「白馬三山縦走」一日目

夏山真っ盛りの8月は悪天候で途中撤退(五色が原)日にち変更(白馬三山縦走)など”心残り”の山行がありました。
で、先日、ピストンでしたが、好天気に恵まれ、五色が原は行ってきました。
あと、一つの心残りが「白馬三山縦走」です。
これは「シルバーウィーク」を待って、これまた好天気の20日に行って来ました。

会山行の幻(?)の計画書が手元にあります。
出来るだけ、その計画に則って、行こうと今回は、車は回送を予約しました。
猿倉⇒栂池間は距離が短い所為か、タクシー代よりも若干安い(ほぼ同額)ので、高速代が安くなった分、今回は縦走をしました。

20日
猿倉の駐車場は満員なので、八方第五駐車場で代行社と待ち合わせ。
私の車で猿倉まで行きます。
9:40 お金を払ったり、打ち合わせ、身支度を整えて。

猿倉から行くのは、初めて白馬を登ったH7年以来です。その時は雪渓を登りましたが。

10:00登山口
画像


11:45
樹林帯の展望の効かない道を歩いて、休憩地「小日向のコル」に
画像

明日登る白馬鑓ケ岳が見えます。
画像


ゆっくりとお昼の休憩をします。
12:25出発

13:22ガレ場通過。
画像


会山行で行った8月3~5日の記録ではまだまだ、雪渓歩きだったようですが、雪渓の上に土砂が崩れてきて覆っているガレバは用心しないとズル~~っと滑りそうです。

14:25
テント場と温泉の白い湯気が見えてきました。
14:30到着です。
画像


先ずは内湯に入ります。
露天風呂の女性タイムは暗くなってから19:30~20:30とのこと。
真っ暗な中、お風呂に行って、滑ったりするのも怖いので夜の露天はパスです。
画像

女性の内湯です。
同意を得て、写真を撮りました。

露天風呂
画像


最初、少々熱めかな?と思いますが、入っている内には丁度良くなって、何分でも浸かっていたい気持ちよい風呂でした。
湯上りに缶ビール片手に眼下、遥か遠くには北信の山々、高妻、乙妻、戸隠連峰、左側には妙高、焼山など。
画像


1号館は蚕棚のような作りの部屋ですが、小さい2号室に、後から女性二人来たのですが、お布団を持って、納戸らしき部屋へ移動して、一人で休むことができました。
携帯ラジオの入りもよく、イヤホンを耳に当てたまま、ワンカップのワインを飲み、早々にZZZzzzとなりました。
夜半、目覚めて、トイレに行く時に、夜空には大きな星々が煌々と輝いていました。

まだまだ、咲いていた花たち
画像

画像

画像


まずは一日目は無事終了です。

"「白馬三山縦走」一日目" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント