テーマ:日記

【コロナ禍の隙間に】

9日にブログ記事を書いてからも、相変わらず、鬱々とした心に押しつぶされそうになりながら、「自粛鬱」或いは「高齢者鬱」なのか?問うのも自身。答えるのも自身。そんな日常が些細なことで打破出来ればと思った。4月18日にランチを食べたくて立ち寄った時には、玄関に「申し訳ありませんが、本日のランチは完売しました」と書かれていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【新潟市コロナ情報】

勤務から解き放たれてから9日が経った。あれもしよう。これも取り掛かろう。と、絵に描いた餅のようになってしまっている。ニュース・報道番組(NHK他民放各社)を見届けておかないと心がザワザワして「コロナ確認病」に罹ったようだ。この時世にコロナに耳を塞いで、何に打ち込めるというのか?闇からの声にザワザワする。 新潟県はどうなっているのだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【個々が固守すること】

ついつい、報道番組に釘付けになってしまっている。私のような半分隠遁したような老婆にとっては、暢気に庭の草取り(昨年も5月の手帳見ると「草取り」と毎日書かれている)でもして読書に打ち込めばよいものを!ザワザワした心の不消化が身体を硬くさせている。既にSNSでは様々な意見が出ているが、どうしてもザワザワした問題。①⇒休業要請が出されているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【お疲れ様&お世話になりました】

21日から4日間在宅勤務ということで自宅待機。25~26日と家に居て、27日には久しぶりに職務復帰。この日は我が、eーtaxチーム3名が揃う最後の日となった。28日は一人で、仕掛りのファイリングが途中で終わりたくないので、一人を良い事に15分残って仕事した。そして30日には二人で仕掛りを終わらせて終了となった。毎日、午後2時には4階から…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【最果タヒを体感する】

「夜空は最高密度の青空だ」をAmazonprimeで観た。劇場公開で観たのは、もう2年前の7月だった。池松壮亮は好きな俳優だし、石橋静河は俳優夫婦の娘で本作品がデビューだとか。だが、なかなか芯のある演技で看護師をしながら、ガールズバーで働きながら懸命に生きている様子が上手かった。石井裕也監督が詩だけの原作で、これだけの世界を描けたのは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【まさかの、在宅勤務!】

朝、4階へ出勤簿の印を押しに行く。実際に仕事をするのは、2階だが、所属している「個人課税第一部門」が4階なので。出勤簿にお知らせ用紙が挟まっていて1枚持ってくる。そこには、まさかの「緊急事態宣言に伴う在宅勤務について」と書かれた連絡事項。書類の「編てつ」が仕事なので、在宅で仕事が出来る訳はない。2階へ戻り、仲間とそんな話をしていると、担…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【今だから「ペスト」】

感染症が蔓延というと読んだことがなくてもカミュの「ペスト」という作品が思い浮かぶ。私が10代後半から20代の頃には、サルトル、カフカ、カミュは読まずして「文学」を語る資格なしと言われていた。いずれも、翻訳もので、内容も難しい!!カミュに関しては「異邦人」を読んだ記憶があるが「ペスト」は感染症の蔓延というパニックものは苦手だ、なんて毛嫌い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【桜散り、申告顛末、マスクを縫う】

報道系番組、主にNHKのドラマやバラエティ番組などを録画して観る。ゆるゆると書を読み、縫う縫うマスクの日々通勤路の大きな桜も気づけば、葉桜になりつつある。2月16日から始まった「確定申告」は一ヶ月延期となり、新潟会場の「朱鷺メッセ」では3月27日迄で、それ以降は新潟税務署での申告となり4月16日で申告期限となった。が「国税庁」のHPでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【通勤路の桜とタスマニアの蕎麦を】

粛々とした日々を過ごす毎日の中で、通勤路や街を歩きながらバスからの車窓等々で桜を楽しみことは出来た。今の仕事場は、古町でバスを下車して、日銀とコンビニを通り過ぎて西年金事務所や法務局、市立美術館などがある一帯にある。南浜郵便局と向かい合わせにある古民家風の住宅。「寺嶋旗幕工場」とある左側は創業明治5年。こちらの現ご主人は遥か昔、本業とは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【イーディ、83歳 はじめての山登り】

昨年の7月に幼馴染の友人が、実家の用で新潟に来た折りに「来年は出来れば4月頃に一緒に佐渡に行きたいね」と話していた。佐渡は行き易さと花の多さと泊まる楽しみとがあって、毎年でも行きたい処だ。単独で、ドンデン山荘に泊まるも良し!佐渡汽船の親睦登山に参加するのも良し。佐渡汽船の親睦登山は、割安で、二ツ亀ビューホテルの美味しい食事とロケーション…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【続・森崎書店の日々】を読む

図書館かた「森崎書店の日々」を借りる時に続編があることを知り、一緒に借りた。今、読書は月⇒金の通勤の40分ほどのバス車内だけだ。それも眠くなれば書を閉じて、瞼も綴じるZzzzzときめきも驚きもハッとすることなど無くても結局は「本」に関するお話なので、続けて読んだ。表紙を見ると、映画化やドラマ化された訳ではないのに、貴子役の菊池亜希子さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【らぁめん倉井】

地元新聞社が発行している情報誌「キャレル」の最新号に「新潟うまい昼ごはん帖」特集が載っていた。図書館で閲覧できる。食べ頃の10店(後編)として紹介されていた。「新店・移転・改装、新業態のラーメン」として「らぁめん倉井」に行って来た。勤務している新潟税務署からイタリア軒の小路を西堀通りへ出て、花屋さんの隣に木の香が新鮮な倉井はある。カウン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【森崎書店の日々】を読む

「森崎書店の日々」を読む。先にDVDを観たので、大筋は既知だったが、文庫本の表紙は映画で使われたのと同じ。映画版をもし観なかったならば、そして菊池亜希子の表紙を知らなかったならば、読後感も少し違っていたかもしれない。と、そんな風にまわりくどく思うのは、私の悪癖でしかない。現代文学の古書店が舞台なので、当然作家とその作品が貴子が次第に興味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【影裏】を読む

芥川賞受賞作品だから読んでみよう。と思わないことにしよう。と最近、ほとほと反省する。むしろ芥川龍之介を読まねば!と。そして「映画化」という現象にも弱い。映画を観てから原作を読むか?原作を読んでから観るか?詰まるところ所謂「ミーハー」に堕しているだけなのに。原作を読んで映画を観た場合、最近は映画に幻滅する。それは、何故か?答えは簡単。演じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ライオン像の行方】

私は産まれも育ちも、新潟市内古町なので、子供時代には気楽な気持ちで両親と大和デパート(今は無き)や当時は小林デパートへ歩いて行っていた。小林デパートが三越デパートに変わってからも私たち家族は郊外の西区に越したが古町の買い物拠点として利用してきた。新潟の古町に遂に一軒もデパートが無くなったことは非常に悲しく残念なことである。そんな三越デパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【粛々と坦々と】

粛々と「コロナ」に感染しないように生きている。「編てつ」の仕事も細長い小部屋で、壁に向かう机で粛々とこなしている。先日、3月31日までの契約を4月30日まで延長出来るかと打診があり「大丈夫です」と答えた。色々な楽しみ、映画も、山野歩きも仕事を言い訳に、今は我慢!我慢!と自分に言い含めている。 細やかな楽しみは、食事、読書、駄々洩れのテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【申告】から【へんてつ】へ

申告期間延長が決まる前に3月17日以降、新潟税務署にて「へんてつ」作業をしてもらえるかと打診があり、「はいOKです」と返事しておいた。そして申告期間が延長になった。この日で辞める人このまま、朱鷺メッセでPCサポートをする人税務署で「へんてつ」作業をする人と分かれた。PCサポートは非常に神経を使い、正直疲れた!なので、「へんてつ」業務に1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【確定申告会場変更情報】

帰宅後、夕食時には、録画しておいた朝の情報番組、7時のNHKニュース、10時代の報道番組と、コロナ関連のニュースを確認するのが、ルーティンになってしまっている。お気に入りのドラマ幾つかは4月を前にドンドン終了して寂しい限りだ。 コロナ関連も4月を前に是非沈静化してほしい。 さて、仕事場である「確定申告」ですが、朝礼で、大阪の税務職員…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古井由吉さんを悼む

古井由吉さんが亡くなった。2月28日に亡くなられ、82歳だった。かつて、20代の頃には、その独特の世界に魅了され、難解な部分を同じ志向を持つ友人と話し合い「文学好き」を勝手に自認した。「杳子」「妻隠(つまごみ)」など今では、細部の内容などとんと思い出せないが・・・最近、私の世代、団塊の世代を彩ってくれた作家の訃報に触れることが多い。生前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【私の小さなお葬式】

1月20日シネ・ウィンドで「私の小さなお葬式」を観た。 映画公式サイトから引用 村にひとつしかない学校で教職をまっとうし、定年後は慎ましい年金暮らしを送っている73歳のエレーナ(マリーナ・ネヨーロワ)が、病院で突然の余命宣告を受けた。5年に1度しか顔を見せないひとり息子オレク(エヴゲーニー・ミローノフ)を心から愛しているエレーナは、都…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中休み】

