のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 「山に生きる」神奈川県から届いた図書

<<   作成日時 : 2008/02/04 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

ブログ「気楽に山歩き」様の記事鍋割山荘の草野氏の講演をまとめた図書のことを知り、是非読んでみたくなりました。
市の図書館へ検索しますと、当然(?)ながら在庫なし。
でも今は、本当に便利で全国、国会図書館まで網羅して検索して「相互貸借」で借りることが出来るのです。で、待ちました。
神奈川県川崎図書館から本は私の住む新潟の西区の図書館へと届けられました。
丹沢は、新潟からは遠いですが、図書もはるばると走ってきました。
画像


山仲間から「鍋割山荘」草野氏のお話を聴くにつれ、行ってみたい〜〜とばかりに行ったのが、2004年3月6日〜7日でした。
その夜は寒く、深々と冷え込む山荘前からは月と富士が見えました。

何となく、神奈川県の地元のお生まれの方だとばかり思っておりました。
が産まれは九州の方でした。
又、残雪期、或いは初夏に丹沢、草野氏に会いに行きたいものです。

家庭内在庫キャベツ、ニンジン、ハム等でスープ風に。
キューリと塩メカブ。
イワシの蒲焼(既製品)
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
鍋焼きうどんを食ってみたい。量がたっぷりだそうで。おいらも一度会ってみたいなあ。
赤鬼
2008/02/06 20:21
 娘たちが小学生のころに、何度か鍋割山に登って山荘にも泊まったことがあります。草野さんのボッカ姿も見たことがありますが、あの量はすごかったです。山荘も自分で材料を持ち上げて造ったんだそうです。
 普段は静かな方ですが、大した人だと思います。山荘の天ぷらが美味しかったですよ(^^♪。
 また行きたくなりました(~_~)。
遊哉
2008/02/07 00:46
あたしゃ、夜外で星座の名前を聞いたyo。
鍋は広島産の牡蠣鍋だった。デザートの果物が沢山付いた。てんぷらも出たなァ〜
翌日は断熱袋を買ってサインを貰った。
輝ジィ〜ジ
2008/02/07 07:31
すごい!はるばる川崎から新潟まで旅をしたんですね(笑)
おそらく同じものを手にされたのではないかと感慨深いものがありますが、それにしても驚きました。
早朝、草野さんの生ボッカを拝見したこともありますが、ビックリさせられます。迫力ありました。
鍋焼きうどんと富士山が名物?ですから是非お楽しみくださいね。
sanae
2008/02/07 12:29
赤鬼様
赤鬼様はとうに巨大鍋焼きうどんを食べられたのだと思っていました。
最近は少し量を減らされたとか聞きましたが・・・
丹沢のメインの縦走路からは外れていますが、是非一度、どうぞ!!
noritan
2008/02/07 12:35
遊哉様 コメント、訪問感謝いたします。
神奈川県ですと(でしょうか?)丹沢界隈はよく行かれるのでしょうね。羨ましいです。
私はその夜は運転で疲れ、歩き疲れて、さっぱり食が進みませんでした。申し訳ありませんがと言い、残してしまいました。
本を読んでみて、再度、草野氏にお会いしたくなりますね。
いくつまでも頑張って欲しいものですね。
noritan
2008/02/07 12:40
輝様
輝様の時は鍋焼きうどんではなくて、牡蠣鍋ですか!
それも良いですね〜〜
天ぷらもダイナミックに付くのですものね。
noritan
2008/02/07 12:42
sanae様
本当に、感謝です。
sanae様のブログを拝見させて頂いたのが縁でした。
ネットは色々な情報を豊に受けることが出来ますね。
一時は無いかなぁ〜〜と思っていましたが図書館システム「相互貸借」って便利ですね。
読んだら返さなきゃないのが・・・
当たり前ですが。手元を離れるのがチョイ寂しいですね。
noritan
2008/02/07 12:45
勉強不足で恥ずかしくて出て来れませんでしたが
厚顔でコメントさせて下さい。
やはり、山の本を読んで知識を得ないと
登山はできませんね。
図書館へいこおっと!!
いめか
2008/02/07 21:43
いめか様
何をおっしゃいます?
私など、人様の知識を垣間見て、ようやっと自分に取り入れているところです。
ただ、草野氏はお話は聴いていて、実際に小屋に泊まった時にはそんなに凄い人なのに、それを少しも偉ぶらないところがまた凄い!って思って、本を読んで、すっかりファンになりました。
本当に山が好きな人なのだと思わせられます。
新潟市の図書館で検索、予約すると、はるばる神奈川県の川崎図書館から相互借入で借りられますので、是非どうぞ!!
noritan
2008/02/08 12:01
 先回は斜め読みで、ふ〜ん程度の印象でしたが、改めて読み返し、sanaeさんのレポと合わせて見ると、今年の年末の丹沢はこの山、この山荘に泊ろうと思いました。
そこから塔ノ岳、丹沢山経由で宮ケ瀬湖へ縦走するのも面白そうですね。年末の楽しみが増えました。
ありがとうございます。
甘納豆
2008/02/08 12:48
甘納豆様
年末に泊まるっていうのはグッドアイデアですね。
鍋割山荘から年2回、ダイヤモンド富士の夕日が見えるそうですね。
2月はもう行けないので、次に10月頃にでも行きたいなぁと思いますが・・・
noritan
2008/02/09 11:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
「山に生きる」神奈川県から届いた図書 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる