【角田山(2021年5月)#2】

本当は4月28日に角田山へ行く予定だった。
だが、ハプニングが起きた。
いきなりWi-Fiが繋がらなくなった。
大家さんに電話して、電話で指示を受けたが、通じない。
午後少し遅くなりますが伺うということで、角田へ行く
電車は見送った。新しいケーブル線を買ってきて、
外の共用のスイッチの箇所をカシャカシャ治して直った。
1~5日は、土日祝日なので、巻駅発の路線バスは極端に
本数が少なくなるので、結局は6日に行ってきた。
気を取り直して出かけた。
8:05⇒バスに乗り込むと、2名地元のご婦人が乗り、
東京方面から来た雰囲気の若い男性が1人乗り込んできた。
「灯台コースへ行くには、何処で下りればよいですか?」と
運転手に尋ねると「本当はその一つ手前が終点なのですが、
どっちみちバスは其処で折り返すので海水浴場で下りて良いですよ」
と返答するではないか?!!「私もそうさせて下さい」と便乗した。
ただし妙光寺より30円高くなるが。
先日、妙光寺停留所で下りて、灯台コース入口まではかなり歩いた。
30円で代えられない。下りる時、運転手さんに言えば良いのですか?
運転手曰く「運転手によるかもしれませんが・・・」
どっちみち下りる人は居ようがいまいが妙光寺から海水浴場まで
バスは折り返しの為に行くのだから乗せてくれりゃ良いのに・・・
IMG_0001.JPG
海水浴場停留所 隣りにトイレがある
今日のコースは「この入り沢⇒稲島下山」の予定。
IMG_0002.JPG
バス停から少し戻ると右側にロープが張ってある隙間から歩く。
この入沢は随分久しぶりなので、沢を右に聴きながら歩くと
沢を超える箇所を見過ごしたかな?と一抹の不安に包まれていると
後から高齢者女2人、男1人が来たので、尋ねる。
一緒に歩かせてもらう。林道をかなり歩くのだった。
IMG_0011.JPG

IMG_0015.JPG
ずっと右に沢が流れている。気をつけて歩くと沢を渡る箇所に目印がある
エビネ(海老根)??
IMG_0026.JPGIMG_0017.JPG
ラショウモンカズラ(羅生門葛)
両側の斜面に多く咲いていた。
IMG_0030.JPG
ニリンソウ(二輪草)?
IMG_0035.JPG
灯台コース等の分岐に出る。ここから山頂までは5分。
IMG_0038.JPG
小屋前に一輪咲き残っていたシラネアオイ(白根葵)
IMG_0040.JPG
久し振りに観音平まで行く。
観音平で休んでいる人は少ない。八重桜が華やかさを誇っていた。
ウマノアシガタ.JPG
ウマノアシガタ(馬の足形)
ユキノシタ.JPG
ユキノシタ(雪の下)
シャガ.JPG
シャガ(射干)
IMG_0055.JPG
稲島コースへ下るのは、もう何年振りだろう。
最初から最後まで、両脇にシャガが咲きそろい
シャガロードと化している。お目当てのヤマシャクヤクは
既に咲き終わっていたが、その分シャガが見事だった。
稲島のバス停は少し下った場所にあり、時間も一日に2本。
タクシーは15分ほどで着き、13:12の電車で帰る。
シャガが咲いている内にもう一回行きたいくらい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント