【まんさく&蝋梅】

下書き状態で保存したまま、ブログには一ヶ月近く手につかなかった。
例えば、通常こういう状態を「引き籠り」とか「軽い鬱状態」とか
言われるのだろうが、学校や職場へ出向く義務はないので、
食べるものはちゃんと買物に出向くし、予約した本の通知があれば、
図書館へは出向いているので、「引き籠り」とはいえないと思う。
では「軽い鬱状態」なのか?書きたいと思うもの、読みたいと
思うものはあるのだが、U-NEXTで過去のドラマや、邦画など
次から次と眺める日々だった。見始めると、NHKのドラマ10で
放送されたものは微かに記憶があった。
ドラマや映画は真剣に見ていると、作品ごとの共通点に気づいたり
する。携帯電話が普及する前の時代。二つ折り携帯が普及した時代。
スマホが普及した時代。とこれらのことで時代が分かる。
さて、もはや一ヶ月余りが過ぎ去ってしまったが2月25日に
県立鳥屋野潟公園に行ってきた。鳥屋野潟公園は鳥屋野潟を挟んで
「女池地区」と「撞木地区」とに分かれている。
『そろそろ蝋梅が咲き始めました』と公園情報を見て出かけていった。
車がないので、バス時刻を下調べして平日に行く。
食育、花育センター側でバスを降りて、鳥屋野潟へ向かって
歩くと、新堀橋がありその橋を渡る手前土手に沿って
マンサクが咲いていた。「シナマンサク」と木札が付いていた。
シナマンサクは開花時期になっても前年の葉が枯葉となって枝に
かなり残っているのに対し、マンサクは少ししか残っていない。
DSC_0285.JPG
シナマンサク1.JPG
シナマンサク.JPG
確かに、煩いほど、枯葉が残っている。新堀橋を渡ると左手の土手沿いに
蠟梅が咲いていた。
ロウバイ2.JPG
サザンカ3.JPG
山茶花が黄色の中に精一杯の主張で咲いていた
トヤノ2.JPG
鳥や鴨などを見る展望台
遠くに県庁が確認できる。
次に来るのは桜が満開になった頃かな。
事前に電話でいろいろお話をお聴きした事務所「四季彩館」
シキサイカン1.JPG
桜見物の時にはおにぎりやシート持参で来よう。
又、来るネ(^_-)-☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント