のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 飯豊連峰展望台「樽口峠」

<<   作成日時 : 2007/03/04 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

今年初めての会山行に参加してきました。
飯豊連峰の展望台としてその名が知られています「樽口峠」へのスノートレッキングです。

樽口峠は無雪期ですと、樽口から小玉川へと抜けられる峠道で周辺は飯豊展望台、観光わらび園等があります。

R113から小国町へ入り、飯豊温泉への道から途中で分かれます。

車は公民館の建物前に駐車をお願いしてあり、其処に駐車します。
マイカー4台での分乗です。

少し道路を戻り、いきなり尾根への道へ取り付き、いよいよ雪道への登りです。
画像


私は、何と!本当に何年振りのワカン歩行でした。

1時間ほどで峠ピークの展望台に着きます。
画像

案内図を見ながら左端から「あれが、杁差岳.だ」とか、尖っておるのが「鍋倉山?」とか。あの抉れているのが「石転沢だね」とか右端に見えるピークが「飯豊本山」とかそれぞれ展望を楽しみました。
飯豊は見る山であります。でも、登る山でもあり、皆さん心の中で=自分も当然でありますが、「今年も飯豊に行けるかな?」と自問自答していたのではないでしょうか!?

画像


画像


画像


早めの昼食はそれぞれの持ち寄りのおかずが廻り、本当に沢山の色々な美味しい手作りのおかずを頂きました。

下山後は、最近「日本秘湯を守る会」に最近新規加入された「泡の湯温泉 三好荘」で入浴。

内湯は二つあり、最初は源泉そのままの温い風呂へ。
鉄分の含有が多いのか、湯船周辺は赤く錆びついています。
で、其処で少々温まった後は、温度を上げ、上澄みだけの普通のお風呂へ。
一つの温泉で二通りのお湯を愉しむことが出来ます。

今冬は、さっぱり雪のある山へも行けず、里では雪が降らずでしたが、春になる頃に最後の雪歩きが出来て嬉しい一日でした。

桜が咲く頃、道路は開通した頃に又通ってみたい樽口峠でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
若い時 北海道の山も行きましたが
こちらに来てからは丹沢専門!今は 
もう登れなくなりました 残念ですが

懐かしく輪カンの山歩行を楽しませて
頂きました 嬉しい思いでした^^〜
tatukietan
2007/03/06 19:47
tatukietan様
若い頃には北海道の山へも行かれたのですか!
丹沢は新潟からは遠いのですが、色々なバリエーションがあって、好きです。
何年に一度は行きたいです。
一昨年も鍋割山荘泊まりで出かけました。
軽度な山のワカン歩行なら楽しいものです。
こけても雪の上で汚くないし。
noritan
2007/03/07 02:10
意外や、noritan様が久しぶりのワカン山行とは(笑)?。
「樽口峠」は、本当に飯豊の展望台。山桜の頃の小玉川界隈、ドライブでも美しい所ですよね。「泡の湯」は未体験なので今年の飯豊の帰りに寄ってみましょう(ワクワク)。
テントミータカ
2007/03/07 17:08
何年か前に川内山塊「白山」の近くの「神戸山(かんどやま)」のワカン山行に参加した時には遅れを取り迷惑かけたので、キツイワカン山行は無理なのです。でも今回は峠を上がるだけだと聞いたので(笑)参加させて頂いた次第です。「泡の湯」は濁っていて、ぬるい源泉と透過した熱い湯と二つあるのでどちらも入りました。いちいち服を着て移動するのが面倒ですが・・・すぐ近くなのですが。
noritan
2007/03/08 04:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
飯豊連峰展望台「樽口峠」 のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる