【菱ケ岳~五頭山】

9月6日(火) 晴れ 単独 【菱ケ岳~五頭山】
今年4月16日はどんぐりの森から三ノ峰まででスゴスゴと帰って来ました。
一昨年5月6日には山仲間と菱ケ岳~五頭山へと行きました。
いずれも、膝が故障を起こす前でした。
そして何れも、私の大の苦手の春の虫が活発な頃でした。
五頭山だけならまだ、大丈夫ですが、果たしてこの膝で歩けるだろうか?
少しは涼しくなり、虫も少なくなった頃でしょうと、出掛けて来ました。
画像

画像
晴天が続いた後でしょうか、菱ケ岳の駐車場は、先客は1台で、まごまご仕度をしていると2台が到着しました。
菱ケ岳P(7:30)…菱ケ岳(10:45-11:15)…五頭山(13:45-13:50)…どんぐりの森(16:30)
菱ケ岳P⇒菱ケ岳=+0:35
菱ケ岳⇒五頭山=+30
休憩+35
山と渓谷社「新・分県登山ガイド」によると同コースタイムは合計で7:50となっています。
菱ケ岳~五頭山までの登りで1H35M遅れています。
下りは脚を交互に付けない状態なので、下りに時間が掛かると思っていたのですが、
下りはコースタイム通りでした。
どうでも良いことを書きましたが、自分で自分の今の状態を知る為でした。
膝を痛めて痛感したことは、段差が大きい箇所が難所だと言うことです。
菱ケ岳への登りでは杉端の夏道、冬道の分岐からはしばらく抉れた段差の大きい道があります。
合目、合目の写真を撮りながら・・・
画像画像

画像画像
八合目を認識しないまま九合目~山頂へと着きました。
画像画像

画像
丁度真ん中の少し雲が棚引いているのが「御神楽岳」だと思うのですが・・・
画像
与平の頭を過ぎると、遠くは飯豊連峰方面でしょうか?
画像画像

画像
一昨年に来た時には、横の「五頭本峰」はありませんでした。
正式には「五頭本峰」と言うことになったのですね。
誰も居ません。真夏のカンカン照りは去り、吹く風には秋の冷気を感じるほどです。
梨が美味しい季節になり、独り”梨”で暫し休憩。
独りで歩いていると、はやり独りの人が少し話しかけたり、こちらから何か聞いたりして言葉を交わすことは
ありますが、辛い歩きの後、立ち止り、息を整え、後は空っぽです。
会の人達、特に女性のグループの方々は、本当に余力があるというか、お喋りしながらも急登をこなしてますね。
三叉路に戻り、懐かしい三ノ峰に戻り下山開始です。先回はガスっていて残雪もあり、寒かったのですが、
廻りの木々の葉、草も伸びて、鐘が小さく見えます。
画像画像

画像画像
ツルリンドウ                              ホツツジ
画像
どんぐりの森に下り立つと小学生の男の子とお父さんが大きな丸太を切っていました。
ここから、菱ケ岳の駐車場へ戻るには下りなので、疲れた体にはやさしいのですが・・・
私の車の他に1台停まっていました。が、ほどなく菱ケ岳登山道から3人が下りて来ました。
疲れました!
何処へも寄らずに一目散に自宅へと帰りました。
実はお目当ての花があったのですが、私が見つけることが出来なかったのか?
もう既に終わっていたのか?出逢うことは出来ませんでした。
が、山は「歩くこと」が一番の主目的なのだから、歩けたことだけで満足です。

Twitterやってます
https://twitter.com/pasonori


にほんブログ村


にほんブログ村

"【菱ケ岳~五頭山】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント