういう記事、私は好きですよ〜。今時の山麓の様子も「こうなっているんだ〜」興味シンシン。
 国道沿い「赤い橋」傍の売店(富士山の眺めも良いし)でも清泉寮のソフトクリーム食べられますよ。そこのざる蕎麦も美味しいんです。再訪の折には、そちらもどうぞ。
テントミータカ
2008/10/30 18:40
テントミータカ様
ありがとうございます。
山麓が長野、山梨に跨る一大観光山域なので、こうした「山麓ウロウロ」が出来たのだと思います。
最近の様子は、チョコット垣間見ただけですが、山梨の方が観光のい力を入れているって感じですね。
今度、行った時には下山時にでも「蕎麦」食べてみます。
noritan
2008/10/31 07:20
今年 北海道で天気の悪い予備日に「北の国から」シリーズのロケで使われた箱物、見学したことを思い出しました。
それにしても一人で遠くまで良く運転する気になるなぁ?
こだわりの女だから仕方が無いか!!
まァ 何かと良く勉強しているわ。感心するよ。
八ヶ岳は何時でも連れて行ってやるよ。
輝ジィ〜ジ
2008/10/31 07:28
輝様
是非、是非、連れて行って下さいませ!!
山梨県からでなくても、長野県からでも何処からでもOKで〜〜す\(~o~)/
noritan
2008/10/31 08:53
{赤岳鉱泉の夜}のチェックを忘れているんじゃないの。
赤鬼
2008/11/01 06:33
赤鬼様
そうでした!!
申し訳ありません<m(__)m>
noritan
2008/11/01 10:20
おばあさんの家を見られたんですね。うらやましい。
中には入れないと書いてあったので読みながらがっかりしていたんですが覗くことはできたんですね、良かった!こうして写真で拝見すると物語ではなく本当のことだったのではと思えて不思議。一月に取り壊すならわたしは見ることが出来ないのね。残念なだけにnoritanさんの実行力に感謝!
urara
2008/11/01 23:42
urara様
お返事遅くなりました。
映画公開時かた一般公開の事をしり、是非行きたいと思っていました。どうせなら「山」とセットで行きたいと。それが、遅れ、遅れでようやく行ってきました。
この家を観ると、再度、DVDで観たくなります。
原作は読みましたが、この家をイメージ出きるなんて美術の方の創造力って凄いなぁ〜と思いますね。
映画も本も好きな作品でした。
noritan
2008/11/04 12:33
山頂が断念となってしまったようですが、山麓でゆっくりも楽しそうです。
また挑戦してくださいね。


赤岳鉱泉の食事、おいしそうじゃないですか?
輝ジィ〜ジさんがいつも泊まる理由がわかりましたよ。
三脚マン
2008/11/15 10:18
三脚マン様
訪問、コメントありがとうございます。
そうなのです、中途撤退で全くもって、マヌケな話です・・・トホホ・・・です。
食事が美味しいと評判のようですね。
ただ、今回の秋刀魚はねぇ〜〜
いつも、我が家の食卓にも乗っていたので・・
鍋は美味しかったでした!
noritan
2008/11/17 01:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
「赤岳」断念⇒「八ヶ岳山麓」ウロウロ のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる