[趣味読書 昔新刊 今図書館]

第一生命保険が主催するサラリーマン川柳「100句」を眺めながら、会社の同僚と盛り上がって笑い転げてしまった~~~

タイトルの「趣味読書 昔新刊 今図書館」は、正に実感!
「iPod すぐに沸くかと 祖母が聞く」 「出来る人 出来ない俺が いるお陰」
「久しぶり ハローワークで 同窓会」「「ストレスか?」 聞かれる上司が その原因」などなど・・・

歴代1位を見ていると、今年の作品も含めて、時代を反映していて面白い。

ブックレビューや、受賞作品、話題本など図書館に予約すると、○○人待ちがよくある。
先だって直木賞を受賞した「悼む人」は予約した日には272人待ち!!!
毎日、予約数がどのくらい減ったかを眺めていると一日5~6人は減っているので、2ヶ月くらいで番は回ってきそうです。
こうした予約多数本は市の図書館の場合は数冊、或いは十数冊も買い、ブームが過ぎれば・・・
どうなるのやら?税金の無駄使いと言っている人も居ましたネ。
そうなのです。かつては新刊本を買っていても、今は図書館。実感です!

買うのは繰り返し読みたい本(滅多にないけど)か文庫本。
読者数と販売数が一致しないので、作家さんにとっては頭の痛いところですね。

会社経営者が外国旅行から1週間振りに帰ってきました。
何故かお土産はチョコレート!?
韓国でも、ハワイでも、○○(何処か忘れました)でも、そして今回のトルコでも何故か、お土産はチョコレートなのです。芸が無さ過ぎ!

9日
里芋コロッケ。煮豆(手作り)
画像


10日
ひじき缶詰を入れて餅米1/2+普通の米1/2
ほうれん草とモヤシのオイスターソース炒め
画像


11日
小豆を簡単、短時間で柔らかくする方法を見つけました。
それは電気炊飯器を使う方法。
1カップの小豆に水3カップ=炊飯スイッチポン
保温になって中を見て、水分が残っているようなら再度ポン。
放って置いて出来るので、簡単&便利。
買いすぎた小豆(母が)がたくさんあるので、もち米に入れて、赤飯風に。
朝からジックリ煮込んでおいた煮しめ
画像

"[趣味読書 昔新刊 今図書館]" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント