のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 長野の里山案内

<<   作成日時 : 2008/04/19 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

いつものように「開店休業」状態の第3土曜日でした。

電話もかかって来ず、暇な日は、急ぎの仕事も無く・・・
ボンヤリと(外見は仕事して?)色々な事を考えてしまいます。

「小人閑居して不善を為す」という言葉を漠然を思い浮かべながら・・・

が何故か気になって調べてみると、こうした中国の出典の言葉は間違った風に解釈されていることが多く、この引用も正しく異なって理解されているようなのでした。

「小人」と「君子」に関しては以前に「剽窃」の話がありましたが・・・

「凡人凡夫は暇だとろくなことをしない、だから暇など無いように精進して働きなさい」
ではないのです。
「閑居」は「闍潤vであり、「中身のくだらない人間は一人でいると(人が見てないと)悪いことをする」
その前後をも併せて読まねば本来の意味は通じ難いのでしょう。

そんな少々鬱々とした会社から帰宅すると、その鬱を跳ね除けるような本が2冊届いていました。
画像

長野市の丸山晴弘氏からで「長野県 日帰りの山」 中信・南信編と北信・東信編の2冊です。
書かれた人は伊部高夫氏。丸山氏の山仲間だそうです。

とかく里山はガイドブックには載っていないことが多く、地元に人間でないと登山口までのアクセス等も分かり難い場合が多いのです。

この本は登山口までの交通アクセス、各コース紹介がとても詳しく丁寧に書かれています。

よしよし!長野の里山に行けるぞ!!
と、チョット嬉しくなった次第です。

お隣から頂いた蕗の天ぷら。
カツオのづけ丼風。油揚げのネギ味噌挟み焼き・キューリのビール漬(初めてやってみました)
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます。
長野の里山、霧訪以外では、小川村の虫倉山・茅野市の守屋山を私はお奨めします。多分その本にも載っていると思います。
インレッド
2008/04/21 09:06
インレッド様
「虫倉山」「守屋山」両山共、しっかり名前は頭にインプットされていた山でした。
これらの本を知る前に「信州百名山」にもしっかり記述されている山ですので。
新潟から十分日帰りは可能だし、私の足でも大丈夫なファミリー登山の山ですし・・・
今後行きたい山の候補の内の2座です。
noritan
2008/04/22 00:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
長野の里山案内 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる