のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 親不知観光ホテル〜自宅へ

<<   作成日時 : 2008/08/17 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

ホテルでの朝食です。
画像


めぎすを焼いたもの
画像


これが美味しくて、帰りには「マリンドーム能生」で買って帰りました。

朝食後はW・ウェストン像まで散歩です。
ホテルのすぐ後ろにあります。
5月下旬には「海のウェストン祭」が開催されているそうです。
画像


天下の険 親不知
画像


帰路は「マリンドーム能生」で魚を買って、後は一路自宅へ。

事故なく、バテもせずにともかく3日間、歩き通せました。
先輩、山仲間諸氏に本当に感謝です。皆様、ありがとうございました!!

今回、3度目、2度目の方々がいました。が、私は二度とは行けないと思います。
が、先にも書きましたように「朝日岳」周辺には、又行きたいとは思います。

とかく、中高年の団体ばかりが目立つ山ですが、今回の縦走では、若い人たちが多かったですね。
この縦走路を開かれた「小野 健氏」には、本当に頭が下がります。

今日で、お盆休暇も終わり、自宅へ帰ってからは泥だらけの服、雨具等々の洗濯でした。
手で揉みながら・・・思い出し・・・泥も汗も無事落ちてくれました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れさんでした。やはり泊まったのね。
すっかり観光気分じゃないですか。(笑い)
でも、なかなか行けないコースにチャレンジできた事は大きな収穫ですね。どこにでも登ってしまう根性に脱帽です。
負けてられないから、来年あたり歩いてみようかなぁ。また、行きたいストックが増えてしまった!(^^ゞ
山いろいろ
2008/08/21 12:25
山いろいろ様毎日コメントありがとう!(笑)山って、ピークを目指す山も勿論たくさんありますが、歩き通すことが「目的」の山歩きもあるのだと最近思います。谷川連峰の縦走なんかもそう思いました。なかなか「縦走」が出来ないのが、私なのですが・・・会山行ですと、健脚コース(Bクラス)は皆さん、歩きが早くて、ゆっくり写真撮ったりも遠慮しなければならず、こうしてわがままが出来る「仲間」での山行(今回は我が弟にも感謝です)はありがたいですね。一番辛かったのは、最終日でした。下りだから楽だろう?と思われがちですが、やはり、疲れているし、栂海山荘では夜半、トタンに当る雨の音で熟睡が出来なかったし(朝日小屋では爆睡)小さなアップダウンが以外と応えるし、坂田峠からは雨の中、泥濘で滑りやすかったし・・・でもみんな良い思い出です。是非、来年どうぞ行かれて下さい!
noritan
2008/08/22 05:15
おはようございます。
一夜明けた感慨は一入だったことでしょう。
ホテルの朝食が、一際おいしそうに見えます。
本来、私も今年の候補に入れているのですが、行きたい山が沢山あってまだ実現していません。
今年ダメなら来年といつか歩いてみたいと思います。
その時にはこのレポが参考になることでしょう。
お疲れ様でした。
甘納豆
2008/08/22 08:37
おはようございます。
今年の夏山は、最高に達成感溢れる山旅をお過ごしだった事でしょう。 羨ましい限りです!!!。
先日の、単独での「谷川連峰馬蹄形縦走」完登に引き続き、「朝日岳〜栂海新道」で日本海は親不知まで大縦走、体力・気力が充実してないと、とても歩けないのでは・・・・・。

4日間にわたる、素晴らしい山行記と美しい写真を楽しく拝見させて頂きました、 有難うございました。
葦原ボーイ
2008/08/22 09:34
甘納豆様
毎日コメントありがとうございます。
最後にホテルでの「乾杯」を馬の鼻先の人参よろしく、お念仏のように唱えて歩いていました。
やっぱ、最後の楽しみが無いととね〜〜
今夏一番の贅沢山行でした。
noritan
2008/08/23 18:01
葦原ボーイ様
コメントありがとうございます。
ピークを目指す山、岩場を楽しむ山、景色を楽しむ山・・・と色々ありまずが、歩き通すことが目的の山を最近見直しています。天候がいまいちでしたので、写真は少なかったのですが・・・
累積標高差は3000mとも言われている僅かなアップダウンの繰り返しですね。体力は劣るのですが、気力はまだ残ってました(^_^;)
noritan
2008/08/23 18:06
親知らず 子はこの浦の波まくら 越路の磯の泡と消えゆく
ご苦労さんでした。
輝ジィ〜ジ
2008/08/24 21:12
輝様
毎日コメントありがとうございました。
ゆかりさん(今度は間違わない)には三度目、又来ます!と言ってきました。
この小屋に連泊するのが来年の夢で〜す。
no
2008/08/25 05:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
親不知観光ホテル〜自宅へ のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる