のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 「赤岳鉱泉」の夜

<<   作成日時 : 2008/10/25 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2002年(H14)11月2日に美濃戸から赤岳目指して、赤岳天望荘に泊まり、翌日は吹雪の為、山頂を眼の前にして、私だけ登頂を断念して帰りました。

その未踏の思いをずっと引き摺ってきたのですが、何故に、今まで行けなかったのか?
それは、赤岳のピークを「山梨県」側から行ってみたい。
その為には鎖場もある、キレット通過もあるコースの為に、一人では怖い!
と、そんな理由で延び延びになってしまいました。

昨年は3人で計画した日が天気予報が悪くて、中止に。

そんな、こんなで、近くて、こんなにも有名な「八ヶ岳」に、ようやく、重い腰を上げました。

実は、今年の夏を向かえた頃より「今年こそは」と思いながらも、他の山行が優先、色々な事情が重なり、又もや雪の心配のあり、この時期になってしまいました。

「赤岳」ピークハント目的ならば、無理に今年にしなくても良かったのですが、実は、もう一つ年内に行きたい「或る目的」がありましたので、行きました。

八ヶ岳は「小舎がたけ」と称される程に小屋は多くあり、赤岳を目指すにしても、体調、天候、時間の関係で何処に泊まってもよさそうなものです。
が、今回の拘りの一つに「赤岳鉱泉」に泊まりたい。というのもありました。

早朝出発して、山頂を目指して、下山時に泊まるのがベストなのでしょうが・・・
が、予報では土曜よりも日曜の天気の方が良かったので、朝は7時頃に新潟西ICを出発。

諏訪南ICで下りて、美濃戸へ向かう途中に「八ヶ岳美術館」を通りましたので、其処でお昼を食べ、美術館を覗いてみました。

画像

画像


清水多嘉示の彫刻が主な展示物で、他に「信州の裂織展」が展示されていました。
周辺には「信玄棒道」へ連なる道もあるようで、案内が出ていました。
「信玄棒道」は初めて知りました。
武田信玄のいくさ道として、正に棒のように真っ直ぐに作った道とか。
上、中、下とあるようで、長野県から山梨県と繋がっているようです。

さて、美術館を見学して、紅葉の木の麓でお昼を食べて、美濃戸へ向かいます。

美濃戸バス亭がある処から奥は未舗装の悪路です。

赤岳山荘の駐車場に車を停めますと、早速管理の方が出ていらして、駐車料金の徴収です。
駐車場も真正面のスックと見えるのは阿弥陀岳だそうです。

北沢コースを歩き、赤岳鉱泉に着きました。
画像


「直ぐにお風呂に入れますか?」===旅館じゃないって(^_^;)
「お風呂は4時からになります」との返事にビールはそれまで待つとしますか!

前に来た時には此処は帰りに通過しただけでした。
私の部屋は「大広間」つまり大部屋です。
既に、横浜から来た女性二人連れが部屋でお風呂に入るのを待っていました。
部屋も、廊下も、トイレへ行く途中の部屋、廊下とアチコチのストーブが燃えていて暖かくて良いです!

さて、4時前に「お風呂どうぞ」との声に3人で一番風呂に入りました。
暖かで気持ち良い〜〜〜

さて、夕食は鶏の水炊き、秋刀魚?!
う〜〜ん、秋刀魚は嫌いではないですが、山小屋で秋刀魚はねぇ〜〜〜
画像

画像


横浜からの女性2人も明日は阿弥陀岳と赤岳を目指すとのことでした。
外へ出てみると星も輝き、それほど、寒くもありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
赤岳鉱泉の序章が始まりましたね。
それにしても、美術館とお風呂と豪華な夕食、一体これから何が始まるのだろう?
noritanは結構こだわりを持っているのですね。
それがnoritanの良いところかも知れません。
一人旅も乙なものですが、山の上はもうお化粧を始めています。気をつけて存分に楽しんで下さい。
甘納豆
2008/10/29 06:16
おはよございます。
昨日今日と、雲一つ無い爽やかな秋空の千葉ですが、新潟方面は今週ずーっと時雨模様の様ですね。
静かな秋真っ盛りの風情の中、美術館からの山登り良いですね!!!。
山歩きを始めて5年になりましたが、何故か、八ヶ岳へ行くチャンスに恵まれず、全く知りません。
来年1月13日〜14日に、北八ツの展望スノーハイクと雪遊び山行の予定がありますので、参加したいと今から楽しみにしています。
葦原ボーイ
2008/10/29 08:03
信玄が信濃直行のために造らせた軍用道路やら美術館やら鉱泉やら、盛りだくさんの山行ですね。請うご期待!次なるアップが待たるる。
赤岳鉱泉の風呂に入った事は無いなぁ。冬は風呂は休みだもんね。何人ぐらい入れる風呂でしょう?
山いろいろ
2008/10/29 14:14
でた〜山メシ秋刀魚(笑)!。
 優雅な南八ヶ岳の山旅記事が始まりましたね〜。紅葉に負けない真っ赤な懐具合の私は、コチラで、ゆっくり楽しませてもらいますね。
 赤岳鉱泉のお風呂、どんなのかな〜??。
テントミータカ
2008/10/29 17:47
甘納豆様
葦原ボーイ様
山いろいろ様
テントミータカ様
皆様コメントありがとうございます。
導入部だけ早々アップしまして期待を持たせまして、次の記事が恥ずかしくなります。
実は・・・単なる観光になってしまったのです。
一夜明けての雪と強風で途中撤退の「ザマ」でした。
赤岳鉱泉のお風呂は、6,7人は楽に入られる大きさです。
noritan
2008/10/30 05:25
昨年、この時期に八に行ったけど、既にアイゼン、ピッケルの世界だったよ。おいらが行った時は、凄い良い天気だったけどね。残念でした。
赤鬼
2008/10/30 06:36
秋刀魚だったか!
あそこの料理は小屋にしては結構旨い物出すのだけどねぇ〜
2回のチロリアンベッドの部屋見学したかな?
柳沢さんと話したのかな?
輝ジィ〜ジ
2008/10/31 07:17
赤鬼様
美濃戸からのコースはついつい気楽な気持ちで行くのですが、北アルプスの「笠ケ岳」の会山行の時も10月10日前後で、紅葉が一夜にして真っ白になりましたからね〜〜天気が良いからと言ってあなどれなしですね。
雪も怖さがありますが強風が怖かったでした。
少し下りれば何と言うことないのに・・・
又、来年、日の長い頃に再チャレンジ、登頂です。
noritan
2008/11/01 10:14
輝様
中は綺麗で、ストーブが随所に点いていて暖かでした。
風呂も良いし!
2階のチロリアンベッド???
見ませんでした。
そう、立て込んでいた訳にもないのですが・・・
柳沢さん?お話しませんでした。
横浜から来ていた女性2人連れは、此処が好きでよく来ると話していましたが、献立はチョット・・・落ちましたねぇ〜〜とチラと話していましたが。
夜が秋刀魚で、朝は鯖の塩焼きで、魚が続きました。
鳥鍋は美味しかったでした。
ワインも。ハーフ呑みました!
noritan
2008/11/01 10:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
「赤岳鉱泉」の夜 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる