のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 消えたおでん・・・

<<   作成日時 : 2008/02/06 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

今日は会社に6時までの居残りだし(日直と称して、順番に。鍵掛けや戸締り等の当番で、6時まで在社。実際はその後も男性社員は居残っている。)その後に図書館へ寄りたかったので、前日、かなり深夜近くに、おでんを仕込んで、煮てきたのです。
大根、里芋、人参などは面取りし(と言ってもピューラーで簡単に)結び昆布、牛蒡巻き、茹で卵等々、二日は十分に食べられるだけ、大きな鍋に煮込んできました。

が・・・・

夕方、母から電話が・・・
その日は母は病院への診察日で遅めのお昼におでんを温めて食べようとしたところが・・・
火を付けたら電話がかかり、そのまま弱火に付けたおでんを忘れて・・・
どういう訳か?母は若い頃から「鼻」が効かない。
つまり、焦げてきても気づかないのです。
で、気づいた時には大鍋のおでんは見事「炭化」状態。

又か!!
こんなことは何度もあったのです。
でも、それは大抵は残り物の暖めが多かったのですが・・・
まだ、作っただけで一口も食べていない大量のおでんが・・・

母からの電話を聞いていた会社の人曰く、ガスの元栓を閉めてくれば・・・
とか、お母さんが食べるだけ小鍋に分けてくれば・・・
とか、色々なアドバイスをしてくれました。

私にすれば、そのおでんは夕食のおかずなので、昼に母が食べるということが「想定外」でした。
沢山あるのだから、チョットお昼につまんでも良いだろうという考えには及びませんでした。

他におかずを買う「元気」も「時間」も無いのでありあわせの具材で塩ラーメンと牛蒡の旨煮、サバ缶

何もするな!とばかりも言えず、かといって火の問題なので心配!!

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
火の始末が心配だねえ。大変だろうけどしょうがない。
お昼を用意してやるしかないか。
赤鬼
2008/02/10 18:26
火事が起きそうになったことも・・・
そこで、決心しました。
小鍋に分けてくるということに。
元栓を閉めるのはチョット、可哀相・・・
ガスを使いたい時もあるかもしれないので。
noritan
2008/02/10 21:36
他人事で悪いけど何かと大変だね!
でも明日はわが身 我家でも起こりえる!?
輝ジィ〜ジ
2008/02/11 17:30
同じような事、経験あります。
業務中に心配で消防局へ電話をしてたり。
いずれ、わが身と思うと何も言えず。
まぁ、何とかなるさ!!
いめか
2008/02/11 21:14
輝様
会社の人曰く、過熱防止用のガステーブルもあるとか・・・
でも買い換えるお金はないので、小鍋に分けてくることを考えます。
赤岳の展望荘で一酸化中毒がありましたね。
ガスを扱うのは命に係るから恐いです。
noritan
2008/02/12 01:45
いめか様
出先から消防署に電話すると調べて確認してくれるそうですね。
いつまでもクヨクヨしても仕方ない!
今夜、再度おでん仕込み中で〜〜す。
今度こそ食べられますように!
noritan
2008/02/12 01:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
消えたおでん・・・ のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる