のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 「失恋休暇」取りますか

<<   作成日時 : 2008/07/16 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

NHK「クローズアップ現代」は19時からのニュースの後番組なので、ニュースを観た延長で観ることが多いですが、漠然と観ていたり、本に眼を落としながら観ていたり・・・で、その時興味のあるテーマだと真剣に観ます。

娘から、今夜の番組に自分の会社が放送されるので観てネ。
とメールが来たので観ました。

今夜のテーマは「失恋休暇取りますか〜変わる企業の福利厚生〜

かつては福利厚生が充実しているのは大企業と相場が決まっていました。
会社所有の山荘や別荘などなど・・・

が最近の「福利厚生」は様代わりしていて、その会社に見合った独自の「福利厚生」で社員の継続勤務とやる気を起こしているというのです。

「失恋休暇」は働く女性が多い職場でした。
それも立ち直りは年代によって異なるので、20代より30代では取れる休暇日数が増えていくのだそうです。
正々堂々と「失恋」を公表して休暇を取り、ミニ旅でもして心機一転して、又仕事に精を出してもらいたいと言うところでしょうか?
「あなたの飼っている大切なペットへ手当てを差上げます」
これも寂しい一人暮らしを補助している(一人暮らしとは限らないですね)「家族同然」のペットが認められたようで嬉しい気持ちを仕事に生かして欲しいと言う狙いでしょうか?

コンピュータソフト会社Sでは、成果主義の導入で、優秀な社員が独立してしまう一方で残った社員の意欲が減退し、生産性が落ちてしまったという反省がある。途絶えていた「部活動」を若い社員が敬遠しない形で復活させる企業も。新しい福利厚生に取り組む企業の思惑と、働く側の意識変化に迫る。と番組紹介記事にあるように様々な部活動に助成をしている様子が映されていました。

「福利厚生費」、我社では削りこそすれ、独自に増やすことなど全くありません。
これは経営者の「社員」に対しての考え方が異なるからなのです。
優秀でない社員を雇っているのだから、社員は成績を挙げることに全力を尽くすべきである>多分、経営者の考え方はそのようなものと思われます。

少々愚痴でした・・・

あんかけご飯+カボチャ+冷奴ニラ汁かけ
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この番組、見ました。
いろんな休暇を作って、ずいぶん社員を甘やかしているなぁ、と思ったのも事実ですが、自分の物差しで考えてはいけない、そんな時代環境なんだからと思い直してもいました。
背景には、世の中全体が甘やかしの環境にある現実もあるしね。労働環境も大きく変化しているしね。
お嬢さんの会社のシステムは、現役時代の会社で使っていました。なかなか先進的なシステムだと思いましたが、自分達は使いこなせていなかったなぁ。
山いろいろ
2008/07/20 16:51
山いろいろ様
社員甘やかしともとれる「福利」が持続されるものであってくれればいいですが・・
その場凌ぎに思いつきっぽいとねぇ〜〜??ですね。
Sボウスは導入されているとおっしゃっていましたね。
私はこの手の大きな社内ソフトは知りません(ーー;)
noritan
2008/07/22 07:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
「失恋休暇」取りますか のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる