のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「深い河」&「『深い河』創作日記」

<<   作成日時 : 2008/06/18 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

今月の「読書会」の課題図書が遠藤周作「深い河」なので、何年振りかで再読しました。
画像
画像


遠藤周作を読んだのは本当に久しぶりでした。
それほど熱心な読者ではありませんでしたが、もっと若い頃にはキリスト教にも並々ならぬ関心を抱いていたので、「沈黙」「深い河」を始めとして4冊ほどは読んだような気がします。

が、今課題図書に選定されていなければ、再び手にすることはなかった作家でした。

「深い河」は映画化もされ、奥田瑛二、秋吉久美子が原作のイメージに近くてガンジス河での沐浴も原作のイメージを損なうことはなかったように記憶しています。

『深い河』創作日記を今回を併せて読んでみました。
70歳に近い年齢で書き下ろしで書き綴っている日常が日記風に書かれている創作日記です。
「作家の日記はたとえ、公開されずとも、こっそり発見されようが、公開されることを意識しないで書いていることはあり得ない」と生前言われていたとかで、この創作日記は公開されました。

其処には、主人公「大津」を始め、インドへ旅した「塚田」「磯部」「沼田」そして「美津子」がそれぞれ「自分の神」と対峙する過程が作者の筆の重さと共に書き綴られています。

今回、この創作日記を読んだことで、尚一層の作者の意図が自分にも近づいた感じがします。
最後のまとめ「宗教の根本にあるもの」では【宗教は思想にあらず】【目に見えない力】【宗教は環境によって左右される】【いわれなき宗教対立】【宗教的多元主義】【無宗教と宗教への無関心】と項目ごとに色々な宗教は対立にあらず、言語が異なるように、生まれついた環境によって触れる”神”が異なるのだと平易な言葉で、分かりやすく書かれています。
祈る”神”は、本当はキリストも仏陀もヒンズーも根底では同じなのだと。

今回は、私は発表者ではないので、幾分気が楽です。
どのように他の方々が遠藤周作、「深い河」を読み解いて下さるのか?
楽しみであります。

18日
鴨肉ローストとアスパラパスタ・中華風冷奴
画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
三浦しをん『まほろ駅前便利軒』のコメントありがとうございました。
遠藤周作は私も『沈黙』以来キリスト教関連の著作はほとんど読みました。そのころは読者感想を書く習慣がなかったものですから記録はしておりませんで、この記事を拝見し、再読してみようと思います。読書会があってうらやましいですね。
よっちゃん
2008/07/11 23:25
よっちゃん様
いつも拝読させて頂いておりますが、難しい本もありますのでなかなかコメントも出来ずにおります。
キリスト教関連本はそうは読めないでおりますが興味だけはあります。「薔薇の名前」は映画でだけ観ました(DVDだったでしょうか?)が映画も難解でした。読書会は現在5名で、こじんまりとしていて本を読んだ感想など自由に話し合っています。
その後の「お酒」の席が楽しみなのです、実は!
noritan
2008/07/12 08:15
流石埜魚水です、初めまして。今回、熊井啓監督の「深い河」をもう一見ました。私も本好きなので勿論、遠藤周作の原作も読みましたよ…。でもまだ印度には行った事がありません。

「深い河」はまだ DVDがリリースされていませんので、もう一度この作品を見たいとあちこち探して、漸くツタヤの棚でVHSを1本見つけました。

早速にパソコンへ映像を録画・保存しました。ブロクに添付する写真は、一眼レフのデジカメで撮って、トリミングしました。まあまあーの出来映えかな…。

8/15の終戦記念日に、私はテレビで「黒い雨」が放映されるとばかり思っていましたが、予想に反してクリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」が放映されていました。がっくりです。

その時から、新しく封切られる映画を次々に紹介するのではなくて、邦画、特に私にとっての忘れられない邦画を頻繁に紹介しなくてはなー、と痛感しました。

新しく封切られる映画を次々に紹介するのではなくて、邦画、特に私にとっての忘れられない邦画を頻繁に紹介しなくてはなー、と痛感しました。

是非とも一度私のブログを覗いて下さい。同じ映画に共感したならば、時々情報交感しましょう。そして読者になって下さい。
コメントいただいたならば、必ず返事を書きます。
流石埜魚水
2009/08/22 08:16
流石埜魚水様
ようこそ、拙ブログへの訪問感謝致します。
遠藤周作氏はコミカルな作品をも書かれる一方で宗教に根ざした深い信仰の作品をも書かれていて、好きな作家です。
「癒しの短歌」のブログ、拝読させて頂きました。
短歌や俳句は書きたいとは思いながら、思うと、実践とは大違いで、なかなか書けないのが現実であります。
今後ともよろしく相互交流お願い致します。
これから山に出かけます。
noritan
2009/08/22 12:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
「深い河」&「『深い河』創作日記」 のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる