のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 三毳山・晃石山

<<   作成日時 : 2006/04/01 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

関東陽だまりハイキングをしたくて南栃木へ出かけました。

三毳山」=関東百名山に入っているのが不思議なくらいです。
これって山???って思ってしまうほど標高が低いのですから。229m(ガイドブックには225mで載っているのですが国土地理院の地図検索では229mです)

高崎JCT〜伊勢崎ICで下り、県道39〜R50を進み東北道を越えるとすぐに左に入ると三毳山自然公園に入ります。
駐車場は広くて、下と上にあります。
歩いても僅かですが、でも子供が喜びそうな「フラワートレイン」という可愛い路面電車が走っています。

こちらは南側で、山頂を越えて、少し下りた処、木道が敷かれた斜面のカタクリの群生があります。新潟の角田で観るのよりは少々色が薄いような気がしました。

画像


カタクリ群生地を階段を下っていくとそこは東駐車場で後、アスファルト道路を歩いて(フラワートレインが走る道路)行くと其処には「シュゼンジヒガンサクラ」と書かれた”桃色”のサクラの木が満開でした。

画像


駐車場へ着くと、既に満車で広場では大勢が集っています。そこでお昼を食べて、更にR50を進みます。
大平下駅を越えると「ぶどう団地」という案内看板へ進み「大中寺」へ。
大平山〜晃石山は地元の人にとっては新潟で言えば「弥彦山」に似ているのでしょうか?
「大中寺」から関東ふれあいの道の林道を進むと大平神社(おおひら)に着きます。林道を歩かず、此処までは車でも来れて、神社下には茶店がたくさん出ていて、観光客がワンサと居ました。神社の階段を登り、ヒョットした脇から登山道が始まります。
ようやく本日の山道らしい歩きです。
やがて、大平山の山頂(富士浅間神社)と晃石山への分岐が出て、大平山の山頂は踏まずに晃石山へ向かいます。
大平山と晃石山の丁度真ん中(それぞれ1.1km)に「ぐみの木峠」があります。
峠で小さく下り、登り返して、とても標高の割りには登り甲斐のある山頂に着きました。


画像


一等三角点もあり、周辺は日光連山、真向かいに男体山その右隣に女峰山の連なりが薄っすらと見えます。

画像


晃石山の先には桜峠〜馬不入山と続きますが、先ほどのぐみの木峠へ戻り、樹林の急な下りで先ほど車を停めた大中寺の裏に着きます。
ミーハー丸出しで「関東百名山」だからガイドブックを眺めていて、是非カタクリの頃に来たいと思っていました。

やはり、岩舟町、足利市等の一般道は時間がかかり、早く伊勢崎ICから東北道へ続くといいなぁと思いますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ふーん、最近のみかもさん、この位花が咲いているんだ・・・、って、北関東の私が教わってたりして???。平日、行ってみようかな。
テントミータカ
2006/04/03 21:54
テントミータカ様
にっとっては走って歩けるような処です(笑)
まぁ、とても三毳山は山とは言えないですね。
土日は満員ですので、やはり平日がベストですね。
noritan
2006/04/04 06:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
三毳山・晃石山 のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる