【カキモリ読書ノート】

最初にカキモリの読書ノートを知ったのはe-honからだった。
カキモリ」とは蔵前にあるオーダーの文具作成・販売をしている会社。
リング、止めゴム付で、紙質はツルツルした紙質ではなくザラザラ感があり、万年筆に合う紙質。
2011年頃から書き始めたが、全て詳細に書いている訳ではない。
見出しの箇条書きだけの時もあるし、記憶力に乏しい私にとっては、書留メモを見るだけで再読の参考になる。
カキモリ2.JPG
№5まで書いてあるが、今回は値段も高くなり、一冊、一冊注文に応じて、
表紙の皮の色、中の紙質、止めるゴムの色等々自分なりに決めていく。
随分、贅沢な読書ノートと言える。№6と7を注文した。(タイトルシールは自分で作成)
日記やこのノートにはPILOT KaKuno でブラウンのインクを使っている。
ブラウンのインクは何処でも売っている訳ではないので、小さな6本入りを
Amazonやヨドバシネットで注文する。どうでもいいような自己満足の拘りに
一人でニンマリしている。東京の下町には蔵前のカキモリとか鳩居堂とか老舗の
文具店がある。その辺の需要と供給が満ち足りている処が「都会の贅沢」で羨ましい。
カキモリ3.JPG
ノート仕様ご提案.jpg
「読書メーター」という自分の読書感想を約250字以内に纏めて、掲載、登録保存げできる
便利なサービスがあり、それはそれで便利で、未読の本の感想を見るのにも便利で利用している。
事前に書評を見ることが当たり前になって、この人がこういうなら・・・とか、受賞作品なら、選評など参考にすることが多い。
ネット、ラジオ、新聞や出版社のPR誌等々で、新刊案内と共に書評も掲載されていれば参考にする。
たとえ大多数の読者が「面白かった!」「凄い!」「文章が斬新!」と言ったとて、自分の感想はあくまで
自分の感じたことが尊重される。自分の知識、読解力が足りなくて深読みが出来ない時は、自分の目の高さで理解するしかない。
でも読書ノートが素敵だと自分だけの読書が質量的に高まる感じがする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント