テーマ:読書

【BILL EVANS】を観る

シネ・ウィンドでの上映日時、時間をうっかりして 見逃してしまった「BILL EVANS」を高田まで観に行ってきた。 新潟駅前11:40⇒高田駅前13:54高速バスで 高田まで行くのは初めて。Suica利用で2,000⇒1,700- レトロな佇まいの駅舎 駅から映画館「高田世界館」まで5分。 映画館を確認して1時間ほど時間…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「柳都新潟 古町芸妓 ものがたり」

柳都新潟 古町芸妓 ものがたり 小林 信也著  ダイヤモンド社 プロローグ 写真で伝える<古町芸妓ものがたり> 序章 古町芸妓との出会い 第1章 古町芸妓、消滅の危機 第2章 芸妓の会社<柳都振興>の誕生 第3章 花街の中核を担う市山流 第4章 歴代名妓たちの人生 第5章 いまを生きる、古町芸妓たちの素顔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【あちらにいる鬼】

「あちらにいる鬼」 井上荒野著 朝日新聞社 作者の父 井上光晴と、私の不倫が 始まった時、作者は五歳だった。 瀬戸内寂聴 帯に書かれているように、井上光晴氏と郁子さん、 寂聴氏との三角関係を娘である荒野さんが遂に、 書いてしまった! 寂聴氏が亡くなるのを待っていたように書いたのではなく、 寂聴氏の後押しがあり書いたとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【モラルの話】

「モラルの話」 J・M・クッツェー作 くぼたのぞみ訳 人文書院 「犬」「物語」「虚栄」「ひとりの女が歳をとると」 「老女と猫たち」「嘘」「ガラス張りの食肉処理場」  モラルについての短篇集七篇。 前編二篇以外は、J・M・クッツェーが生み出した 老作家「エリザベス・コステロの息子と娘がからむ話。 人間の底に潜むモラルへ様々な視…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【「猫」を電子書籍で読む】

岩波文庫美装ケース入りセット夏目漱石作品集25作品を全て一気に揃えて悦に入ることは無理なので、 せめて、一冊ずつ購入して、再読&初読したいと思ってはいるのだが、なかなか手が伸びずにいる。 たまたま、いつも何げなく観ているNHK「100で名著」で夏目漱石スペシャルを放送するというので、 怠惰な心に火種を貰った。初回は「三四郎」だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【いきもの人生相談室&山と高原】

著者 今泉 忠明監修 小林 百合子 文 小幡 彩貴イラスト 発売日 2018.03.12発売 小林百合子さんの「山小屋の灯」を図書館で借りた時に、 ついでに他二冊借りてきた。 あなたの人生の悩みに動物が答えるおもしろまじめ本。 動物好きだけではなく、どなたにもお愉しみ頂けるだけでなく、 読むと心がすーっと軽くなります! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【「十二人の死にたい子供たち」読んで&観る】

映画化を知り、毎度悩む「読んでから観るか?」 「読まずに観るか?」「読んで観ないか?」 結果は「読んでから観る」だった。 続に言う「ネタバレ」っていうのは、冲方 丁氏の原作は 発売されているのだし、映画は公開されているのだから 「ネタ」は既にばれている訳だ。 文庫本は書店に行くと既に映画化カバーがされてあった。 冲方 丁氏…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【ある男】

「ある男」 平野啓一郎  2018年6月号 文學界掲載  書店に「文學界」6月号表紙に「ある男」550枚一挙掲載と あったので、いずれはすぐに単行本になるので買っておいた。 私は作家 この物語の主人公を親しみを込めて「城戸さん」と呼んでる。 バーのカウンターで互いに独りで飲んでいるところで知り合う。 城戸章良 1975年生ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【キキとジジに逢う】

1月22日「NHK 短歌」の番組のゲストは角野栄子さんだった。 角野栄子さんと言えば、超!超有名なキキとジジの産みの親。 番組では昨年「国際アンデルセン賞作家賞」を 受賞されたとの紹介があった。 日本人ではまど みちお氏、上橋菜穂子さんに次ぐ3人目。 ブームとしては上橋さんより以前なのに、受賞が逆になったような 感じもあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【「忘却のサチコ」&「モルティエ」】

深夜に何げなく観ていた番組が、何気に面白かった。 原作は漫画で「忘却のサチコ」という。 文芸誌の編集者・佐々木幸子は、仕事は順風満帆、結婚も決まって完璧な人生を歩んできていた。 しかし結婚式当日、突如婚約者に逃げられてしまう。 クセのある作家らとの仕事で身をやつしながらも、 婚約者を忘れることのできる「忘却の瞬間」を求めて、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【「十年」を観る】

シネ・ウィンドで「十年」を観る。 是枝裕和監督が才能を認めた、 5人の新鋭監督達が描く十年後の日本の姿 私たちの”未来”は変えることができるのか PLAN75 早川千絵監督 高齢化問題を解決するために、75歳以上に 安楽死を奨励する国の「PLAN75」 公務員の伊丹は、貧しい老人達を相手に ”死のプラン”の勧誘にあたって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【下流老人&続下流老人】

新聞で「続下流老人」の書評を見た。続があるなら、 その前の本から読もうと思い図書館から借りる。 下流老人(かりゅうろうじん)とは、生活困窮者支援を行うNPO法人ほっとプラス代表理事で社会福祉士の藤田孝典がつくった造語。および2015年の藤田の著書の題名[1]。高齢者の逼迫した生活をめぐる問題を捉えた言葉 上流・中流・下流という棲み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【週刊文春 WOMAN 新創刊!】

NHKの「ステラ」を見たくて書店に入り、隣に在った「週刊文春 WOMAN 新創刊!」 が眼に入る。 週刊誌は殆ど買わないのだが、WOMAN 新創刊に惹かれて買ってしまった。 通常の文春や週刊朝日などは男性向きって感じだし、女性〇〇といった週刊誌は殆どが芸能ネタ、ファッション、コマーシャルで占められていて、美容院へ行っても手にしない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【年末ジャンボブッくじ】

図書館へ行く。 「年末ジャンボブッくじ」という下に 包装された本がずらりと並んでいる。 本のヒントが二行くらい書かれている。 ヒントを頼りに、本の大きさなど想像して 分からない本を開く喜びを期待して 数冊借りてくる。 「富士山の神秘の絶景」→間違いなく 富士山の絶景の写真集 その想像を少し違えていた。 富士山を眺める…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ペネロペちゃん山に登る2】

11月29日の記事でペネロペちゃん丹沢デビューの記事を書いた。 果たして立山デビューは出来るのだろうか?と気掛かりであった。 黒部ダムから内蔵助平~真砂沢~剱沢~ 雷鳥沢と縦走は相当大変で、4歳の ペネロペちゃんは行けたのだろうか? 計画を検討した結果角幡 パパは 北八ヶ岳に変更したのだ。 2016年~2017年「黒百…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【病気の9割は歩くだけで治る】

本との出会いはヒョンなキッカケで眼にし、耳にして出会うことがある。 「山と溪谷」の雑誌の内容等を見ようと、「山と溪谷社」のサイトを開くと、トップページに「ベストセラー待望の第2弾」「歩く健康法の決定版」として紹介されていた。図書館で検索するとPART2は在庫が無かったので、リクエストしてとりあえず最初の本を借りた。 1章 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【「マチネの終りに」を読む&そしてレタスを食べる】

「マチネの終りに」 平野啓一郎 毎日新聞社  図書館より 平野啓一郎の作品は何となく、手が伸びずにいたのだが、 昨年8月に「決壊」を読んだ。本のタイトルに惹かれて読んだ。 発売当初「マチネの終わりに」は図書館に予約した時には、 数十人待ちだったので、一旦予約をキャンセルした。 恋愛作品と謳っている作品なので、見送っていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ハローワークへ行く&そしてレタスを食べる】

4日ハローワークへ行ってきた。 2017年12月~2018年3月 R会社フルタイム勤務(8:30~17:00) 2018年6月~10月 K派遣会社から某官公署へ派遣勤務(9:00~17:00) という訳で「高年齢求職者給付金」の受給申請をしてきた。 2016年に約30年勤務したA会社を退職した時に行って以来。 美咲合同庁舎はバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【億男&世界はうつくしいと】

旧知の知人が洋服店(ブティック)をやっていて、もう30年くらいの付き合いだ。 時々行って、客同士やオーナーとお茶にお茶菓子で世間話をして帰る。 同じ年齢なのだが、趣味指向が丸で正反対で、それはそれで面白い。 映画の趣向や好みの男性のタイプも丸で違っていた。 そんな彼女に「これから佐藤 健に逢いに行ってくるね」というと 「まぁ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ペネロペちゃん】

「小説幻冬」に角幡 唯介のエッセイの連載があると知り図書館から 借りたのだが、2013年12月27日に産まれた 可愛い!可愛い!女の子の「笑ったよ」「喋ったよ」といった 「パパバカ」丸出しのような内容だったので、読むに値しないと思った。 ところが10月号では「ペネロペ、山に登る その1」とあり、そっか! ペネロペちゃんを角…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【静かに、ねぇ、静かに】

「静かに、ねぇ、静かに」 本谷有希子 講談社 2018年8月発行 図書館 2016年1月に「自分を好きになる方法」を読んで以来。 ネットに生活を侵略された人たちの物語 本当の旅  づっちん、ヤマコ、ハネケンの3人は空港で待ち合わせをして マレーシア旅行向かう。一見若者のノリで話しているが、 後で、男2人、女1人の彼らが40歳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【産まなくても、産めなくても】

「産まなくても、産めなくても」  甘糟 りり子 講談社 2017年2月発行 2018/10/27 NHK総合 【おはよう日本】 毎朝、起きると同時にスイッチを入れて時計代わりに聴いている。 特集“子どもがいない”という生き方 " 先週都内で開かれた子どもがいない女性たちの 集まり。語られたのは子どもを生んでいないことで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【地蔵千年、花百年】

「地蔵千年、花百年」 柴田 翔著 鳥影社 2017年3月発行 186万部を売り上げた芥川賞受賞作 『されど われらが日々ー』から約半世紀。 柴田翔、約30年ぶりの新作長編小説。 国内外を舞台に一人の男の数奇な運命、激動の 人生を描く渾身の570枚。 出版社 鳥影社のHPの書籍紹介の冒頭にある記述。 最初は「季刊文科」に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【されど われらが日々ー】を読む

私(たち)所謂団塊の世代と言われる世代には 何十年経た今日でも、「柴田 翔」は寡作ながら忘れ得ぬ作家だ。 「されど われらが日々ー」「「贈る言葉」「立ち盡す明日」を読み、 時代は過ぎ去り、世の中の変動は目まぐるしく読書傾向も変わった。 柴田 翔が30年振りに新作を発表したと新聞の書評欄で知った。 勿論、直ぐにでも読みたい!そん…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

【夫のちんぽが入らない】を読む

【夫のちんぽが入らない】 こだま著 2017年扶桑社刊行 2018年9月 講談社(文庫) 図書館は16冊も購入している。それでも、発売当初は○○人待ちだったのだろう。 文庫が出たので、文庫で読む。 この手のタイトル、おまけに作者は仮面で偽名で、映像化と漫画化(9月に刊行) が決定して、出版社はじめ、メディアは斬新さに飛びつくのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ここは、おしまいの地】を読む

何を読むかは、年代、作者、作品、ジャンルと気の遠くなるほどの幅がある。 「本」にも「旬」があって、八百屋の店先や魚売り場の店頭に並べられているがごとくに 書店やネットの新刊書案内には「旬だよ!」とピチピチした輝きを放っている本がある。 そんな「旬」は「読まずに批判は出来ないから」とりあえず手にしてみようか~ 正統派からちょっと外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【炎を越えて】

【炎を越えて 新宿西口バス放火事件後三十四年の軌跡】 杉原美津子 文藝春秋 1980年(昭和55年)8月19日  新宿駅西口バスターミナルで起きた路線バス車輌放火事件 杉原美津子は当時36歳で全身80%火傷の重傷を負いながら 一命を取り留め回復したのをきっかけに執筆を始める。 最初の著書「生きてみたい、もう一度」は1983…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【雪男は向こうからやってきた】

【雪男は向こうからやってきた】 角幡 唯介 集英社文庫 角幡 唯介は朝日新聞社に入社したが、探検家とノンフィクション作家として生きることに自分の中で結論を出した同時期に「イエティ・プロジェクト・ジャパン」が第3回の捜索隊を組織するので参加して欲しいとの要請を受ける。自分の目指す探検とは方向性の異なる「雪男探し」には興味は無かったが「2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【定本 黒部の山賊 アルプスの怪】

「定本 黒部の山賊 アルプスの怪」 伊藤正一 山と溪谷社 先日「情熱大陸」を見ていて、黒部の主とも言える伊藤正一氏の「黒部の山賊」が気になったので、早速図書館から借りて読んだ。以前にも読んだのだが、ブログ記事は無し。読書ノートにも記載無し。記憶力がドンドン落ちている私はかつて読んだ本を気になると何度でも読み返す。代理体験なのだから読ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【角幡 唯介「空白の五マイル】

1マイル≒1.6km 5マイル≒8km ツアンポー峡谷探検史・ツアンポー峡谷に向かった探検家・地図が冒頭にある。 第1部 伝説と現実の間 探検家たちの足跡が丁寧に書かれているが、外国人の名前と、覚え難い地名とで半分は斜め読みする。 「読んだあとから忘れても良い」はなんと安心出来る読書法だろう。 第2章 脱出行 には角…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more