のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 台倉高山&帝釈山

<<   作成日時 : 2006/06/24 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

数年前から行きたい!と思っていた福島県の山2座行ってきました。
台倉高山(2,067m) 帝釈山(2,060m)

自宅5:30出発。
安全で分かりやすい道を通ることにして磐越道を会津坂下ICで下り、先日行きました志津倉山への道を進みます。R352で檜枝岐に入り、道標に従って、川俣檜枝岐林道を約14.5Km、15分未舗装の凸凹砂利道のダートな道です。
ジグザグに進みますが、すれ違いは困難です。
時間によっては大変と思います。
この林道は福島県檜枝岐から栃木県へ抜ける林道なのですが、今の処は登山口である「馬坂峠」で行き止まりです。

馬坂峠には9:30到着。山開きは11日に既に終わったのですが、今は「オサバグサ祭り」と言うことで、地元の方が駐車の案内も兼ねて、オサバグサのバッチを配っていました。

馬坂峠を基点にして「台倉高山」と「帝釈山」とのコースに分かれます。
まずは「台倉高山」へ。

登り始めるといきなり!有名な「オサバグサ」の群生が登山道の両脇に現れます。
緩やかなアップダウンを繰り返して、11:30山頂到着です。
栃木県側はボンヤリとしていましたが、真向かいには「会津駒ケ岳」が手に取るように望まれます。
画像


平ケ岳、越後駒ケ岳、燧ケ岳などが見えます。

まずは一人ビールで(*^_^*)

下山途中に、会山行の仲間の方々にすれ違いました。
そのすぐ後には、東京のAツァー会社のツァーの方々ともすれ違いました。
このAツァーは翌日の山でも一緒でした。

馬坂峠に下りてからはすぐ真向かいの登山口から「帝釈山」へ登ります。
此方は、尾瀬にありますような人数カウントをしていました。

いきなり、木で仕切られた階段の道が続きます。
木道ありで、登山道の方が、林道よりも何ぼか立派です!??
でもさすが!こちらの「オサバグサ」の群生はしばし見とれ、幻想的ですらありました。
が、虫の数の多さも「台倉高山」の比ではありませんでしたが。
画像


帝釈山には14:07着。
アップダウンも無く、ひたすら50分の登りで、馬坂峠には15:09着でした。

オサバグサの最盛期に来る事が出来て、数年来の祈願が達成されました。(チトオーバーでしょうか?!)
マタマタダートな道を砂埃を上げて走り、今夜の宿、只見町目指して走ります。

今夜の宿は民宿「やすらぎ」さんです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
きれいな景色ですね。
山にも一人でお出かけなんですか?
山に行かれる方がビールを飲まれるシーンを何時も羨ましく思い描いています。
たまらんだろうなあ〜
urara
2006/06/28 09:35
うわ〜っ、見事なオサバグサ群生ですね〜。こりゃ、来年、ぜひ、見に行かなくちゃ!!!。オサバグサの写真なら、天候は関係ないし・・・、梅雨時ならではの花ですもんね。
ブヨも多すぎると、ブヨ避けネットしか効果がありません。体質的にブヨが平気な人が羨ましい・・。
テントミータカ
2006/06/28 10:27
urara様
そうなのです。
”山”も一人が好き!
”ビール”も好き!
平地で呑むビールとは一味も二味も違いますね(*^_^*)
noritan
2006/06/28 22:19
テントミータカ様

私のバカチョンデジカメと私の腕では上手く表現し切れないのですが、鬱蒼とした木の下一面にオサバグサの白い可憐な花の群落は、見事!幻想的な感じでした。
午後も2時過ぎの馬坂峠からの道は人ももう、誰も居なくて静かでした。

来年は猿倉から田代湿原の方から、又行ってみたいと思っています。今から(@_@;)
noritan
2006/06/28 22:22
オサバグサ、凄いね。
田代湿原〜帝釈山は何年か前に行きました。
湿原まではなかなかいいけど、その先は歩き難い湿気の樹林帯で、もう行きたくない道だなぁ。
山いろいろ
2006/06/29 10:47
私は反対に田代湿原の方は知らないのです。
馬坂峠からですと、帝釈山に直登です。
階段状の道が多いのですが、オサバグサの群落に眼を見張ります。取柄はそれですネ。
noritan
2006/06/29 12:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
台倉高山&帝釈山 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる