テーマ:中村文則

【「去年の冬、きみと別れ」を観て読む】

「去年の冬、きみと別れ」 映画は3月11日に観て、その前に本は読んでました。 映画を観終えてくると「う~ん??」となって、 再読しました。 何故再読せねばならないと思ったかと言えば、 私の脳は記憶力の維持が非常に短いのですが、 それでも、映画と本はかなり違うんではないか! との検証をしたかったのです。 『冬きみ』の小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【悪と仮面のルール】を読む

映画の記憶が薄れない内に小説を読みました、隙間時間(通勤のバス≒30分)が主で家では1頁も開けない日も多くなりました。映画を観なくても、きっと読んでいたと思います。 大抵は、「やはり小説には映画は叶わない!」と思うのですが、今回の映画は出演者、筋運び共に原作を裏切らないものでした。彼の小説を書く土台にはドストエフスキーが重く、何層にも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【最後の命】を観る&読む

平野啓一郎、重松清と読み、次は何を、誰を読もうかなぁ~~ と思って本棚を見て、分厚い本と本の間に窮屈そうに挟まっている薄い文庫本を取り出しました。 中村文則は昨年「ドゥマゴ文学賞式」に行って来て以来かな? 「最後の命」 2007年単行本刊行  2010年文庫本第1刷発行 2015年第10冊発行 ザット読んだところで、米国、ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【Bunkamuraへ行って来ました】

10月が終り、11月に入りましたが、私にとっては、山記事を書く余裕は無く、正にいろいろな諸事に 想い悩み心が荒んでいました。 そんな殺伐とした日々の中で、正に忘れていた、というか当てにもしていなかった「棚からぼた餅」が 落ちてきました。 中村文則は私が好きな現存する作家の5人の中に入るくらい好きです。 最新刊「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「悪意の手記」  中村 文則

「悪意の手記」 中村 文則  新潮文庫 中村文則 芥川賞を受賞したお笑い芸人 又吉直樹は好きな作家で「中村 文則」を挙げていたので、 「うっ!」と思いました。それは、私が勝手にお笑い芸人と言うことで、先入観念を抱いていた それを裏切る感じを抱いたからでした。 太宰が好きだと言うのは「そうだろうなぁ~」と納得して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more