【光】を観る

映画【】を観て来ました。
画像

あん」と同じ川瀬直美監督&永瀬正敏がタッグを組んだ作品。

画面が出るとすぐに「駅・バス停の表示・小学生の集団が横断歩道を渡っている。不機嫌そうな運転手」
街のありふれた風景がト書きのような風景描写で音声で流れる。
映画を観る時に、視覚障害は聴覚障害と比べるとより一層、理解度、バリアが高いように思うのですが。

河瀨監督と永瀬正敏のダッグが、ヒロインに水崎綾女をむかえて次に届けるのは、
人生で多くのものを失っても、大切な誰かと一緒なら、きっと前を向けると信じさせてくれるラブストーリー。
1997年に『萌の朱雀』でカンヌ国際映画祭新人監督賞カメラドールを受賞し、2007年の『殯の森』では
同映画祭で審査員特別大賞グランプリを受賞した河瀨監督。10年の節目をむかえる2017年に
ふさわしい感動作が、ここに誕生した。

音声ガイドの録音は台本がある訳ではなく、画面(音の出ない場面)を観て、想像で風景描写
登場人物の心象風景の描写など入れる。
難しいけれど、画面を見ながら「ことば入れ」することで、自分が自分で納得する。
これは障害を描くことのみに有らず、珠玉のラブストーリーだと言っているように、有名な
カメラマンだった中森雅哉と尾崎美佐子の恋の話となっている。
尾崎は弱視から次第に視界が幕を下ろしたように見えなくなっていく過程で美佐子と出逢う。

う~~ん、上手く言えませんが、この二人のそれぞれの不器用さと真摯さがたまらなく良いですね。

画像

劇中映画での登場する男と女の(二人とも老年)ラストシーンの二人の説明が、最初、美佐子は長々と
説明くどかった。次に、直した時には何もなし!そして、三度目に選びぬいた言葉が「ひかり」でした。

この映画を観ながら、思ったことは
映画としては、音として入っている鳥の声、街の雑踏の音、風のそよぎなどなど・・・
でも、それを言葉で表現する作業は、言葉だけで成立している文学作品や俳句などの創造では
当たり前にしていることなのだった!
眼に見える情景を言葉で言い表わすこと、それが「写生」なのだから。
花が通り過ぎる風にそよと揺れる時、そんな時に私の頭の中でも美佐子のように
セリフがグルグル廻っている。

「風はらみ くるくる踊る 姫小百合」 俳句とはいえない句ですが、私の中ではみたままの句です。
見えるものを言葉で言う、それが大きな、試練であり、感動です。

にほんブログ村

"【光】を観る" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント