「句会&お茶会」

2月19日(日)

私が所属している山の会は、それぞれの仕事をリタイヤした方が殆どで、私のように未だに仕事にしがみ付いている人間もいますが・・・

山へ行く時には、山歩きが強いか、多少、足腰は弱いかの判断でグレード別されますが、実は、本当に、様々な仕事、他の趣味の分野で秀でた方が多くて、私など、浅い趣味、浅い能力しかない者としては、教えられることが多いのです。

年齢的にも、先輩に当たる方が大半を占めます。

実は、実はと言って話すことではないのですが、昨年後半から俳句に関心が向いています。
俳句なら、子供の頃から知っているよ!

でも、いざ、自分がその場で感じたことを俳句の決まりに則って作ることなど、経験したことがないと言って良いほどです。

かつては「文学少女」を気取り、文学部に席を置いたり、卒業後は同人誌に加わったりなど、なけなしの創作能力に限界を感じて、今は小説を書くことも遠のいてしまっています。

もっぱら、ボチボチの読書くらいでした。

が、山のお仲間で、と言いますか大先輩のKさんは、俳句のベテラン、そして山で、お手前をして下さる方なのです。

山行の紀行文には必ず、俳句が織り込まれ、Kさんにとっては、山歩きも「吟行」なのです。

先日、いつも言っていますNHK BSの「週間ブックレビュー」のお勧めの1冊で池田澄子さんの句集が紹介されました。
私は、俳句といえば「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」とか芭蕉、子規、等々、所謂古典俳句だけかと思っていました。
が池田澄子さん「じゃんけんで負けて蛍に生まれたの」などは、小学生の教科書にも載っているなど、初めて知り、現代俳句にもカルチャーショックを受けました。
年齢はいっているのに、今更!って感じですが。

そんな、急な興味に深入りして、一番短い文字数での表現方法に俄然入り込みたいと思っていました。

そんな私の急な興味の矛先に、Kさんより、気取らない少人数(9人)での句会にお誘いを受けました。

場所は市の(というか東区の)公共の集会所です。
そこで、句会に行ってきました。

3句書いてくる。その3句を細長い紙に1句ずつ書いて、折って箱に入れます。

その中から3枚選び、書いて回します。
そうやって紙を回して、30句を書き、自分の名前を端に書き、選ぶ句に印を付けて、本日の披講をする方に渡します。

そうして、選ばれた句を「○○さん選」として読まれ、後にKさんから添削、批評がなされます。

山行の折、或いは会社の昼休み等々で、思いついた句の中から3句提出した中で、先日の竜ヶ岳でダイヤモンド富士を待つ時の様子を詠んだ句に5人の方の選を頂き、拙い句でも、嬉しくなりました。

その後は、それぞれ持参のお茶碗と茶筅でお手前。

画像


お菓子は鶯餅。
この鶯餅も季語で、先々週のNHKの俳句番組で取り上げられていましたね。

集会所の和室でようやく訪れた春めいた陽を受けて、句会の後に、鶯餅を頂きながら、何年振りで手にした茶筅で点てるお茶を頂く。
束の間の至福の時。
新しい繋がりを持てた方々との語らい。

そんな情景をさっと詠めたら良いのですが・・・

恥ずかしながら。この日、入選した拙句

「春の闇 ダイヤモンドの富士を待つ」

今夜は常夜鍋
この鍋は豚の薄切りとほうれん草だけをポン酢で食べる鍋です。

画像

"「句会&お茶会」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント