【すばらしき世界】

映画「すばらしき世界」を観てきた。
原案 佐木隆三「身分帳」
冬の旭川刑務所でひとりの受刑者が刑期を終えた。
 刑務官に見送られてバスに乗ったその男、三上正夫(役所広司)は上京し、身元引受人の弁護士、庄司(橋爪功)とその妻、敦子(梶芽衣子)に迎えられる。
 その頃、テレビの制作会社を辞めたばかりで小説家を志す青年、津乃田(仲野太賀)のもとに、やり手のTVプロデューサー、吉澤(長澤まさみ)から仕事の依頼が届いていた。取材対象は三上。吉澤は前科者の三上が心を入れ替えて社会に復帰し、生き別れた母親と涙ながらに再会するというストーリーを思い描き、感動のドキュメンタリー番組に仕立てたいと考えていた。生活が苦しい津乃田はその依頼を請け負う。しかし、この取材には大きな問題があった。
 三上はまぎれもない“元殺人犯”なのだ。津乃田は表紙に“身分帳”と書かれたノートに目を通した。身分帳とは、刑務所の受刑者の経歴を事細かに記した個人台帳のようなもの。三上が自分の身分帳を書き写したそのノートには、彼の生い立ちや犯罪歴などが几帳面な文字でびっしりと綴られていた。人生の大半を刑務所で過ごしてきた三上の壮絶な過去に、津乃田は嫌な寒気を覚えた。
 後日、津乃田は三上のもとへと訪れる。戦々恐々としていた津乃田だったのだが、元殺人犯らしからぬ人懐こい笑みを浮かべる三上に温かく迎え入れられたことに戸惑いながらも、取材依頼を打診する。三上は取材を受ける代わりに、人捜しの番組で消息不明の母親を見つけてもらうことを望んでいた。「映画「すばらしき世界」オフィシャルサイトより」
すばらしき世界.jpg
怒りと哀しみを一旦感情を留めて、正常なる仕組みに取り込まれて
生きていこうとする三上は時折、正常なる幅から踏み外しそうになるが、
救いの手が方々から差し伸べられる。その社会が「すばらしき世界」なのか?!
何かの弾みで、刑務所に入る破目になることは、あなたにも、わたしにも
あるかもしれない。たまたま、其処へ身を落とすことなく現在生きているが。
映画は面白かった。映画は、原作を忠実に再現するものではあるけれど、
俳優が与えられた役に上手く嵌っているかどうかで決める。
たとえば、原作が文学作品として完成度が高くても、映画となって
面白いかどうかは別だと、私は思っているが・・・
映画が面白そうな時には、原作は強いて読まなくても良いのかもしれない。
「どん底作家の人生に幸あれ」はディケンズの自伝的作品で
「ディヴィッド・コパフィールド」新潮文庫で4冊にもなる。
ディケンズは「クリスマスキャロル」「二都物語」などあるが、
イギリス小説はあまり読んでこなかった。
これを機会に原作を読んでみるかな?
でも、読みたい本が多いので、それらの本を脇に置いて
ディケンズを手には出来ないかもしれない。
まずは映画は楽しめそうだ。26日公開。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント