のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 「スウィーニー・トッド」

<<   作成日時 : 2008/01/30 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ジョニー・デップ主演、ティム・バートン監督作品「スウィーニー・トッド」を観ました。

画像


私がジョニー・デップを見直し、すっかり虜になったのは「チャーリーとチョコレート工場」を観て以来なのですが、その作品もティム・バートン監督でした。
ジョニー・デップの魅力は作品ごとに全く異なるキャラクターを演じ分けられるということと、勿論セクシーな顔、それにくわえて、私がもっとも好きである「声」が今回は初のミュージカル仕立ということで歌声も聴かれました。

俳優は男優でも女優でも、私の場合は「声」が好き嫌いの重要なポイントです。
ラジオ等で、顔を見る前から声を聞き、絶対に好きにはならないタイプ。と決めてかかることがあります。
電話でだけお話している仕事関係の取引先の人で、とても、自分好みの声の人だなぁ〜
と思っていて、実際にご本人が会社に見えた時には、けっして、所謂「良い顔」ではないのですが、やはり!と自分の声の選定に間違いがないと思うのです。

さて、この作品はもうずっと以前から何度も、ミュージカルでブロードウェイ等で上演されている作品だそうです。
昨年の1月には日本版も宮本亜門さん演出、市村正親さん主演で上演されたようです。

一緒に復讐をするパイ屋の女役ヘレナ・ボナム=カーターはティム・バートン監督とは結婚はしていないが、子供もいる”事実婚”とか。

ロンドンの暗い雰囲気、色の少ない全場面で血のドロドロした赤だけが印象的で凄惨な感じがよく出ています。
映画といえども、舞台を観ているような出来上がりだと思えました。

本日のワーナー・マイカルはレディス・デーだというのに、20:40から始まる劇場はカラカラで、観客数は僅か4名。
地域性もあるのか?
ニ館で上映されている所為でしょうか?

鮭の味噌漬け、白菜と油揚げの煮びたし。大根の柚子醤油漬け
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
友人に誘われて、さあ行ってみようということになったのですが、ネットで情報収集したらかなり血がどぎつい映画と知り寸前で断念しました。
>血のドロドロした赤だけが印象的で凄惨な感じがよく出ています。
noritanさんの感想はあくまでクールですね。
urara
2008/01/31 22:01
urara様 コメントありがとうございます。
>血がどぎつい!
とは言え、オカルト的とか所謂凄惨さだけを売にした感じではなく、何と言ったらいいのでしょうか?
ミュージカル風でもありますので、けっして怖さだけが際立っているわけでもありません(^。^)
何と言ってもジョニー・デップが素敵です。
彼が好きなら是非観て下さい。
noritan
2008/02/01 09:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
「スウィーニー・トッド」 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる