梅見吟行

3月18日(日)

2月に初めて「句会」に参列した時に次月の予定を決めるのですが、皆の都合と会場の空きとで中々一致した日が決められなくて「それなら白山公園で梅を見て、吟行にしましょ」と言うことになったのです。
おまけに、その後はホテルでのランチだと言うので、楽しみでした。

今年は3月に入っても寒い日が続き、梅はまだまだ、寒がっているのか、咲き揃うという訳には行きませんでしたが、でも、チラホラと紅梅、白梅と咲いていて、白山公園の不思議(?)発見もして、場所を移し、ホテルで句会をした後に、美味しい中華のランチの一日を堪能しました。

白山神社前で待ち合わせです。
寒い日で、小雪もチラホラ舞っています。
私は1時間も前に着き、梅の木々を見て廻り、句が出来るのだろうか?
とお参りをして皆の来るのを待ちました。

雨よりは小雪がハラハラしている方が歩きやすいです。

梅は3分咲きでしょうか。

画像


画像


画像


画像


梅を見ながら、句を捻り出そうとするのですが、余りにも稚拙で見たまんまで、何句も次々とは浮かぶのですが・・・

「梅咲けど 言葉は出でず 顔寄せぬ」です⇒これは今、思いついたもので、俳句ではありません。

白山公園の梅をこんなにも身近に見ることなんて、初めてではないでしょうか?
白山公園と言うよりは白山神社に初詣に来るくらいしか、訪れていないので。

Kさんの案内で、知られざる「秘所?」で案内して頂きました。
白山会館との間に、よく見ると、地下で下りる道があるのです。
エッ!此処は何処へ行くの?

画像


夫婦で餅つきをしているのは、子授けの暗示?

神社が脇から見えるのです。

画像


道路が出来たり、様々な改修の為に移築された小さな神社が奉られているのです。

画像


画像


こんな狭い場所にこうしたものがあるなんて、何十年も新潟市内に住んでいながら、初体験でした。

再び、地上に出て、公園内をゆっくり散策すると、普段は通り過ぎて行くだけの公園には様々な碑があるのでした。

高野素十の碑

画像



高野素十
たかのそじゅうと読んでしまいそうですが、たかのすじゅうと言い、医師であり、俳人であった人で、新潟大学医学部の学長であった時期があり、現在新潟で活躍されている医師であり、俳人である蒲原先生の師だそうです。

新潟に住んでいながら、全く縁の無かったこと故、知りませんでした。

この句は碑だけでは読み解くことが出来ないのですが、

高野素十
十三夜 明日といふ空 美しき

高浜虚子
早苗取り 今我方に 笠丸し

中田瑞穂
 学問の 静かに 雪の降るが好き


NANちゃん日記

で知ることが出来ました。

こんな「道しるべ」もありました。

画像


画像


画像


「この木何の木?」
市の公園管理課に聞きました。

「イスノキ」だそうですが、白山公園に来た時には見上げてみて、季節による木の移り変わりを見ましょ!

さて、バスで万代へ移動です。
バス車中でもメモ帳に、先ほど浮かんだ句をメモっている皆です。

万代Sホテルの個室を借りて、まずは句会をして、その後に食事会です。

料理は食べ易いようにと個別に運ばれてきます。

このホテルの利用、こうした配慮は句会のお仲間の方の口添えによるものなのです。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


次々と写真に撮ったもので羅列して申し訳ないです。

毎月、こんな吟行&ランチが良いな!などと、句作に勤しまねばならぬのに、不埒な考えをしてしまいます。

果たして出来た句は?
とても恥ずかしくて公開できないです。


"梅見吟行" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント