テーマ:料理

【作って食べた記憶】&【海】

月曜から木曜は夕食は母と二人。 金曜の朝から月曜の夕方まで、母にはショートスティに入所してもらっているので、夕食は山に行っても行かなくても、私一人。 出来るだけ、全部、既成の惣菜ではなくて、下手でも、上手くなくても作りたいと思ってはいるのです。 確かに、退社して、買い物(毎日する訳ではありませんが)して、家に帰り、着替…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

今日は何の日?6・16

NHKのラジオで朝「今日は何の日?」というコーナーがあります。 ラジオ深夜便の愛聴者は中高年齢者が多いそうですが、この「今日は何の日?」=?マークは私が勝手に付けました=も中高年齢者にファンが多いようです。 昭和○○年○月○日に「○○が起きました」とか言う記事は、それに併せて自分の当時を思い起こせるからで、この感慨はやはり中高年…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『号泣する準備はできていた』それに『生きるのに、安心でも心配でもありません』

立春も過ぎたというのに、まだ、年末だの年初だのと言った記事で些か、恥ずかしい限りです。 が、自分の備忘録の為に。 近しい人には洩らしていたのですが(そう大げさなことではないですが・・・) 年末に「膀胱炎」に罹り、7~8年ぶりに「泌尿器科」を訪れました。 以前に罹った時は、初めての罹患で、その時に罹った医者は患者数が少なさそう…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

要支援1

母のことです。 いくつかの段階を経て、腰が曲がり、室内では4本脚ステッキ、室外では折り畳める押し車を使えば、何とか一人でスイスイ(とまではいきませんが)と歩けます。 が、問題が認知症の症状です。 火を点けたことを忘れる。 風呂の火のスイッチを入れたことを忘れる。 家族、他人の言伝を忘れる。 ゴミだしルールの変更が納得…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ブログの整理と自分振り返り

【その日の一枚】があるのだから、何でも良いので、その日の思いついた記事を載せていこうと思ってはいるのですが、なかなか、他人様のブログは閲覧しても、自分の事となると、ついつい後回しになってしまっている昨今です。 自分がこのブログを始める前に、HPで日記のページを書いていたのに、ちょっとした変更の手違いで、サイトを閉じる際に、フォルダ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

【晩ご飯の記憶】2

5月17日 娘の要望で、辛さ抜きのエビチリ 節水トマト 22日 カワハギの煮付け。ソーメン風豆腐 23日 サワラ焼き。牛肉焼き。 24日 おはぎ=私の作るおはぎの餡子は炊飯器で作ることは以前にも書きました。 夕食におはぎ?! 25日 娘が帰り久しぶりのカレー 久しぶりの母と2人夕食…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【晩ご飯の記憶】1

忙しい中で、時には手抜きで既製品の惣菜を乗せることも多いし、或いは、深夜にゴトゴトと小豆を煮たりすることもあるし、食べた物の記録はその日の自分を語る一番の媒体と言えますね。 他所のお宅ではどのような晩ご飯なのでしょうか? スーパーで並んで居る時に、自分の前の方の籠の中をチラと眺めたり・・・ こんな記事は自己記録以外の何物で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

産まれる前に(4月11日)その2

前述の公園で短時間の花見をした後、本当は此処で帰る予定でした。 が、せっかく此処まで来たのだから、と車を八枚沢登山口まで進めました。 角田も弥彦も、今年は、宣言通り(無事産まれるまでは山休止宣言)見られないかなぁ~と諦めでおりましたが、これはチャンスとばかり、行ける処までで良いからと登り始めました。 靴も登山靴ではありませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

産まれる前に(4月11日)その1

娘の旦那が先週埼玉に越したので、週末には、こちらへ来てくれるようになりました。 で、天気も良いし、妊婦さんのお相手がいるので、家事を済ませてから、午後から、出かけました。 友人お薦めのお店でランチして、桜を愛でれば良いかな! というつもりで出かけたのですが・・・ まずは、友人からイラストマップを送って頂いた、カフェへ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

産まれる前に(4月5日)

もう一ヶ月も前の記録になり、もはや旧聞に属する話になってしまいますが、忘備録の為に記しておきます。 4月4日は、娘サイドでは、松山から埼玉(仕事は東京本社への転勤)への引越しの日なのでした。 事前に準備したり、友人の手伝い等で、旦那一人で引越しです。 そんな5日には、天気も良く、気分のまぁまぁの状態なので、娘と海を眺め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「受験のシンデレラ」

気がつけば、もう4月も半ば。今朝はもう、14日です! 毎日がセカセカした時間に追われて、先月、まとめてブログ記事書いた~~ と思っていたのに、またまたサボってしまい、雑多な写真が溜まってしまっているので、自分の気持ちの記録として遡って、雑感を書き綴っていきます。 リアルタイムで記事をアップすることにします。 私は、どうい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

天使の笑顔シリーズ

図書館の貸出しDVDを娘と一緒に。 ベビーマッサージ 「天使の笑顔シリーズ DVD 3枚組」 娘の体調の良い夜を選んで、一緒に観ます。 本当は、私ではなく、新米パパになる夫と共に観たいのでしょうが・・・ 妻は出産で里帰り。夫は転勤、引越し(4月の第1週)準備で忙しくてしばらくは我慢の日々でしょう。 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤ちゃん用品&出産用品買出し&ランチ

娘が里帰りして平日に家に入る状態は、随分と久しぶりのことです。 学生時代以来ではないかと思えるほど。 東京へ出てからの帰省は5月の連休とか、9月の連休、年末年始が多かったので。 が、かつては、私が仕事に出かけても、母(娘にとっては祖母)とお喋りをしていたりしていたのが・・・ 最近、軽い認知症が始まりかけた祖母との昼間の時…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

娘里帰り

いよいよ、娘が出産に備えて里帰りです。 12、13日と休暇を取りました。 12日、松山から大阪へ。大阪から新潟へ。 新潟空港着15:10 実は、全く旅行には縁のない私は、新潟空港へは始めて行ったみました。 (こんなヒトもいるのです!) 途中で買物したりしたので、時間には十分に余裕を持って到着。 3階の須坂屋…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「エレジー」

娘が里帰りするとしばらくは映画にも行けないので、これがしばらくの見納め(?)と「エレジー」を観てきました。 幸いにもワーナーのポイントが貯まり、無料で。                               ↑クリックで公式サイトへ 原作「ダイング・アニマル」は映画「白いカラス」の原作「ヒューマン・スティン」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「母が重くてたまらない 墓守娘の嘆き」&「夫婦の関係を見て子は育つ」

「母が重くてたまらない 墓守娘の嘆き」は週刊ブックレビュー8月23日の特集で信田さよ子さんを迎えて取り上げられた作品です。 この時には、多分、読むと、自分にも何がしかの思い当たる節に直面して、暗~~い気持ちになり、かと言って、そうした「関係」を是正したり、生き直したりは出来ないし、出来れば、触れずにいたい。 などと思っていた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2月が逃げ、3月に

「2月は逃げる。3月去る」と言われるように、その言葉通り、私の2月も、あっという間に、私から逃げて去っていってしまった感じです。 1月から2月になった時にも同じ思いでしたが。                    ↑クリックで公式サイトへ 「チェンジリング」観ました。 1928年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「猫を抱いて象と泳ぐ」

小川洋子さんの最新作「猫を抱いて象と泳ぐ」図書館から借りました。 舞台は外国。天才チェスプレイヤーの少年の短い一生の話。 全体的には現実味はなく、お伽話のようであり、作品の大部分を占めるチェスの棋譜はチンプンカンプンで、う~~ん、どうも洋子さんの作品にしては、馴染めないかなぁ~ と少々引いた心持ちで読み終えました。 >哲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ポトスライムの舟」

芥川賞には、最近は余り期待をすることがなくなりました。 津村記久子さん、大阪の話? 又かいな~~「乳と・・・」では少々うんざりさせられたので。 が、「文藝春秋」を買い(この時期だけは買う)読みました。 が、が、です。久々に「私好み」の作者=作品に出会いました。 この作者の他の作品、次の作品も読んでみたい、と思わせら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ポテトスープが大好きな猫」

村上春樹「ポテトスープが大好きな猫」は文庫本の絵本です。 村上春樹氏がアメリカの街を散歩中に偶然眼に留まった絵本ということで、彼ならずとも、このタイトルと表紙の絵には思わず手にしたくなります。 おじいさんと一緒に舟の先に乗っている猫の顔を見れば。 テキサスの田舎町におじいさんと雌猫が暮らしています。 この猫はネズ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「チェンバロ演奏会」

小川洋子「やさしい訴え」を読んでから俄かに「チェンバロ」という楽器に興味を抱いています。 「小川洋子」ファンの同士でありますSさんからのお誘いで「八百板正己さんのチェンバロ演奏とお話の会」に行ってきました。 プロフィールにもありますように八百板氏は横浜国立大学大学院工学研究科を卒業してからチェンバロを習い、プロの演奏家になられた異色…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「レボリューショナリーロード」燃え尽きるまで

         レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで 「レボリューショナリー・ロード」を観てきました。 会社の同僚女性(31歳)は、「全然面白くなかった!」と憤慨していましたが。 私は面白かったでした。 これは年代の違い?! 「タイタニック」のコンビと言うことでしたが、あれから11年、ディカプリオもウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[趣味読書 昔新刊 今図書館]

第一生命保険が主催するサラリーマン川柳「100句」を眺めながら、会社の同僚と盛り上がって笑い転げてしまった~~~ タイトルの「趣味読書 昔新刊 今図書館」は、正に実感! 「iPod すぐに沸くかと 祖母が聞く」 「出来る人 出来ない俺が いるお陰」 「久しぶり ハローワークで 同窓会」「「ストレスか?」 聞かれる上司が その原…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

里芋コロッケ携えて

山仲間、というより大先輩のH氏宅で、新年会でした。 H氏とO氏の相方様、お二人の手料理がテーブル狭しと並べられて、お喋り、飲み、食べ、延々6時間に及ぶ宴席でした。 私はと言えば、越冬野菜で買置きしていた里芋がそろそろ・・・なので、里芋コロッケを。 豚肉細かくして舞茸と玉ねぎはフードプロセッサーに掛けて。 キューリ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

食べ物の記憶

風邪がなかなかすっきりとしない。周囲に迷惑をかけてもいけないし、インフルエンザだったらとか、考えて、3日は休暇を取り、内科へ入ってきました。 平日、午前中の内科は、やはり高齢者が多いです。 喉と胸部だけ診て「普通の風邪です」との診断で飲み薬2種類を5日分貰って帰りました。 が、母に夕食を任せる訳にもいかず、ウンウンと唸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「青い鳥」&「誰も守ってくれない」

友人から「青い鳥」面白かったヨ、と聞き、観たくなったのですが、「ユナイテッドシネマ」限定上映。おまけに月曜日からは昼の上映のみ。 で、日曜日の19時からの回に行ってきました。幸い、無料の券があったので。 で、その後、20分後には「誰も守ってくれない」があり、映画のハシゴをしました。                ↑クリック…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

絶え間ない日常と或る宣言

どうしても冬場は、雪山やワカン歩行、ラッセルなど苦手なので、ついつい足が山からは遠ざかります。 こんな季節には長野の里山や山梨の里山へ出向き、晴れた、深々と冷え込む中で富士やアルプスの遠望などがしたいところですが・・・ この日記に何度も書いていますように、今、娘が妊娠中期(27週)で、唾液過多や嘔吐等の悪阻と戦っています。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

「休暇」

吉村 昭の短編集「蛍」収録「休暇」の映画化を知ったのはかなり前で文庫本の原作は読み終えていました。 11日、午後からは山の会の用があったので、午前中にシネ・ウィンドへ行ってきました。 万代の駐車場は、相変わらず手間取り、入ったのはもう暗くなっていて本編が始まる正に1分前でした。 原作を読んだ後に、実は、似通った丸山…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

夕食献立と85歳の母

松山から帰った日は母の誕生日です。 娘や息子、孫の誕生日は「トンと」忘れてしまっていても、自分の誕生日だけはしっかりと覚えているものです。 「今日は、私の誕生日だ」と言っていました。 朝風呂入り、ビールを飲み、朝寝(昼寝)を十分にしてから、内野の駅前の寿司屋へ。 昨年の「母の日」にも行きました。こちら お任せコースで3…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「アバノの再会」

記事作成日時は12月20日です。 旧くなった記事ですが、自分の覚書の為に書きます。 今月の読書会はいつもの「公民館」を離れて、チョット贅沢な「懐石料理」のお店です。 Sさんと先日、下見(と称して、飲んだのですが)に行き、「読書会」は囲炉裏の部屋を使わして頂き、それも開店前に。 読書会終了後は懐石料理ということにな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more