新潟市の人口は約80万人とすると、確定申告会場へ申告に訪れる人は一体何人なのだろう?と職員さんに聴いてみた。すると、概算で10万人ほどだということで、申告が始まった日から毎日繰り返される言葉は「少ないねぇ~」という言葉だ。でも、昨年と比べると来場者は少なくても、申告数は昨年より増えているので、家庭でのe-Taxが多少浸透しているのでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【確定申告 中盤】

2月17日から始まった「確定申告」は前半を終えた。 永年、会社勤務の期間は「確定申告」なんて、「他人こと」であった。が、自身が退職して、年金生活者となり、チビチビと給与を頂く身になってみて、体験した。そして、自身の体験だけでなく、サポートする身になってしまった。「収入」ー「支出或いは控除」=確定した額の「納税」或いは「還付」という簡単…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

確定申告始まりました

昨年は6月~9月迄「算定基礎届」業務に携わった。事業主の方は、毎年5月下旬から6月の間に日本年金機構より郵送されてくる算定基礎届等に7月1日現在で使用している全被保険者の3か月間(4~6月)の報酬月額を毎年7月10日までに日本年金機構へ提出します。 11月から12月迄「年末調整」業務に携わった。年末調整(ねんまつちょうせい)とは、給与…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お疲れさま会

母の葬儀の日は、12月初旬であることから正に「小春日和」と言えるポカポカ陽気だった。1月26日の納骨の日もポカポカ天気に恵まれた。 年末調整「おつかれさま会」の案内が届いた。私はチームリーダーや一緒に仕事をした仲間には随分助けてもらった。なので、参加してきた。私たち、年末調整の大人数が各チームに分かれて仕事をしたフロアーで、ビールやノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【母逝く】

ブログを書けない日々が続いた。このまま自分の記録の断片を何も残さないまま、自宅で一人孤独死するのかと怯えた。 母が逝ってしまった。この日を「覚悟してください」と言われて、一年、二年・・・と三年が経過した。父が亡くなって、しばらくしてから少しずつ認知症が進み、それまでデイサービスへ通所していたのだが、平成24年にショートスティに入所した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【新潟出版文化賞 表彰式&記念講演】

この年齢になると、根を詰めた仕事は辛いものがある。それが最初は9:30⇒16:30が18:30迄となり、日を追うごとに19:30になりそして20:00迄の残業の月~金曜日。そして23日に続き、30日も出勤となり、普段は、帰宅してあまり手の込んだ料理ではない食事を終えるとパソコンはメールチェックだけして、録画した番組を漠然と見て、寝る。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【伊藤 学カルテットWITH渡辺直子】

10月26日(土)ジャス喫茶スワンのライブに行く。渡辺直子さんは数年前のジャズストリートの時に、浅川 マキの歌を日本語で歌っていて、とても印象深く、ファンになったのだが・・・第4土曜日は午後から公民館で文章の会があり、夕方終わるのでライブ開始まで時間があり、なかなか行くことが出来ないでいたが、久しぶりに行く。伊藤 学⇒ギター岩井 美子⇒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酒をやめると、人間はどうなるか 或る作家の場合【しらふで生きる】

平成29年1月号から「小説玄冬」に町田 康「酒をやめると人間はどうなるか」の連載が始まった。最初にこの連載に出会えたのは、もっと進んでからで、他の作品が読みたくて借りたのだが、この連載に興味を抱き、令和1年7月連載終了まで図書館から借りて読んだ。そう言っては失礼だが、酒大好き人間が、ドクターストップでもないのに、自らのふとした思い付きで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【谷川岳 天神平&一ノ倉沢出合】

土合駅に降り立ち、振り返ってみる。11月3日(日)最寄駅(越後線)⇒新潟駅(信越線)⇒長岡駅(上越線)⇒土合駅<えちごツーデーパス>+越後中里往復土合=¥3,400往きは一度も乗換なしで土合まで行けた。帰りは長岡駅で向かいのホームへ一回だけ乗換した。谷川岳は過去に何回か訪れているが、列車利用で行くのは初めてで、時間的にはベストとは言えな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月が終われば11月に

自分のブログは備忘録としての役割大の筈が驚いたことに9月は一日も記事が書かれていなかった。6月に派遣で入った仕事場での、様々なストレスで日々、疲弊していたのだと思う。そして、それも契約満了で9月13日に終了した。ストレスなどと、言い訳を考えているが、実際は給料が入り、終了して6か月以上の勤務があったので、ハローワークへ行き、30日分の雇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more