石手寺~松山から新潟へ

2日は、四国八十八箇所五十一番目の札所「石手寺」へ行きました。

車の窓から撮った「坊ちゃん電車
画像


中はガラガラです。地元の人は誰も乗らないのだとか。
それは料金が高いので(通常の路面電車の倍)観光客だけなのでしょう。


途中、愛媛県庁越しに見えた松山城

画像

画像


愛媛県庁
画像


石手寺は昨日行った道後温泉の近くです。
画像


重要文化財の三十の塔
画像


アジアの平和を祈願するようなタレ幕(?)が多いのも寺院としては珍しいのでしょうか?

初詣で寺院ではなく、お寺に来るのは初めて!
画像


この奥から「洞窟」に入ります。
善光寺にある洞窟よりも真っ暗で、ところどころ蝋燭の灯りもありますが、両側には石仏が安置されている。
でも場所によっては、本当に真っ暗なところもあるのです。
画像


抜けたところ
画像


帰りは洞窟を巻くには遠回りをしなければならないので、又来た洞窟を通って戻ります。

「仕合せの鐘」を突く娘
画像


家の近所のカフェでケーキとお茶を
画像


三越で買物をして帰宅。

さて、3日は、朝ゆっくりとしてからお昼頃には娘の夫から高松まで送ってもらいました。
松山から大阪までのバスの予約が取れなくて、高松から大阪までのバスに乗ります。

途中、石鎚山SAにて、唯一、雪を被っている高い山が見えます。
多分(?)あれが石鎚山
画像


高松駅ビルでうどんを食べます。
画像

時間はあまり無かったのですが、せっかくの香川県にいるのだから・・・と。肉うどんですが、何も入らないうどんの方が良かったかも。肉が多く入り過ぎていて・・・

さて、高松からの高速バスも来た道と同じ、淡路島を通過して大阪へ向かいますが・・・
大阪発新潟のバスとの連絡には2時間の余裕があるので、万一多少の渋滞があっても大丈夫かな?
と思っていたのですが、これがとんでもない誤算で・・・
淡路島を抜けるまでに既に1時間以上の遅れですとのアナウンスが。

窓外は既に暗くなってきており、来る時のような景色を楽しむどころではなく、時計を見ながら・・・

まぁ、万一バスに遅れたら、一日大阪に泊まっても仕方ないか!
と腹を括り、でも・・・

幸い、高松から乗ったバスは阪急バス、で、新潟へ行くバスも阪急バスなので、梅田発なので、同じ乗り場のため、発車10分前に到着!
ギリギリセーフとはこのことでした。

来る時にはバスの社内で、結構熟睡出来たのに、夕食も食べれず、お弁当を買う時間もなく、3時半頃に食べたうどんのみで空腹だった所為か、よく眠れないままに無事、新潟には時間通りに着きました。

家に着くと、山仲間から、初詣登山だけど、電車が動かないようだけど、どうする?
との電話が。
えっ!?そうなの・・・
今帰ったばかりで、行けないのです~~~

バス亭まで向かえに来てくれた弟は今夜親戚のお通夜とのこと。

朝風呂に入り、ビール&朝食食べ、布団にぐっすりと朝寝しました。

「よだれつわり」の辛いはずの娘は2日間とも観光に付き合ってくれて、お天気も抜けるような青空だったし、松山のひと時は良い思い出になりました。

"石手寺~松山から新潟へ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント